読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっこけたはなし

随分前の話です。

 

推薦した方の面接直後にお客様から電話が来ました。

 

面「えーとね。ウフフ(笑)」

 

僕「何ですか??どうかしましたか?」

 

面「いやー、面接でね。志望動機聞いたらね…」

 

僕「いや、何かまずいことを??」

 

面「いや、良かったんですけど。冒頭がね…」

 

僕「冒頭が?」

 

面「うん。青山さんから言われたので来ましたって言ってたよ(笑)」

 

ズコーっ!

 

どうなんでしょう。それ言っちゃだめでしょう。結局、その発言が面接官としてもずっこけただけで、他はしっかりとしていたので、面接は通過しましたが、自分の人生を決める面接の場です。僕からの推薦ということは先方も知ってのこと。人材紹介を使っているとはいえ、自分の意思がどうなのか?という部分が最も大切です。担当エージェントの名前を面接時に話すことは基本「無い」行為かと思います。

 

…と僕は思っていたんですが、もしかしたらこれってサービス提供している僕の思い込みであって、相談者様からすれば、「当然言っていいこと」という捉え方なのかもしれません。となると僕の配慮は足りません。

 

もしかしたら、面接官との距離を縮めるアイスブレイク的なつもりで言ったのかもしれないですし。

 

こちらの方は「緊張してしまって、、すいません!」とのことでしたので、笑い話で終わりましたが、最近はこの辺のことをちゃんと話すようにしています。

 

真心のエージェント

f:id:magokoro_agent:20151116100741j:plain