女性のが強い??

またまた今年の新卒入社の方から相談がありました。

 
4月に入社してまだ6ヶ月。早過ぎだよと思いつつも、3人立て続けにいらっしゃったので、まぁ時代なのかなぁと全員にお会いしました。
 
<23歳女性>
入社してみてより一層やりたいことが明確になった。今と同じ営業でもっと成長できる環境にいきたい。たとえばこのクラスの会社に行きたい。
 
うむうむ。いいんではないかなと思います。転職で叶えたい目的が明確です。転職して化ける可能性も感じます。意志の強さと比例して明るく元気です。動けばどこか決まるでしょう。
 
<23歳男性>
コツコツ地道にやれる事務をやりたいです。接客業って休みないし。給料低いし。
 
休みないし、給料低い…が主訴ではないのだろうか?希望する職種が思い切りジャンプしています。転職が目的になるタイプです。失敗する種を持っています。なんだか不安そうで、話がよく変わります。
 
 
上の女性なら転職してもいいかなと思いました。実のところ現職は僕の同業さんでした。もっと深堀しましたが、気持ちは揺らぎがなく、意思が硬かったです。「こうなりたい」が明確で現実的でした。
 
生き急いでいるような感じもしますが、結婚出産育児、復職の可否など、女性のほうが未来を明確に想像しやすいのかもしれないです。20代後半〜30代中盤で出産などを挟むとしての事後など想像すると男性より、急ぎたい気持ちが強くなるのかもしれません。また、女性で企業のトップ層について…というのも今後活発化すると思いますが、まだ事例が少ないですし、仕事でずっと1社に寄り添うことには女性にとってあまりメリットがないのかもしれないです。
 
ある意味ドライに、仕事そのものを楽しめている人には女性が多いような気がする10月のスタート日でした。
 
男子がダメというわけではありません。気持ちはわかるし、僕もそうだった。
 
男子がんばろうぜ。僕も頑張ります。
 
真心のエージェント