器用な人たちが増えたなぁと思います

f:id:magokoro_agent:20190825105305p:plain

日中は相変わらず暑いですが、夜は涼しくなってきましたね。晩夏の今頃になると今期も終わりかぁと思います。

 

僕の会社は10月決算なので残り2ヶ月の時間はあるのですが、8月末になると期の予測はほぼ終了しており、来期に向けて頭を切り替えていきます。

 

期を超えられる喜びは当然あるのですが、同時に不安もにもなるんですよね。来期も無事に過ごすことができるだろうかという気持ち。

 

物事が常に順風満帆なわけではないというのは5年も経てば嫌という程経験しているからです。

 

今期はたまたま良かっただけで、来期はわからない。毎年毎年新しい何かを考えるのですが、大して変わってない気もしますね。僕は普通の経営者より走るスピードが遅いのかもしれないです。

 

「起業して自由なんだから何でもできるじゃん。何でやらないの?」

 

と人に言われたことがあります。そりゃそうなんだけど、個人経営でそれが生活に直結しているとそんな簡単じゃないんだよなぁ。ヤマを張るだけの勇気や資金、失敗できないという恐怖感ってあるわけです。

 

そんなぐずぐずしている僕をよそに、最近サラリーマンとして勤めながら自分で会社を持つ友人や知人がまわりに増えています。

 

雇用という安定と会社経営という挑戦。

 

あー!ずるい!

 

というのが素直な気持ちです。羨ましいという気持ちもありますし、恨めしい気持ちもちょこっと(僕は小さい人間ですね)。

 

ただ、どの方もひとつではなく複数の特出したスキルを持っていて、バイネームである程度仕事が取れたりしています。

 

なるべくしてなったというか。だから羨ましいと思うと同時に真似できないなとも思っています。

 

20代でもこういう方をちらほら見かけますので、世の中変わってきたなぁと40代のおじさんは思うわけです。

 

もう一つくらい得意技が欲しいもんですが、そんなに器用ではないので今の仕事の延長線上でできる何かだろうなぁ。

 

何もまとまりませんが今日はこんな感じ。

 

cano-pus.com