読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめの一人を採用するときの気持ちって?起業前に読んだ本を読み返して反省したはなし

f:id:magokoro_agent:20170310092045j:plain

 

昨日は多分、7-8年ぶりに再会した人事の方とお話できたりして、お酒が美味しくて美味しくて飲みすぎました。んで、アドレナリンが上がりすぎたのか一睡もできなかった。。。午後が辛そうです(今晩も飲むんですけどw)。

 

話が変わりますが、最近複数名の友人に「仲間増やした方がいいんじゃない?」と言われます。

 

確かに人様の採用についてお手伝いしてるくせに自分のとこ採用してないんじゃ説得力もへったくれもないです。

 

昨晩も言われました。そうだよなぁ。ほんと真剣に考えないとなぁ。

 

起業前に読んだ本を見返して気付いたこと

マイケルガーバーのE-Mythという本があります。日本語で題名「はじめの一歩を踏み出そう」です。結構なロングセラーみたいです。

 

僕みたいなスモールビジネスが陥りがちな失敗が書かれています。

 

3年ぶりに読み返しました。

 

本の言葉を借りればスモールビジネスをしている人の中には

 

  • 起業家
  • マネージャー
  • 職人

 

この3つの性格が混在しているそうです。一番やってはいけないのは職人タイプの性格が際立つこと。自分の目の前の仕事に逃げ込んで経営が立ち行かなくなるという事実。

 

あ、これ僕だわ

 

ドンズバで今の僕が陥っている状態が書かれててドキッとしました。

 

毎朝起きて、スカウトして、営業行って、スカウトして、面談して、請求処理して、経理処理して、、要望あれば土曜も日曜も。この無限ループをずっと繰り返してます。

 

目の前の仕事に必死過ぎて実は経営してない

この仕事好きなんですよ。ものすごく大好き。結果よりも人と話してるのが好きですし、何か気づきを持って帰ってくれるだけでもいい。採用が成功すると尚嬉しいし、活躍してますなんて後で言われると超嬉しい。休まなくても全然大丈夫。

 

でも最近、ふと思います。今は出来てるけど、10年後も同じ量こなせるのかなとか。そもそも猛スピードで採用要件や経済状況も変わるのにキャッチアップできてないと感じることが多い。

 

これは良くないなぁと思います。実に良くない。少しづつ仕事を切り分けして、次の策を常に練っていかないとダメです。

 

経営者さんに言わせたら当たり前だバカと言われそうですが、頭でわかってても動けなかったりする僕。

 

起業した時は70歳まで現役でやってやるぞと根拠のない自信がありましたが、最近それが失われてます。この本読んでたのにな。

 

一人目の採用ってどんな気持ちなんだろう?

やっぱり近い将来、仲間を増やさないと立ち行かなくなりそうです。

 

多分ですが、僕に必要な最初の一人はマネージャー気質のある方だろうなと思います。

 

僕が職人気質なので(だと思う。自分でなんでもやりたがるので)、整えて管理できる方。かつ実務のできる方(利益出してくれないと共倒れ)。。その次は職人さん。んで、僕が実務から少しづつ離れないといけない。

 

なかなかいないな。いや、この人来てくれれば、、って人は山ほど心当たりあるんだけどみんな現役バリバリだ。。。相談者様の中にも、あーこの子来てくれたらいいなぁと思うことがあります。

 

三顧の礼という言葉がありますが、僕の友人は今所属してる会社の社長さんに3回口説かれて転職したそうです。すごい話だなと思いました。

 

でも、これもまた結構な賭けです。ある程度の体力がないとダメなのかなと。リファラルの罠というのもあります。期待値と現状を話しきって納得してもらわないとダメでしょうし、入った後にどうするのかを同じ目線で話さないとお互い不幸です。

 

あ、また自分にブレーキかけてるな。

 

経理や事務処理は便利な世の中ですのでアウトソースできますが、会社を維持発展させるには優秀なプレイヤーがいないとだめです。

 

同じような悩みはたくさんの経営者さんが持たれたことがあると思いますが、皆さんの会社の最初の一人って改めて聞いてみたい。

 

どんな気持ちなんだろう?

