スポーツ選手のキャリア

僕はスポーツはやるより見るほうが好きです。


こう見えて、高校時代はラグビー同好会に(無理やりヤンキーな先輩に入れられ)所属し、辛すぎて半年で辞めた黒歴史を持っています。

だって、ブラックだったんだもん。

毎日吐くまで走らされて、できないとグランドでエロ雑誌を音読させられるという過酷な環境でした。必死に謝って辞めた気がします。


ちくしょーなんで他の部活にしなかったんだろうか。


昔から根性は無いほうです。


地元強豪岡谷工業との練習試合で初出場。恥ずかしくて書きづらいですが、五郎丸選手と同じフルバック。理由は「お前なんか足速そうだから」。開始10分のタックルでノックオン&脳震盪を起こし、そのまま退場。これが僕の戦歴です。

 

そんな中途半端な関わり方をしたにも関わらず、先日のラグビーワールドカップで南アに日本が勝利した瞬間は泣きました。ほんとに。日本が勝つなんてすごいことです。


さて、僕のことはどうでもいいですが、華やかに見えるスポーツの世界。選手の年収も桁外れです。2015年の世界一はボクシングのメイウェザー・ジュニアの368億円。ボクシングなんですね。サッカー選手かと思ったら違いました。

tenshoku-rpg.com

 

日本ではどうかというとサッカー選手は平均2000万円。野球選手は平均3500万円。

tenshoku-rpg.com


ちなみに野球選手とお金にクローズアップした漫画だと「グラゼニ」なんかもありますね。

morning.moae.jp

 


売れている選手とそうでない選手には大きな年収格差をあるようです。
中には若くして大金を手に入れたものの、その後選手としてうまくいかず
一般的な社会人としての適合ができず犯罪に走る人もいるようです。

 

過酷な練習や目標に向かって突き進む精神といった人間としての軸は
非常に価値が高いので勿体ないですね。

 

人材業で何かできないのかな?と思うと、
SBヒューマンキャピタル様がすでに始めています。
スポーツ選手のセカンドキャリア支援。

nextfield.ecareer.ne.jp

 

現時点ではプロ野球とプロバスケットボール選手の支援のようですが、
アマチュアスポーツまで考えると裾野が広いので、今後もっと拡大しそうですね。
個人的にすごく楽しみなサービスです。


人材業ももっと多様化していくんでしょうね。


こんなまとめもやっていますよ。

matome.naver.jp

 

matome.naver.jp

 

真心のエージェント

f:id:magokoro_agent:20151116100741j:plain