程よい危機感を持つこと

f:id:magokoro_agent:20190414153653p:image

3年前からはじめた釣りですが、6-7割はこの人と行ってるんではなかろうかという友人がいます。

 

お互い40半ばを超えてアラフィフです。20代、30代で出会ったら今のようになっていたでしょうか?よくわかりません。

 

年齢も業界も学歴も転職回数も似ていて、同じ釜の飯を食ってきた感覚もありますが、何より仲良くなれたのは見えてる景色が同じだからかもしれません。

 

見えてる景色。それはかなり険しい山脈のようなもの。

  

僕らの世代は年功勤労主義に乗れた人とそうでない人。乗ったのに奈落の底に落とされた人…新旧環境にいる人間が共生している世代です。

 

経済や環境の変化とともに自分を変えていくことの大変さを身を持って知っています。

 

情報が豊富になった現在の比ではないですが、これまでにもイノベーションとかパラダイムシフトとか経済悪化などを感度が高い人が指摘することはありました。ですが僕らは(少なくとも僕は)それをいち早くキャッチして行動するということができなかった。キャリアについては後手に回った世代なのかなと思います。

 

そんな経験からのお節介ですが、若い方々には今がどんなに心地よいとしても楽観視せず危機感を持ち続けて欲しいです。そんなにピリピリしなくていいですが程よい危機感を持って欲しいと思います。

 

先日読み返した北野唯我さんの「転職の思考法」という本にこんなセリフがあります。

 

覚えておけ。日本の会社の悪いところは、「転職できない人間」に、その事実を40代後半まで伝えずに隠しておくことなんだよ

 

これって若い人達にはどう感じられるかわからないですが、僕らからするとぐさっと突き刺さる言葉です。だって本当だから。

 

ついでですのでこの本を引用させていただくと、会社や上司でなくマーケットを見たほうがいいし、成長する産業や伸びている産業に常に必要とされる人材になる努力をしたほうがいいし、なんだったら日本という狭い枠組みで物事を考えないで欲しい。

 

美味しい話に騙されず物事や世の中の本質を見極められる人物になって欲しいし、その上で自分の力を一番最適化できる場所にいて欲しい。

 

今の環境に不満がなくても必ずどこかで行き詰まるはずです。毎日忙しくついつい言い訳はしてしまうかもしれませんが、1日10分だけでも外に目を向ける習慣をつけることをおすすめします。

  

 ※参考図書

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

辞めますの4文字が言えない

f:id:magokoro_agent:20190407123316p:plain

今年の新社会人が退職代行を使って退職したというツイートを見かけました。

 

「入って一週間経ってないよね?ネタ?」と思いました。

 

本当かどうか定かではありませんが、入社初日に限界を感じてしまうってどういう状態なんでしょうか?

 

ある程度引かれたレールや親の庇護から飛び出す就職。自分の意思で選んだ(多分)のですから、その答え合わせにはもう少し時間をかけて欲しいと思ってしまいます。そもそも内定を貰ってから考える時間は充分にあったはずです。

 

実際入ってみて違和感があると思ったのかもしれませんが、自分で決めたその道を他人の力、そしてお金を払って断ち切るという行為が昭和生まれのおっさんにはどうにも理解ができません。

 

いや、どうなのかな?僕の考えがもう古いのかもしれないです。

 

辞めることを否定はしていません。会社を辞めることは万人に与えられた権利であり自由です。

 

辞めます

 

この四文字を言うだけなのです。これくらいは自分の口から言えませんか?と思ってしまうのです。

 

まぁできないから退職代行サービスがミートするんでしょうけどね。新社会人の皆さんは新人に求められる最低限のコンピテンシーを取得してから退職なり転職なりしてほしいです。

 

一方で退職や転職は裏切り、悪であるという思考は日本にまだ根強く残っている気がします。

 

部下が辞めることによって評価が下がることを恐れ、無責任な引き留めをする上司もいます。

 

そういうなんとも言えない空気感がこういう事象を起こすのかもしれません。

 

今回の新卒の件とはちょっと違うのかもしれないですが、大元にあるのは日本独自の一斉就職文化、昭和から脈々と続く年功主義、勤労主義の呪いのように思います。

 

良い就職良い転職。

 

仕事に対してポジティブな国になってほしいですね。

 

もう昭和でも平成でもなくなるのですし。 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

【ゆるゆる書評】3月はこんな本を読みました

f:id:magokoro_agent:20190330180243p:plain
2019年の4月1日は月曜のスタート。新元号「令和」も発表され平成最後の1ヶ月が始まりましたね(せっかくなので発表待ってました)。

 

新卒、転職共に今日から新しいキャリアをスタートする皆さんおめでとうございます。この日の思いを胸に頑張って欲しいです。

 

さて、先月は5冊の本を読みました。
それでは紹介していきます。

 

知的プロフェッショナルへの戦略: 知識社会で成功するビジネスマン 11の心得

以前読んだ同著者の「営業力」がとても良かったので読んでみました。そういえば社会人スタートの方にはKindleUnlimitedの契約をお勧めします。コスト的にはビジネス書月1冊読めばペイできます。無料でも良書が多いですし、この田坂さんのシリーズもそう。この本は17年前に書かれたもののようですが、今まさに日本で起きてることをかなり正確に予測しています。やや繰り返し表現が多いですが、この時代にどのようなビジネス筋肉をつけていくべきかなどかなり含蓄ある内容です。あります。個人的には「Middleman will die.」中間業者はいなくなるってとこがゾクゾクしました。

 

伸びる会社は「これ」をやらない!

上場された識学の安藤さんの著書。どんなものなのかなと気にはなっていたのですが、コンサル料金をちらりと聞いてビビり、この本を読むことにしました。僕は法人を持っていますが社員は自分だけですので縁がない内容ではありました。が、会社経営者の陥りがちな勘違いについての指摘にはかなりドキッとするものがありました。個人的には識学は好きか嫌いかというと「わからない」という感想。これさえやれば確実に業績は伸びるのかもしれませんが経営者はより孤独になりそうな気も。ちなみにこちらもKindleUnlimitedで無料ですよ。

 

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

以前ホリエモンさんの多動力を読みましたが、この方もそれに近い多動域の住人なんだと思います。なんというか普通の人には真似できないくらい転職ガンガンしてるんですが転職先がいちいちすごいところなのは能力の高さがあるからなのでしょう。なかなか真似はできないなと思うものの、これからの日本人の働き方という点で考えると良い示唆がされていると思います。得意+αのピボットというあたりは普段僕も相談者様にお話していることと同じですので共感できる内容でした。

 

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

ずっと気になっていたのですが、ようやく読みました。まさか渋谷のあれが指南役になるとは。前作も大変面白かったのですが、こちらもなかなか面白かったです。世の中には天才と秀才と凡人がいて、それぞれには相関関係があるので、自分が何タイプなのかを理解してその力を認め受け入れることで人生やキャリアは豊かになるよという話かなと思います。北野さんは同様のブログを書いておられ、こちらは無料ですので気になる人はググってください。ただ僕はこの本買っていいと思います。ちなみに僕は完全な凡人タイプでした。

 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

上記「天才を殺す凡人」を読んだ流れで前作であるこちらをもう一度読みました。転職に悩んでいる若手は買っていいと思います。この内容しっかり理解して普段意識できれいれば人材紹介会社に転がされてキャリアに失敗することはなくなると思います。特に若手人材が持っていて欲しい考え方などがとってもわかりやすくまとまっています。共感できる内容が多いです。これも買いです。

 

以上、5冊でした。参考になれば。

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

職務経歴書弁慶にならないようにしましょう。

f:id:magokoro_agent:20190324085426p:plain
週末は真鯛を狙って釣りに。ホームグラウンドの東京湾ではなく太平洋側に行ってきたのですが、かなり海が荒れていました。それまでは「酔い止めいらずの俺最強!」くらいに思っていたのですが序盤危なかったです。次回はアネロン飲もうと思います。

 

海が荒れていると事前に準備してきた知識がほとんど役に立ちません。風にうねり、水温、気温、潮の満ち引き…自然を相手にする釣りは変数が多すぎて未だに何が正しいのかわかりません。その場その場の試行錯誤や出来る人の真似、指導を仰ぐなどしながら釣果に繋げます。ベテランの方々はそのような状態を何度も経験しているから上手なわけですね。

 

仕事も同じで、与えられた目標をこなしているだけで評価される安定した環境よりも変化の多い環境に身を置いたほうが成長ができる気がします。特に若いうちは。

 

僕もそういう体験をしたことがあります。人材業界でのキャリアは2005年スタート。WEB求人広告の新規営業からでした。当時所属していた会社でも立ち上げ段階の事業でしたので、とにかく変化が多い環境で仕事をしていました。

 

毎日上司の指示は変わりますし、営業手法さえ決まっていない。KPIなんて概念すら無い。営業資料も各自の手作りで属人的だったり、パンフも印刷代がかかるからとモノクロコピーで対応。人の入れ替わりが激しいので入社1年も経過していないのに新人教育を任されたりします。予算も実力もないけど自分たちでなんとかしなくてはいけないわけです。

 

やってる当時は辛くて仕方なかったのですが、これらの経験は間違いなく今の自分の血肉になっていると思います。

 

当時の経験の全てが今も使える財産なわけではありません。むしろ古くなっている物の方が多い。でも、定量的な実績ではない経験や洞察力や思考は高くなったと思います。

 

今でこそ衰退あるいは次世代サービスに変わりつつあるWEB求人媒体ですが、当時はサービス全体の市場認知度はまだまだ高くない状態でした。でも様々な企業が参入していた。いわゆる市場全体が成長している時期だったわけです。

 

「いかに市場を取っていくか?」という戦略的な考え方やお客様の課題発見能力や論理的説明能力などが日々の行動から磨かれていくわけです。

 

一方で逆のケースもあります。

 

仕事柄、人様の職務経歴書を良く読むのですが、一定の市場シェアが取れている企業で働いている方の場合、勝てる営業手法や仕組みを会社が設計しているためそんなに低い成績になることはありません。

 

まじめにやれば目標対比120%、前年対比140%!なんて素晴らしい成績になるわけです。当然職務経歴書の内容が素晴らしくなりますし、書類は通りますよね。

 

でもこういう方が以外にも面接でボロボロになったりします。職務経歴書弁慶状態です。

 

それは会社が作った仕組みで忠実に成績を出しただけで、自ら考え工夫した部分が少なく動機も思考も期待値に届かないわけです。「与えられた仕事をこなす能力」は長けていてもそれは実力ではないという判定されてしまったわけです。

 

もちろん与えられた仕事を確実にこなす力も評価対象になる場合もありますのでそのこと自体が悪いわけではありません。でも、これからの時代にはオペレーション能力が高いだけではちょっときついかもしれません。

 

海の潮目を見るように時代の潮目もしっかり見ていきたいですね。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

歳を重ねながらの働き方ってどうしたら良いのだろう?

f:id:magokoro_agent:20190317111622p:plain

昨年から確定申告が必要になったのですが、細かなことが苦手なので税理士先生にお願いしました。

 

確定申告になると住宅ローン控除証明書の再提出が必要あるらしいのですが見つからず。あーやってしまったな…と焦りましたが税務署に行ったら簡単に再発行してくれました。

 

証明書を見て改めて感じたのは時の早さです。自宅購入から8年。小学生だった子供達も上は高校を卒業し進学、下は中学三年になります。

 

自宅は綺麗に使っているほうだと思いますが、昨年はインターホンが壊れたりトイレが壊れたりと老朽化を感じることが多くなりました。

 

じゃあ自分は?

 

自宅と同じで知らないうちに劣化している気がします。仕事のシーンで振り返ってみると経験や知識は少しづつ積み上がっていると思いますし、信頼もそれに比例して上がっている(と思いたい)。ただ、細々した事務などのオペレーションをこなす能力は確実に落ちていると思います。

 

フリーランスや起業。形はどうあれ個人でやっていこうという人は多いと思いますが間違いなく言えることがあります。今のあなたのパフォーマンスは永遠ではないということです。

 

20代、30代ならいいでしょう。でも40代、50代、60代、70代、、、歳を重ねるごとに出来ることと出来ないことがはっきりしてくるはずです。

 

このような状況に対応していくには、、、

 

  • 学び続けること
  • アライアンス
  • ギブアンドギブ
  • 自動化
  • フィジカル・メンタルケア
  • ファイナンス

 

あたりがキーワードではないかなと感じています。

 

学び続けること

学習は常に必要です。個人で活動していると我流にこもりがちですが、これ結構危険だなと思います。常に自分のやり方を疑い学び続ける姿勢は大事だと思っています。基本的にインプット能力は下がってきますので、学んだらすぐアウトプットするがベストな気がします。

 

アライアンス

「自分で何とかなる」には期限があります。40代は持っていない能力をゼロから立ち上げるには時間がかかってしまう年齢です。であれば、出来る方と一緒に仕事をするほうが早いのかなと思い出しています。そういった方と出会えるようにネットワークを広げる努力も怠ってはいけないと思います。

 

ギブアンドギブ

上記と関連しますが特に若い方の力を借りる場合、渡せる知識などはできる限りお渡しすべきかなと思います。我々の持ってる知識経験などはすぐに劣化しますし、普遍的なものだとしても遅かれ早かれ学びとるのでしょうから出し惜しみせずパスしたほうがいいように感じています。打算無い純粋な気持ちのギブがポイントかなと。

 

自動化

どうもロボット、AIが自分を助けてくれるというシーンがまだ明確にイメージできていないのですが、細かな事務作業は手放せるものは手放した方がいいように思っています。もしくはアウトソースとか。

 

フィジカル・メンタルケア

体力は落ちますし、健康寿命を延ばすことイコール長く働けるということです。預貯金が豊富で無いのであれば健康になれば良いということでこういうところへの投資も大事だなと思うようになりました。できるのであればワークとライフがミックスされた状態を維持するのがベストかなと思います。この間行った羽田の居酒屋の親父さんは朝7時から釣船に乗り、魚を自分で仕入れてお店に0時まで立つとか。好きだから気にならないとのこと。すごいですね。見習いたい。

 

ファイナンス

お金はいま子供への学習投資が最大期に入っていますので、とにかく放出の一方です。ただ、子供の教育費は最大の資産贈与だという考え方もあるらしく納得。ですのでここは投資のつもりでいますが、別の方法も必要そうですね。まだ勉強中です。

 

まぁまぁ書いてみたら極普通の一般論にまとまりましたが、僕のような普通の40代で個人経営しているおっさんがサバイブしていく姿は後陣に残せるものも多いのではないかと思っています。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com