読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人材紹介会社は辞退しても怒りませんけど、無料だからって安易な態度は取らないでね。

辞退

昨晩、友人の結婚披露パーティーに呼ばれました。結婚式はこの年になると頻度が減るので、久しぶりに幸せをいただいた感じ。おめでとうございました。昨日ばかりは糖質制限無視してビールもいただきました。

 

と幸せなネタからは離れますが、以前相談者様から「別の人材紹介会社で選考辞退したら担当に罵倒された」という話を聞いて、大層驚いたことがあります。僕自体が声を荒げるのが嫌いなのもありますが、本当だったら大変ですね。

 

辞退された時に人材会社は何を感じるか?

感情的になったり、不満を抱えている方の言葉は少し現実よりも多めに盛られているケースも多いので、罵倒っていうのはちょっと無いんじゃないかなぁとも思ったりもしました。どうやって辞退伝えたのかなと。メール一本とかLINE一本で済ましてないかなとか。その人材紹介会社の担当さんが実在するならば少し同情もしました(でも罵倒が本当ならよくないよ。マジで)。

 

こんなことを書くと求職者さんからは何だよと思われるかもですが、、、人材紹介会社は相談受けるのも仕事ですが、企業様がもとめる人物・戦力を届けるところが本質です。どれだけ魅力的な人材かと掘り起こし、推薦文を書き、忙しい面接官の時間を抑え、アレンジにものすごい労力をかけています。これはどんな人材会社さんも同じなはずです。あと、あくまで斡旋ビジネスですので目標も持っています。「この人を決めたい」って思っていないエージェントなんていないはずです。

 

それを「やっぱやめますわー」的な軽い感じでこられたりしますと少なからずイラっとしますし、怒鳴りたくなる気持ちもわからんでもないです。

 

怒らない力も必要。怒るとロクなことはないです

僕はこんな時怒りません。「何綺麗事言ってるんだこいつ!真心とか言いやがって」と思われるご同業者もおられるかもしれませんんが、最後まで読んでください。

 

辞退、、、どうしようもないです。僕は一回深呼吸してから粛々と企業様に辞退のお知らせをします。本音では「せっかくアレンジしたんだから、面接行ってよ」「辞退って今後の取引に響くんだよな、、、」と思ってもいます。ですが、冷静に考えて気持ちがない方が面接に行っても何も生まれませんし、人材紹介会社の体裁なんで一番意味ないです。面接官にも無駄な時間を過ごさせるのが明確なのに、無理に送り込む必要があるでしょうか?何のためにもならないので怒っても仕方ないですし、転職活動して気付けたものがあったならそれでいいじゃんと思いもするので怒らないだけです。
※さすがに面接地にまで行っておきながら30分前に辞退したいという申し出があった時はびっくりしましたが(急に不安になったらしく)、この時はしょうがなく面接に行ってもらいました。

 

内定辞退などの場合は直接企業様に謝罪に伺うこともあります。そりゃそうですよね。どれだけの時間を企業様にとらせたのかという部分ではお金は発生していなくても、お詫びをするのが筋です。辞退までの経緯報告書提出をと役員への報告もお願いされたこともあって、「俺、1円も得してないのに、なんで、、」とすごくざわざわした気持ちで対応したこともあります(でも入社日も決まって、内定応諾もされており、給与の交渉もして、かなりの人に動いてもらった時点での辞退でしたので充分理解できました)。

 

人材紹介会社を使うということをもう一回考えて欲しい

人材紹介会社を使っての転職は楽です。そりゃそうです。そうしてるし。そして、お客様に尽くすのはどんなサービスでも同じです。ただ、良いサービスを受けて気持ち良かったなって思うには、相談に来るその方にも必要な心構えはあると思います。

 

この間、喫茶店で関西弁のおっさんが気弱そうな女性店員さんの目の前で「しけた店やのう!ほんま!金払わんで!」なんてずっと言ってました。こういう客どう思いますか?僕はマジでこいつ死なないかなって思ってました。そもそも頭おかしい人だとは思うのですが、納品されたものに口つけておいて、ケチつけて払わないとかありえないと思います。旨かろうか、不味かろうが店を選んだのは自分です。責任もって料金は払うべきと思うのが常識人だと思います。店長さんらしき人が言葉を和らげながらもお支払いをお願いしていました。結局支払って帰りましたが、店長さんの心の中にうごめく闇は隠せていませんでした。多分めっちゃ怒ってたな。

 

人材紹介業は納品物が転職という無形商材です。仕事、職場、キャリアというなんともひとつにまとめられないものを提供しています。しかもすべて無料です。選択する権利は誰でも持っているので、辞退とかがダメではないです。ただ、無料だしいいやって気持ちで人材紹介会社の担当をあしらったことがある人がいたら、ちょっと考え直して欲しいなと思います。そんな程度で使われるなら自分で動いて欲しいです。サービスって提供側と受ける側が一緒になってはじめてよくなるんだと思います。

 

無料ってサービスを受けた感覚が生まれないので個人的にはダメだと思っています。無料だからって適当にやっているわけではないですが、キャリアカウンセリングも明確に値付けしたほうが、お互い真剣になると思います。んで、嫌だったら店変えればいいだけですし。

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain