書類が臭かったはなし

僕は今の会社の前にとある事業会社さんで、紹介会社の立ち上げを経験しました。1年半しかいませんでしたが、事業会社の人事さんも近くにいましたので、業務開始前のほんの少しの期間ですが、人事としての採用業務を手伝いました。これは良い経験でした。


選考を受けるみなさん。事件はあなた達の知らないところで起こっているのです。

 

とある朝。人事さんがこぼします。

 

人「青山さん。この方どう思いますか?」

 

僕「??」

 

 

見ると履歴書と職務経歴書を睨んでいます。

 

 

僕「どうしたんですか?この方が?」

 

人「いや、、もう少し寄って見てみて」

 

僕「こうですか?(人事さんの隣に来る)」

 

人「いや、、もっとこのそう書類に顔を近づけて」

 

僕「!? ぐわ!くさっ!」

 

人「でしょ?すっごいのよ。タバコの臭い。これ多分タバコ吸いながら書いた書類なんだろうなぁ…吸うのはいいんだけどさ、こういう人が手に取るものに、気が利かないんだろうね。きっついなぁ。もう応接いるんだけど、萎えるよなぁ…」

 

僕「ご経歴は良さそうですけどね」

 

人「でも、だいぶマイナスだよね。ダメだな。多分…」

 

 

いかがでしょう?これ本当にあったことです。
貴方が手渡した書類、どう見られているかわからないでしょう?選考ではいつ何時、どんな視点でどう見られるかわからないのです。

 

受ける企業の所在する最寄駅から、気を引き締めなければなりません。一瞬の行動、一瞬の印象が命取りになります。

 

面接は5秒で決まるっていうのも嘘ではないのです。この応募者様は「面接前に勝負が終わってた」パターンです。

僕も気をつけなきゃ。。

 

tenshoku-rpg.com

 

真心のエージェント

f:id:magokoro_agent:20151116100741j:plain