読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外で働くとか

・英語を勉強したい
・海外でいつかは

 

というお話は相談受けててもよく出るネタです。私もちょびっとそう思ってます。転職市場でも海外マーケット向け求人は徐々に増えているような気がします。


先日とあるご相談者様がいました。


誰でも名前を聞けば知ってる大手企業の5年目営業さん。TOEICもフルスコアに近いですし、海外に住んでいたこともある。英語ペラペーラです。あきらかに僕と違う次元の方です。あと、いまの会社にいればジョブローテーションで必ず海外にはいけるんだそうです。そんな人が何の相談に来てるんだという話ですが、話していたのがこんなこと。


英語はもっと使いたいですが、仕事でなければ日本でいくらでも使えますよね。私が悩んでいるのは今の会社で海外挑戦しても、あくまで会社が用意した一支店へのジョブローテーション止まりだということ。海外をマーケットをどう見て、何を広げていくか?というのをイチから経験できる環境に行きたいんです。でも、勇気がない。どう思いますか?


・英語使いたいだけなら日本だけで十分じゃね?
・海外をマーケットとして見ているからこそもっと実力を身につけるために転職


おっしゃる通りで、ちきりんさんとかが良く書くマーケット感覚を…な感じでしょう。確かに、最近は町を歩いてても目に見えて、「外国人増えたなぁー」というのを実感します。百貨店の免税コーナーの長蛇の列見れば、中国人バブってんなぁ…というのが実感できます。あと、今これを書いているスタバにいるお客様も半分くらい外国人なんじゃないかなと思います。言い過ぎかもしえないけど少なくとも僕の両隣は日本人ではありません。日本人のバイトさんも普通に英語で対応してるし、よく考えるとすごいですよね。未だに「be動詞ってなんだっけな?」とかレベルの僕は戦々恐々としています。


単に老けただけかもしれませんが、最近気づくとまわりの風景が一変しているような感覚が多いです。このままいけば日本も勝手に多民族国家になるんではないでしょうか?ハーフとかクオータータレントさんも多いですが、そんな方がたくさんいる世界になるんでしょう。それはそれで楽しみです。

と考えると、英語喋りたいだけなら海外に行く必要もない気がします。六本木のファストフード店で働いていた経験のある方は仕事教える新人バイトがほとんど外国人だったそうで、英語と日本語駆使して一生懸命仕事教えたそうです。

マーケットの話になると、日本の人口は減っていますし、逆に途上国と言われていた近所のアジア諸国の人口増加率はものすごいことになっています。特に消費意欲が旺盛なアジアの中間層は20億人超えとも。
さらにネットで見てみるとアフリカとか人口増加率もっとすごい。http://bit.ly/1IezQ4V
上場企業の株主向け公開情報見ても、大体「マーケットをグローバルにシフトしてきますぜ!」という内容が多いです。メーカー、IT、金融だってみんな外向いてるんだからそりゃ転職するにも日本にいていいの?って思うでしょう。


ただ、どこであっても何を何のためにしにいくの?ってとこが大事なんでしょう。

 

さてさてどうするか。

とりあえず僕は海外旅行行きたいです。

 

真心のエージェント

tenshoku-rpg.com