 

あ、前にも同じような記事エントリしましたね。ずっと同じこと悩んでるんだな。

 

今日はオチもないぐずぐずした内容。お口汚し程度ですが、起業を考えている人の参考になれば。

 

金曜日ですね。皆さん頑張りましょう。

 

カノープス株式会社/青山

「LIFE SHIFT」を読んで調べてみたらほんとに寿命が伸び続けるようだ。

f:id:magokoro_agent:20170303094937j:plain

 

書評的なのはあんまりおもしろくないと友人に言われたんですが、あえて書いてやろうと思います(何故ならブログネタが思いつかないから)。

 

リンダ・グラットンさんの書いた「LIFE SHIFT」が結構騒がれましたよね。

 

んで、僕も読みました。

 

洋書は苦手なのですが、前著の「WORK SHIFT」同様、かなり好きな内容だったので、すらすら読めました。

 

ものすごく簡単にまとめると、

 

寿命100年時代にもう突入するから皆の衆、未来を考えましょう。先は読めないけど、こういう仮説があるよ。

 

という感じかなと思います。

 

おーい!!!!100年ライフがやってきたぞー

結構リアルな話なのかなーっていうのは、以下を見ればよくわかります。

 

厚生労働省が2016年7月27日発表した簡易生命表によると2015年時点での日本の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳。

www.mhlw.go.jp

 

ちょうど10年前をさかのぼってみると、2005年男性が78.56歳、女性が85.52歳。およそ10年で2歳づつ平均年齢が上がっています。本に書いてある通りでした。

 

例えば、会社員の定年が65歳だとして、今年44歳になる僕はあと21年働くことになります。でも、その頃には男性平均寿命は85歳くらいまで上がっていることになります。実際に65歳で引退したとしても、その時点から平均年齢が同推移で上がった場合、死亡するはずの85歳時点までにさらに20年が経過。つまり平均年齢が89歳くらいまで上がる計算です。

 

65歳で引退して、残り24年って、、、どれだけ生活費を蓄えなければいけないのでしょう?気が遠くなってしまいますね。もちろんその途中で命が途絶える可能性だってあるのですが、こればっかりはわかりません。

  

上記は僕の例ですが、いま25歳なんかですと65歳の定年までに40年。10年に2歳の平均年齢上昇ですので、65歳の時点で平均寿命が89歳くらい。実際の89歳の時には93-94歳くらいまで平均寿命が上昇していることになります。

 

まさに100年ライフ時代の到来ですね。

 

「100歳とかありえなーい」って思いますが、実際に身近に100歳に近い人がいます。僕の祖母はあと2年で100歳。銀杯をもらえる立場です。 どうやら僕は長寿の遺伝子は持ってるみたいです。おお、、恐ろしい。。??いや嬉しい??どっちだろうか。

 

「安定したい」「次の会社ではずっと長く」「もう転職したくない」??

こんな相談や思いをよく聞きます。すごくわかるのですが、これって団塊世代的なレガシーが臭いがしてしまいます。もちろん1社で定年まで逃げ切れる人もいると思いますし、定年後再雇用という制度もあるところにはありますが、何十年も経過した未来のその日に、会社はどこまであなたの生活を担保できるのでしょう?死ぬまで雇用してくれることなんてないと思います。

 

会社もいつまでも存続するわけではありません。100年生き残れる会社なんてほぼないです。100年永続している企業は僕の取引先でも1社のみです。

 

ひとつの会社に所属し続けてという時代ではもうないのは、先日のこのエントリーでも書いた通りです。

※偉そうに書いてますが、僕の会社くらいが一番危ないです。今年とか来年潰れるかもって感覚は普通にあります。

magokoro-agent.hatenablog.com

 

こうなると転職することなんて当たり前になるはずです。

 

いや、そうでないとまずいと思います。80歳くらいまで働くことだってあるかもしれない状況で、個人個人がセルフディフェンスするにはスキルの習得の機会やステップアップの機会を常に探していくことが大事です。

 

これを1社だけで必ずカバーできるわけではないと思います。

 

まだまだ少数かもしれませんが、最近は選考時にそれまでの転職回数とか気にしなくなっている会社も増えてきました(理由もなかったり、物事を他責にして短期転職している人はダメだけど)。

 

転職することがネガティブにならない世界になってほしい

なんだか転職を無駄に煽ってるみたいですが、そういうわけではありません。転職を考える時ってかなりの確率でネガティブな要素から始まることが多いですし、日本って転職すること=悪みたいなところがまだあるように感じます。なんだか、本当の意味で活性化しているのかなぁというか。

 

もっと転職のマーケットがオープンになっていいのかなと思うんですよね。個人的に。

 

  • スキルをたくさん持っている人に複数の仕事が降りてくる。
  • ダメでも再挑戦できる。
  • 必ず何か仕事の情報がある。
  • 1社に所属しなくても良い。

 

こんな状況が作れるといいなぁと最近ずっと思っています。

 

いや、きっとなるはず。だから若い方は転職することを恐れずに、自分の選択肢を探すことにもっと貪欲になってほしいなぁと。

 

僕もその人の100年キャリアを支えられるコンサルタントでありたいと思うのですよ。

 

 

カノープス株式会社/青山
 

 

器用貧乏をもう少し幸せにしたい。

f:id:magokoro_agent:20170221120737j:plain

 

花粉の季節ですね。井の頭線に乗っていたところ、目の前のJK三人組がこちらを見ながら微笑んでいるので、「僕もまだまだ捨てたもんではないな」と思ったら鼻水が垂れていました。死にたい。

 

話は変わりますが、Facebookで「器用貧乏な人が好きです」というコメントをしたところ、結構反応があったので、なんとこの世の中には僕の愛すべき人の多いことかと感動した次第です。

 

器用貧乏って何ぞ?

