読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大学には2種類しかないんだ!」というエール

台風すごいですね。僕の自宅周辺も警報だらけです。夕方までに通過して欲しいのですが、、

 

今月は比較的ゆったりしたスケジュールなので先週末に夏休みもいただいたりしました。

hirataaa.hatenablog.com

 

こんな感じで今月は仕事の量よりプライベートの時間のが多いです。少し仕事疲れでしょうか?もうちょっと必死になったほうがいいんですが、まぁたまにはいいですかね。

 

そんなこんなでブログネタが思いつかないので、とある企業の人事さんの言葉を借りて見たいと思います。この人事さん、かなりの苦労人ですが、現在は某企業の役員にまで上り詰めています。採用面接に同席させていただくなどかなり勉強させていただいた方で、今も飲み友達です。

 

タイトルに結構すごいこと書いていますが、僕の発言ではありません。

 

これはその人事の方の発言。学歴にコンプレックスを持っている方が面接でおられて、その方へのちょっと変わったエールだったんだと思います。

 

「いいかい?この国に大学なんて2種類しかないんだよ。どういうことかわかる?」

 

「いえ、わからないです」

 

「東大かそれ以外か。だから学歴なんて気にしなくていい。押し並べて全部一緒だから。それより君のことを話してくれないか」

 

現実的には正解ではないのでしょうけど、合っている気がしました。僕の経験からも高学歴の方が優秀かというと決してそうではなく、なんというか安心感というか確率的に良い方が多いだけな気がします。

 

ちなみに東大と言えば、同じこの人事の方が面白いことを言っていました。

 

「なぜ東大卒が価値が高いのか?わかります?」

 

「わからないです」

 

「それはね。ほんとうに小さい頃から好きなこともやりたいことも我慢して、クソつまらない勉強や受験に身を投じてきたその結果が東大。そのプロセスと結果、信頼性が価値なわけだね」

 

「なるほど」

 

「ちなみにうちは東大卒いらないけどね。というか来ないし。わははは」

 

何を伝えたかったのかというと、学歴はじめ、まわりと自分を比較したり、コンプレックス持ってても社会人になるとまわりの人はそんなに気にしていないということ。

 

僕はFランク大学卒ですが、別にいままで気にしたことはありません。FランクはFランクなりの戦い方があるわけですし、結果論としてまぁまぁ生き残れてるわけですし。

 

大事なのは、自分で自分のことをどれくらい物語れるのかなぁと。

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain