読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お仕事クリーニング(備忘録2)決定実績で自社を分析してみる

前回に引き続き、今回は2年間の決定実績(正確には1年10ヶ月)を見返してみました。

 

ここでいう決定は入社されたか否かです。

 

今日時点での入社総数は40名でした(ぴったり)。

 

会社設立後、紹介免許を取得したのが、2015年の4月ですので実質19ヶ月の稼働です。ということは1ヶ月で約2名の入社決定ということになります(毎月綺麗に2名づつ決まっているわけではありません。立ち上げ当初はもちろんですが、二期目の今でも0名という月もありますし)。

 

ご相談者人数は218名でした。ご依頼後、連絡をしてもお会いできない方はデータベースに登録していないので、これはお会いした、もしくは電話で面談をしたなどの直接コンタクトした人数です。月平均11名くらい。思ったより少ないですね。月によってブレあるので、仕方ないけど安定させたいところであります。

 

ということは、面談した方の入社決定率は218名中40名ですので、18.34%ということになります(あ、ホームページに載せてる数字割ってしまった。このあたりは常に数値が、変わるのでご容赦を)。

 

前回、記載した通り人材をご紹介できた企業様は18社+アライアンスで5社。

 

これに合わせて整理してみると、40名のうち6名はアライアンス決定。36名は自社保有案件ですので、ちょうど一社につき2名平均の入社となります(正確には違いますけど)。

 

このあたりは自分のやり方と経営指標にしていいのかなと。今更な感じですが、やっぱり自分で走ってみて得た感覚て一番大事なんだと思います。ただ、指標と言っても会社が安定してるわけでもないので、今が最低指標です。アドオンして、月に3名はご入社の合意をいただけるよう、信頼性の高いカウンセリング品質と同時に対企業様向けの戦略を持たなくてはいけませんね。

 

三期目はもうちょっと精度を上げていきたいと思います。

 

 

※お知り合いで転職でお悩みの方がいれば、ぜひご紹介ください。

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain