読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳はおっさんの成人式だと思うのだ

昨日、42歳になりました。

 

たくさんのお祝いの言葉をいただき、ありがとうございました。

 

42歳。

 

体が「スッキリ!」という瞬間が週に何分あるかわかりません。

 

42歳。

 

30代に言われていた「若いですね!」という同じ言葉がお世辞だと痛感します。

 

42歳。

 

空気を吸うだけで太るこの感覚。20代にはわかるまい。

 

42歳。

 

数え年で後厄です。もろもろ調子悪いのが厄ならとっとと終わってほしいです。まぁ迷信なんですけどね。厄年のせいにすれば万事OKということにもできますね。厄年便利。厄年最高。これだけ長い間、国民に親しまれている迷信はないのではないか。

 

Wikipediaによると

厄年は出典が無い事から迷信ともされているが、それを踏まえた上で厄年の説明なども行われている。 19歳、25歳は青春期に当たり、また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、人生のうちでも曲がり角でもあり、男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとしているが、統計的にはそのような物は存在しない。 本厄の年に「厄祓い」・「厄除け」を行い、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習もある。また、凶事が起こらなくとも、大厄の年齢では肉体的にも体力の低下や反射神経の鈍化など、衰退が顕著になる時期でもあり、医師の診察を受けた際に体調不良を訴えやすいともいう。健康管理などの面でも注意が要される年頃でもあるともいう。

 

「中高年期」への過渡期

 

厄年はおっさんの成人式のようなもんでしょう。これで僕もおっさん正式認定ですね。

 

なので、おっさん代表として20代の若者に伝えます。

 

40代になって、もりもりと以前のように新しいことにチャレンジできる方は非常に少ない。いや、もう結構無理だ。

 

40代になるとだ。上記のように体が諸君の意識に追いつかないのだ。その時のために鍛えておくとよい。僕のように中途半端はよくない。毎日一駅分でもいいから歩いてみよ。僕はやってないけど。

 

40代になるとだ。会社の中で自分の大体の未来が予測できるぞ。あぁ俺、私ここまでかな、、、そして少しがっくりするのだ。でもそれも正解だ。それが嫌なら20代と30代を突き抜けるくらい働きたまえ。僕が君達と話すときにも聞くし、面接官にも言われるだろう「10年後どうなりたい?」ぶっちゃけ僕は10年後は10年後にならないとわからないと思っている。どうなりたいより、今をどう働くのか?だ。

 

40代になるとだ。いろいろ後悔するけど、もうできないことが多いぞ。しがらみも増えるからだ。恋愛も結婚も遊びも仕事も全力でやりたまえ。徹夜で飲んで、翌日仕事できるのはいまのうちだ。

 

今を楽に。転職で楽に、、、じゃなくて少し人生を向こう側まで見てみると、今しんどいのって割りと屁みたいなもんですよ。

 

20代よ。君達はなんにでもなれるよ。一歩踏み出すことを恐れてはいけない。

 

以上を私のおっさん成人式の言葉とさせていただきます。

 

あー腰痛い。

 

真心のエージェント

tenshoku-rpg.com