背中を押してあげるべきか?後ろ髪を引いてあげるべきか?

という言葉を以前、先輩エージェントさんがおっしゃっておりました。

 
要は転職に進めるべきか?現職にとどめるべきか?という判断軸のことなんですが、これすごい難しいと思います。
 
目の前の人は転職相談に来ているわけですが、全員が転職すべきなのかというと、そうでもありません。
 
<背中を押してあげるパターン>
能力が次に持ち越せる。
覚悟を感じる。
手に入れたいものがはっきりしている。
とか、もっともっとあります。
 
<後ろ髪を引くパターン>
何回話しても逃げマインドが変わらない。
希望が現実とかけ離れすぎている。
今の会社にいた方がメリットが多い。
やりたいことがよくわからない。
とか、これももっとあります。
 
最初はやりたいことがよくわからないなど、もわっとした気持ちでいらっしゃる方が多いですが、話しているうちに背中を押してもいいかな?という状態になる人もいます。話しているうちに熱が冷めてきて活動を見送られる方もいます。
 
どっちも正解なのかなと思います。
 
とはいえ、ビジネスです。僕のやっているのは、どちらかというと、インバウンド色の強い登録型人材紹介、かつビジネス色が薄いカウンセリングメイン。このままだとあんまり伸びんなぁというのが最近の正直な気持ち。ビジネスとしてもっと確立させるためには、ヘッドハンティングに近いやり方も取り入れないとかな(やり方よくわかってないけど)。
 
真心のエージェント