「退職してもいいですか?」という相談につきまして

お仕事をしていると


いまの仕事がブラック過ぎて、転職活動できなそうです。辞めようと思うんですけどどう思いますか?


という相談がたまにあります。
当然、次が決まるまで辞めるべきではないとお伝えしていますが、そんな身も蓋もないとガッカリした表情をする方もいます。これって突き放しているわけでなくて、この発言時点で転職の目的が「脱出」もしくは「逃亡」だからです(言い方悪いですが)。
この場合、退職後いざ活動をはじめても志望動機とかもなかなかうまく作れなくて苦労します。

 

  • どこに行っていいかわからないので、沢山受けたい。
  • 決まってから考える。
  • 前のトラウマでなかなか応募できない。


などの諸症状を起こします。
まさに風邪をこじらしたような感じです。

また、退職してしまった人と現職で活躍している人では採用側の見方も圧倒的に違うと思います。


あー堪え性の無い人だなと思いますし、ブランク出てる時点でそこフォーカスしますよね普通?前職がどんなにブラックだったとしても同情はするけど、そもそもそこを選ぶセンスってどうなんでしょ?ネガティブだよねぇ。


これはとある企業の人事さんにこのような方を推薦した時に本当に言われたことです。
これ言われた時点でダメってことです。世の中そんな甘くありませんね。


また、若くて社歴が浅いとしても、お客様の引き継ぎや社内で任されている特定業務の引き継ぎはどれくらいの期間でできそうかの退職活動の設計はしていくのが大人ってもんでしょう。実際は誰に何をいつまでに引き継ぐか決めるのは会社なんですけど。


転職って

転職先に何の価値を持っていけるか?
転職先で何がやりたいの?

あとはその現実性と相性に尽きると思っています。


ここをちゃんと自分の言葉で伝えられればいいですし、
自分の力量に見合った現実的なキャリアアップってあると思います。
お仕事の探し方もです。

基本的に転職活動って楽じゃないです。
精神的にも体力的にも相当消耗します。
土日に面接してくれたり、夜遅く対応してくれる企業も
そんなに多いわけではないですが、
相手が会いたいって思って無理聞いてくれるだけの
準備はすべきではないでしょうか?

とはいえ、これが全部できるかどうかというとハードル高いですし、
ブラックな環境から抜け出すとかですと精神的な支えが必要なケースもあります。

こういうもろもろサポートするのが人材紹介業ですし、そうありたいと思っています。
転職に迷ったらあなたにフィットしたエージェントを探してみるといいです。


真心のエージェント

tenshoku-rpg.com