読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忽然と姿を消され候

たまに連絡が取れなくなる方がいます。

 

おそらく私が相手の気持ちの何かに触れてしまったのかもしれませんので、都度反省をいたしますが、書類作成まで支援して「いよいよですね。がんばりましょう!」と言った途端に連絡が途絶えたり、何でだろうなぁ…というケースもあったりします。

 

  • 僕が何か言った、書いたことが何かに触れてしまった?
  • 提案した求人が癇に障った?
  • 連絡がしつこかった?
  • 具合が悪い?
  • 何か他社で良い話があった?
  • ご家庭で何かがあった?
  • 忙しいだけ?

 

と、色んなことを頭に駆け巡らせます。

ご相談者様はお一人おひとりが異なる性格や価値観や時間軸を持っておられますので、選考や課題を設けない限り、連絡事には厳しい期限を設けず、煽ったりしないようにしています。ただ、落ち度があればチューニングしていかなければ僕としても仕事のレベルが上がりせんし、出来ることと出来ないことはありますので、恨み言でもなんでも言っていただきたい(言われたら凹むと思うけど)のですが、連絡が途絶えてしまうと何もわかりません。これは結構しんどいです。

 

と、書いてみましたが、本当に不味いと思ったラーメン屋にはお客様は来ないものです。と考えるとすごい甘いですね。やはり僕が不味かったのでしょう。ただ、せめて注文つけてもらえるくらいの仕事をしたいものです。

 

先日、業界の先輩が「この仕事は奉仕である」とブログで書かれておりましたが、その気持ちがまだ足りていないようです。

 

日々、精進です。まだまだモテエージェントには程遠いですね。

 

真心のエージェント

tenshoku-rpg.com