バイラルメディアの功罪について思う

f:id:magokoro_agent:20181002120407p:plain

台風続きの連休続きで稼働日減るよねと、超ワーカホリックな友達に言われて「そ、そうだよね」と答えたけど、実のところ大好きな釣りにいつ行こうかとか底荒れさせないでよ台風とかそういうことばっか考えています(仕事もしてます)。
 
僕はすっかり船釣りにはまっているのですが、釣りに行く時はいろんな情報を見ます。
 
船宿のサイトやその周辺の船宿の釣果、釣りたい魚の動画やノウハウサイト、船宿の評判口コミ、その釣りをしたことがある友達の情報やおすすめ。。
 
釣り船は乗船料が決して安くはありません。6000円くらいで4時間くらいで終わるショート船から1日10000円を超えるものまで。船を動かすガソリン代や航行距離や難易度などなどいろんな要素が絡んでの値段なのでしょう。ルールはよくわからないけど大体組合とかで決めているんでしょう。
 
安くないので失敗したくないわけです。釣ったら食べる派なのでお土産は欲しい。もちろん釣れないのは腕のせいですので、自分の不足を補うようにいろんな情報を集めますが、釣らせてくれる船には乗りたいものです。
 
あと、実際行ってみて親切にされると心に残るものです。
 
棚取れてる?(魚のいる水深わからない?)
氷受け取った?ライフジャケット受け取った?
こう言う風に誘った方がいいよ(釣り方レクチャー)
釣れたねおめでとう!(お客様と一緒に喜んでくれる船長は好き)
 
この間、ずっと行きたかった千葉県の大原に釣りに行ったのですが、はじめての場所でわからないことだらけの中、友達から紹介された船宿さんは横山やすしみたいな社長さんも、舘ひろしみたいな船長さんも女将さんもとても親切でした。僕も友達に紹介したいと思いました。
 
 
話を無理やり仕事に戻しますが、転職についていまはいろんな情報が集められます。当然ながら相談者様にとって僕は情報収集元でもありますので、知りうる限りの情報と私見と事実を分けて言うようにしていますし、どう考えても向いていない場合はそう言います(あんまり言うと自分の提案に寄せようとしているように思われますので遠慮していますが、僕がうーん、、と言う顔をしているときは察してください)。
 
あとバイラルメディアとか。
 
vorkersや転職会議の口コミって仕事柄僕も見ていますけど、1社に対して、大量に口コミが書かれてたり、相応に人が流出していると(人材紹介会社なのでスカウトDBはいくつも見ているから流れはわかる)そういうこともあったりするのかな思うし、体が大きい会社だとどこかでおかしくなってる部署、マネージャーは結構いるので信憑性はなくはない。
 
ただ、書き込みが少ない場合はたまたま辞めた人が上司の意図を妙に勘違いしたり、つまらない執着で書いているケースもあるので注意が必要です。
 
その書き込みをした本人の性格気質に問題がある場合も大いにあるからです。
 
素晴らしい会社さんが、つまらない書き込みで苦しんでいる場合もあったりします。
あの時のあの指示一つ、あの態度ひとつで従業員が恨みを持つ場合もあるわけですし、本来の意図を汲み取らないまま呪詛を書き連ねる場合もあるわけです。
とある企業の人事さんがたった一つの書き込みでものすごい真剣に悩んでいることもありました。聞いてみたら全然企業さんに落ち度はなかったですが。
 
バイラルメディアの功罪について色々思うところがあります。良い部分もあるし、悪い部分もある。無くならなくていいものだけど、本当にこの会社にこの書き込みが適しているの?と思う部分も実は結構あったりします。なのでコンテンツのあり方は追求し続けて欲しいです。
  
また、転職する方に認識して欲しいこと。世の中の全てのものに、良い面と悪い面はあります。そして良い面と悪い面というのは個人個人で受け取り方や基準が異なります。ある人が嫌と思っていることがある人には最高のことだったりするわけです。
 
転職の時、何が自分にとって良いか?必要とされているかの軸はしっかり持つべきですね。
 
だから、あなたの今回の転職の大義、正義は何ですか?そのために今回の転職はどう位置づけされているのですか?
 
というのをしつこく聞いています。
 
また、採用に真剣な企業さんほど、何度も面接をしますし、カルチャー、ジョブ、サラリーのミスマッチや理解ができるよう、また、いろんな人と接触させて、本当に欲しい人には本当に真剣に関わって面接をしているような気がしますね。
 
※ちなみに写真は大原の船から撮った朝焼けです。