読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を払ってもいいと思われる仕事

たまにですが、相談者様に「お金って、幾らくらいかかるんですか?」と言われることがあります。かなり減りましたが、たまにあります。

 
人材紹介会社のホームページやスカウトメールには、相談無料!とよく表記が出ていますが(僕もです)、はい。
 
どこも無料です。
 
相談者様からお金を取ることは一切ありません。ダメなんです。いや、あるのだろうか?僕の記憶では無いはずです。
 
では、有料解禁になった時、どんな世界になるのでしょう?
 
おそらく多くの会社様が無料を続けると思いますが、ビジネスとしては大きな変革が起こる可能性があります。
 
参考までに類似(?)しているメンタルトレーナーさんやコーチングをフリーでやってる方に料金を聞いたことがあります。
 
会社や個人でまちまちでしたが、5000円から12000円とか。初回無料もありましたし、セッション数でボリュームディスカウントもあるようでした。
 
「結構するんだなぁ」と思いましたが、これが人材ビジネスに適用されるとしたら、すごいことです。でも、今は面談でQUOカードを贈呈したり、Amazonギフトを贈呈したり、入社祝い金をお支払いしたりと、むしろ逆の傾向が強いので、やっぱり実現は無理じゃないかなぁという感想。
 
それくらい相談者様お一人にお越しいただくということ自体に価値が高いということですね。
 
無料だからといってお越しいただいた方をぞんざいに扱うことはできません。むしろ目の前にいる方が誰であろうと同じクオリティで仕事を行うべきなのかなと思います。たとえ、ソリューションとして企業様の紹介ができないとしてもです。
 
もちろんビジネスですので、決めていかなければいけないシーンはあります。でないと僕らも死んでしまいますし。最終面接前後は企業様サイドの意見も盛り込んでお話をします。これはマッチングビジネスとして当然だと思います(昨日のブログ通り、最後はあまり意見しません)。
 
世の中には、お金に繋がらない無償のソリューションを提供している人は多いと思います。僕もそんな方々の助言に助けられて生きていますが、よく考えるとコンサル料にしたら幾らなんだろうなと思うくらい手助けをしてくれる方もいます(こういう方のご厚意には心の貯金箱に貯蓄するようにしています)。逆に通常のサービスでお金も取っているのに、「うーむ…」というものもあります。
 
サービスと対価ってすごく難しいですね。
 
結論としては、目の前の方が幸せになるかどうかだと思います。この人だったらお金を払ってもよかったというレベルで仕事をしたいと思います。まだまだですけど。
  
真心のエージェント