読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦い方

先日、人事や人材紹介のコンサルタント希望の20代の相談者様とお会いしました。

 

なかなか良い大学のご出身でしたが、あれれ?卒業の年と年齢が合いません。
聞いてみると大学は3回留年。背伸びして入学したものの、大学の授業についていけなくて、いつしか教室に行けなくなったのだそうです。
腐っている期間はバイトに精を出し、大学の仲間と埋められなかった交友関係を外の世界で築いていきます。遊び仲間にも同じ大学の仲間はいません。
大学にはさらに足が遠のきます。でも退学はしなかった。田舎のご両親が必死で「辞めるな」と学費を出してくれたのだそうです。

 

僕も人の親ですが、子供が「留年した」と言ったら、どう思うのでしょう。1回くらいなら考えるかもしれません。でも2回目は許すかな??3回の留年を許すのってどうなんだろう、、、複雑な気持ちで話を聞きます。

 

その後の就活も容易ではなかったでしょう。せっかく入社した不動産会社も1年で転職してしまいます。曰く、やりたいことに近づけるスキルが1社目で身についたから、早いうちに次に行きたかった…と某人材会社様を使って転職したそうですが、転職先がブラックだったそうです。

 

面「上司が酷かったんですよ。書類を忘れただけで、人間否定されるんです。日に日にエスカレートしていって、私だけなんです。集中攻撃なんです。そこを紹介してくれた人材会社さんにそんなこと聞いてなかったです。ほんともう酷い…こういうの防ぎたいから人事になって…」

 

どんな回答が適当かはわかりませんでしたが、こう話しました。

 

僕「その人材会社さんどうこうを言う場合ではないと思いますよ。大学を3回も留年して、必死に就職した会社を1年で転職、今度は2ヶ月。次に受ける企業様がどう思うでしょう?パワハラの件も同情します。上司になる方は選べない面もありますし、その会社の体質はいかがなものかなと思います。ただ、だから組織を変えたい、人事になりたいっていうのはあまりに場当たり的な感じがします。ほとんどの企業様がネガティブに受け取りますよ。あと、正直なところ、今回は人材紹介会社を使って転職すべきでは無いと思います。なんでこんなこと言っていると思いますか?」

 

沈黙。

 

僕「人材会社は採用を企業様からお預かりしているんです。だからこそ、我々はその企業様の求める人物像100%マッチを目指して人材の発掘をしています。そのプロセスにはほとんどお金をいただけません。かわりに人材を採用していただくと、高い成果報酬をいただきます。仮にXX様を紹介してご入社いただくと、年収がこれくらい。それで、私が頂く報酬はXXX万円位です。ご自身が人事担当だとしたら高いと思いますか?」

 

面「はい。。知りませんでした。。高いです」

 

僕「企業様からして、できることなら人を採用するのにお金なんてかけたくないんです。できれば社内の人事異動で完結したい。それができないから公募する。求人広告を出す。人材紹介会社に頼む。この中で一番コストが高いのが人材紹介会社です。だから、企業様は人材紹介会社に頼むなら精度の高い優秀な人材をと思うわけです。」

 

面「はい。そうですね」

 

僕「では、これを冷静に考えるとどうでしょう?人材紹介会社で紹介する求人はハードルが高いってことになりませんか?」

 

面「そうなりますね。。」

 

僕「では、人事の経験が全くないXXさんに私が紹介できる人事求人はあると思いますか?」

 

面「いや、無いんだと思います。では、どうすれば…?」

 

僕「はい。ご経歴的に先ほどの話でいくと、ご自身に人事や人材会社で働きたいという気持ちが芽生えたのは良いことです。でも、現実的には実務の経験が全く無いわけですので難しいです。ただ、現段階の話です。今は営業をやってきたという事実を武器に、転職した先の企業でいつか人事を目指すとか、そういう考えに変えたほうがいいですよ。前職のパワハラ事情も、ここまで来たら隠さないでいいです。理解してくれる企業はあるはずです。それから、戦う場所を選びましょう。さっきの話ですと、ハローワークや求人サイトを選んだほうが、企業様もコスト低いですし、決まりやすいです。例えば…」

 

この後、30分くらいリクナビNEXTを一緒に見ながら、ここならいいと思うなど話しながら、求人サイトの見方もレクチャーしたり、ハローワーク求人だと決定が異常に早い場合もあるけど、内定通知や条件提示を入社前にしない会社もあるので、内定後必ず条件面談をしかけるよう、気をつけるべきことなどもアドバイスしました。

 

最後に。

 

僕「人材紹介会社って何をしてくれると思っていましたか?」

 

面「いや、、私のように苦しい人を助けてくれるのかと思っていました。あとコネとか強いからなんとかしてくれるのかなと、、」

 

僕「半分アタリで、半分ハズレです。もちろん出来ることはしますし、ご支援します。こんなこと話したのもXX様のためなんですよ。コネっていうのはハズレです。コネの力も必要ですけど、私達は基本的に企業様の採用ミッションを達成するのも目的ですので、助けたくても何でも求人を出せるわけではないのです。」

 

ということで、2時間ほど話したのち、

 

今日はありがとうございました。おかげさまでどう動くべきなのかがクリアになりました。お金にならない自分に本当にありがとうございました。

 

というメッセージをいただきました。成果報酬の話はしなくてよかったかな。。 でも人材業とか人事目指したいって言ってたしいいか。。

 

真心のエージェント

f:id:magokoro_agent:20151116100731j:plainf:id:magokoro_agent:20151116100741j:plain