読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業理念など

今週日曜の連続面談を最後にもうゴールデンウィークかな?と思うかのごとく、ぽっかり予定が空いてきました(何も仕事が無いわけではないですよ)。うーむ、、月末だのにどうしたことか。2月から3月が忙しかったから反動なのか、時間が急に空くと何をしていいか悩む42歳です。今度は平日釣りにでも行こうかな。

 
昨日は1日、企業理念というものを考えていました。いや、昨日でだけでなく最近ずっと。ミッション、ビジョン、行動指針とあるみたいですが、のっけから出てこない。難しいです。
 
僕くらいの大きさの会社で企業理念を作っても何かお得なことがあるわけではないと思います。どちらかというと2期目も中盤になり、3期目以降、事業を進めていくにあたって、これまでやってきた仕事への思いや将来への展望を何か形にしたいからです。
 
人材紹介業は求職者と企業採用のマッチングを行う仕事です。属人性が高く、ひとつの言葉ありきで考えるとなかなかすっとお腹に落ち着きません。
 
ミッションは不動であること、世の中に何を成し遂げたいかという基本中の基本のようです(↓を読みました)。
 
僕の大事にしてきたことって何だろう?昨晩も元相談者様とお酒を飲みながら、こんなことをだらだら話していました(悩み聞いてあげられ無くてすいません)。
 
僕の大事にしてきたこと
 
お会いする一人ひとりを大事に、すべての方に同じクオリティの仕事の質で臨むこと、その方にできることをやり抜くこと(僕のできる範囲だけど)、働くことに悩むのはどこにいってもそうだけど、楽しいなと思って仕事に毎日行ってほしいということ、そういう場を一緒に見つけること、転職そのものその時だけでなく、その方の職業人生で必ず横にいるファーストエージェントであること。
 
と色々書きましたが、上記の内、完璧にできているものはひとつもありません。どうしても対応できない方もいます。でもできるだけ、ブレたくないことです。職業人生に付き添いたい、ライフタイムリクルーティングを実践したいという考えは前から持っており、なんとなく保険屋さんに近い考え方かもしれません。まだどこまでできているかはわからないけど、入社して「ハイ終わり」は嫌だなと思っています。
 
これを言葉にしづらい。この辺リクルートさんなどは秀逸です。
 
あと言葉にできないのが、もうひとつ。企業様にはどうありたいのか?言うても人材紹介業をはじめて通算で5年というところです。まだまだひよっこで成功体験が多いわけではないです。ただ、その一人が入社することで組織が変わる、価値ある方をお届けしたいという気持ちは最近、いくつかの企業様にご期待をいただき、心の底から思っていることです。
 
もっともっと広く深く考えないといけないですね。2期目の終わりころにはできるかなぁ。
 
真心のエージェント(カノープス株式会社/青山)
転職相談や企業様からのお問い合わせはこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120428p:plain

 
人材紹介コミュニティ
採用に関するお役立ち情報はこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120222j:plain