僕、医者になります

ずいぶん前にお会いしてから、僕の起業後に再度連絡があった男性がいました。

 

26歳。社会人4年目。食品メーカー営業。理系大卒。

 

彼の会社の作る商品は聞いたことがある方が多いはず。僕も食べたことがあります。いや、結構食べてるかも。

 

書類は100%通過する方でした。ただ、気持ちが定まらずどこの選考を受けても二次で落ちてしまう。 すごく良い資質があるのに、熱量が感じられないというか。

 

「無理してない?」

 

と言うと、「いや、本気で転職したいです」というのでどうしたもんかと悩み、あまりやりたくない方法ですが、デジタルスペックで選考可能なものを全部見せてみました。

 

最後に1社だけ、彼が本気モードで僕に練習を依頼してきた企業がありました。

 

医療系メディアの企業様でした。

 

「なんで、医療系なんだろうなぁ」と求人票を出した僕が思っていました。

 

これまで受けてきたBtoB系企業とは全く異なる企業です。

 

「僕の親、廃業しちゃったんですけど医者だったんですよ。大学も医学部受けたんですけど、ダメで。頭悪いんすよ。でも、ずっと親の背中見てきたので、医療関連ってそうなのかなって求人票見て改めて思いました」

 

家族背景ってなかなか聞きづらいところですが、その時ようやくわかりました。

 

果たして、彼は必死な練習をし、気持ちを整理し選考に臨んだわけですが、結果は…

 

「お見送りです」

 

残念でした。彼も心底落ち込み、代替えの求人を見せても気持ちが乗らず、連絡が滞っていました。

 

「為替の影響で商品価格上がっちゃって、お客様と交渉が忙しいんです」

 

そうかぁと思ってしばらく経過していましたが、一昨日久しぶりに連絡。そこでびっくりしたのがこんな発言。

 

「僕、医者になることにしました。いま、仕事しながら大学に入り直すための勉強しています。仕事しながらってところが覚悟ない感じですけど笑 転職活動しながら、やりたいことわかったんです。ありがとうございます。まだあきらめちゃいけない気がしました。」

 

医者かぁ。すごいなぁ。こんな選択をした方は初めてでした。

 

ほんとに今からは大変だと思うけど頑張って欲しいです。

 

頑張れK君。

 

真心のエージェント

tenshoku-rpg.com