読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再現性のあるところから始めてみよう

企業様の求める人材と求職者様の求める理想のお仕事は多少のズレはあるものだと思います。

 

そういった諸々を丁度良いところに調整するのも僕の仕事なのかなぁと思います。

 

新しいことに挑戦することは決して悪いことでなく、むしろその冒険心は素晴らしいですし、叶えてあげたいと思います。

 

でも、それってすぐ叶うでしょうか?

 

例えば、、営業さんがWebディレクターにいきなりなれるでしょうか?

 

なれると思います。いまは売り手市場ですし、職種未経験でも採用していただける会社もあったりしますし、僕も最近数件、業界も職種も未経験の紹介成立をできたりしました。

 

ただ、全てにおいてそうではありません。Webディレクターが欲しい企業様は概ね「現職Webディレクター」が欲しいのです。いきなり未経験者がきても「ごめんなさい」とするしかないわけです。当然、人材紹介会社の僕も経験者を求められたりするケースが殆どです。

 

いつなるの?どういうプロセスを経てなるの?というところなんだと思います。

 

入り方の問題。営業をやってきた方は売上実績や営業スキルがご自身の価値なわけです。

 

となると、その能力を活かして、Webディレクターに「近い将来」なれそうな会社に、どう入り込むか?

 

営業をしている方が、Web制作やWebサービスの提供会社に営業として、入社する。。。これなら実現可能性が高いです。

 

会社のサイズも大きくなくてもいいと思います。例えば社員が10名程度の小さな会社に入ったとしましょう。小さな会社ですので、一人で受け持つ仕事の範囲と量が、自ずと増えますが、Webサイト制作を受注したら、どんなサイトにしたいか?どんな機能をつけるか?どうプロモーションするのかなど、お客様先で打ち合わせする機会も増えるはずです。

 

まずは、自分の得意技が何なのか?そこを整理した上で、どんなWebディレクションをしたいのか?コンシューマ向けなのか?ビジネス向けなのか?目標に対してロードマップを書いてみる。それを面接で話す。

 

自分の夢が転職先の出勤第1日目で叶うわけではありません。手取り足取り仕事を教えてくれる環境ばかりではありません。自分がいま何をできるのか?に気づければ、転職活動ってもう少し楽になると思うんです。

 

先日も自分でサイトを運営したいという営業の若者がおりましたが、とあるWeb制作会社さんの営業として内定をいただきました。「自分のできること」を理解できたからだと思います。すごく学びの多い環境の会社さんですので、ぜひ頑張って欲しいです。

 

 

 

真心のエージェント(カノープス株式会社/青山)
転職相談や企業様からのお問い合わせはこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120428p:plain

 
人材紹介コミュニティ
採用に関するお役立ち情報はこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120222j:plain