鯉を釣って自分を振り返る

昨日、午後数時間ぽっかり空いたので、市ヶ谷の釣り堀にいってきました。中央線や総武線に乗ると見えるあれです。みんなが仕事している時になんやねん、不謹慎じゃないかと思われるかもしれませんが、許してください。考え事したかったり、行き詰ってる時の自分なりのリセット方法です。

  

釣り堀に糸を垂らすと、その時のコンディションでしょうか?気持ちの乱れがあると全く釣れません。釣り糸の先の鯉(市ヶ谷は鯉の釣り堀です)も僕の邪念を読み取ってるんじゃないかなぁと思います。釣果はいつもバラバラで1匹のときもあれば、0匹もあります(超いろいろ悩んでるとこうなる)、昨日は4匹でした。

 

なんで昨日は釣れたんでしょうね。1回目と2回目は何も考えず糸垂らしていたのを、棚の深さに合わせて浮きの位置を変えたり、これだったら食べやすいかなと練り餌のサイズや硬さを一回一回工夫してたら、釣れました。工夫しても釣れない時はとにかく待ちます。

 

以前、こんな取材記事を書いたことがあります(PORTERSの平田さんへの取材記事。一応説明しとくと、この時は休日を使った取材です)。

 

<前編>

tenshoku-rpg.com

 

<後編>

tenshoku-rpg.com

 

改めて、釣りって人材紹介に似ているなぁと思います。いや、人材紹介に限らず色んな仕事に似てる。昨日も釣れた4匹以外に、針にかかった鯉もいましたが、最後の引きを強くしてしまったため、糸を切って逃げて行きました(竿交換100円って知らなんだ)。人材紹介実務でも、エージェントが強く引き込もうとすると相談者様は警戒すると思います。相談者様が人生を決める瞬間に本人の意思を尊重してあげるのか、決断をせまるのは大きな差があると思います(企業様の採用ミッションや要望に応える面もあるのでケースバイケースですけど)。営業なんかでもそう。「これはいける」と思うと、最後に逆転してしまったり。

  

まぁ釣りと人材紹介を比較するのもなんですが、不調で悩んでいる時は、僕はこんなことしてたりします。釣りしたところで何も解決するわけではないですし、釣りしながら仕事の事考えるのもなんだかあれですけど、単純に面白いです。もし僕が社員さん雇ったら、月に1回は釣りミーティングしようかな。

 

 

真心のエージェント(カノープス株式会社/青山)
転職相談や企業様からのお問い合わせはこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120428p:plain

 
人材紹介コミュニティ
採用に関するお役立ち情報はこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120222j:plain