中途組対新卒組

最近は転職が当たり前になっておりますので、企業には新卒入社(生え抜き)と中途入社組の2種類がいます。

 

企業によりますが、中には中途入社と新卒組でバチバチ火花が散らされれるケースもあるようです。

 

中途でどんどん入ってくるけど、仕事のわりに自分達より給料が高くて微妙。

いきなり来て上司になられてもねぇ。

 

転職希望の相談者様の話を聞いていると、中途入社で来た人が不満の原因になっているようなケースも少なからずあるようです。

 

そんな相談者様も転職した先で同じように見られるのかもしれませんね。ただ、第二新卒や20代であれば、次世代を担う人材という意味合いが強いですから転職先でも追いつくまでの猶予は与えられると思います。

 

が、30代を超えてくると転職先の期待感は否応なしに強くなってくると思います。それなりの経験をしてきているはずですし、選考でも評価ポイントにマネジメント経験などが問われるようになってくる気がします。当然入社後のパフォーマンスも評価されると思います。結構厳しめに。

 

僕が仮に人を採用するとしたら、どうでしょう?僕のやってるような小さな会社を選んでくれた時点で鼻血もので歓迎しますが、やはりそこは会社の経営に関わる大きな投資。20代でも30代でも構わないですが、やはりこんな見方になるような気がします。

 

・20代第二新卒

→経験は少なくても可能性を感じる人。素直とか根性ありそうかとかそういう実績以外のものを見るかもしれません。

 

・20代後半

→上記に加えて、実績。特に厳しい状況を自分の力で改善してきた経験。意欲とか。過去の経験で再現性のあるものがどれくらいあるか?

 

・30代以上

→実績だけでなく、特定領域で負けない何かを持っている人。マネジメント経験者。僕の困っているところをまるっと解決できる方。

 

と、偉そうに書いてみました。あと、これは年代に問わずですが、人間的に信用できるか?尊敬できるか?どうかというのが採用する方の年齢が高くなるほど、地位が高くなるほど強くなりそう。だからリファレンスチェックとかあるんですね。

 

リファレンスチェックとは、企業が採用しようとする応募者の以前の同僚や上司に対し、応募者の経歴や人柄を問い合わせること。応募者自身がリファレンス先を提出するケースと、 応募企業自らリファレンス先を探して直接確認するケースの2通りがあります。

リファレンスされる内容はさまざまですが、一般的には、在職時の仕事内容や成果、勤務態度、退職理由などを確認されることが多いようです。

 

employment.en-japan.com

 

転職の先には、一緒に働く仲間や期待されていること、色々あるはずです。

 

選考は、そんなお互いのゴール地点を探す時間だと思えば、もっとわかりやすいかもですね。

 

転職相談や企業様からのお問い合わせはこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120428p:plain

 
人材紹介コミュニティ
採用に関するお役立ち情報はこちらから

f:id:magokoro_agent:20160226120222j:plain

広告を非表示にする