僕の好きな器用貧乏な人について語る前に、器用貧乏を定義したいと思います。

辞書によると、

 

何事も一応はうまくできるために一事に徹底できず、かえって大成しないこと。また、そのような人。 

 

とあります。

 

器用貧乏とは、なんでもそれなりにこなしてしまうがために、そのありがたみをまわりが理解できず、イコール評価されないままくすぶっている人。

 

ということでしょうか?

 

僕の出会った愛すべき器用貧乏達

人材紹介をやっていると本当に多くの器用貧乏さんに会うことができます。特徴としてあるのが、

 

  • やっている業務に対して評価が低い(給与が低い、職位が低い)。
  • あまり出世欲がなく、興味もあまりない。
  • まわりと自分を比べない。意外にもまわりが見えていない。
  • やらせるよりやってしまう。それがそこそこうまくできてしまう。
  • 向学心が高く知識が豊富。でもそれが普通だと思っているのでアピールしない。
  • そもそも自己アピールが苦手・下手。
  • 社内でアピールしまくる同僚をやや引いた目で見ている。
  • ホスピタリティは高い。
  • 話がちょい長い(イントロとアウトロが長くて本題を聞き逃す)。

 

こんな感じでしょうか?どうでしょう?心当たりありませんか?

 

器用貧乏にも限界がある。

このように定義すると、別に転職なんか興味なさそうじゃんと思いますが、それが結構いらっしゃるわけです。ということは彼ら彼女らにも我慢の限界があるってことなんだと思います。

 

仕事にはコミットするし、結果も出すんだけど、実は評価されるのを心の奥底では持っていて、その器がいっぱいになった瞬間に「あれ?なんかおかしくない?」って思ったり。

 

これに早く気付けていれば、新たなステージにいったり、アピールすることもできますが、年月があまりに過ぎてしまうと後戻りできず、本当に器用貧乏のまま生涯を終えてしまう可能性もあるので危険です。

 

器用貧乏さん達はどこにいくのか?

この間も、器用貧乏国代表みたいな友人2人と飲んでいましたが、やっぱり会社組織での出世はあまり興味なさそうでした。純粋に知的好奇心を満たしたり、仕事をしたりする瞬間はものすごいパフォーマンスを発揮するけど、出世に興味がない。

 

器用貧乏国の方々は基本的に会社向けのアピールが苦手な方が多く、良くも悪くもコミュ障ともいえるかもしれません。

 

なので、対外的な転職活動でも意外と一次面接で落ちたりします。できることが多すぎたり、やっている領域が広すぎて(器用指数が高すぎ)、「この人はいったい何屋さんなの!?(・_・;?」という感じに面接官が陥るわけです。

 

これだといけません。彼ら彼女らはもっと幸せにならなくてはならない。本当に貧乏になってしまっては日本のためにもなりません。なので、僕が愛する器用貧乏さんに言いたいことは以下です。

 

  1. USP(Unique Selling Proposition)=自分の強みを言語化すること。
  2. もうちょい欲張ること。
  3. 何をしたいのかを言語化すること(絶対あるはず)。
  4. アピール練習。

 

こんなことを習慣付ければ、勝手にチャンスは巡ってくるのではないかなぁと。みなさんの持つ専門的かつ網羅的な知識は、数多くの企業が求めているはずです。日本には400万社以上の企業があるわけですし。

 

「あ、自分って器用貧乏かも、、」と思った方やこれからなりそうな人はお茶でも飲みながらお話ししましょう。お給料50万くらいアップするためのアドバイスならできるかもしれません。

 

 

 

カノープス株式会社/青山

マスオさんが転職する日。サザエさんの設定を今風にしたら?

 

f:id:magokoro_agent:20170215115722j:plain

 

  • 次の会社を最後にしたい。
  • 次の会社では腰を据えて働きたい。
  • 長く、安定して働きたい。

 

 

という相談をよく受けます。そうだよなぁと思います。僕も4回転職していますが、転職する度にそう思ってました。

 

「最後にしたい」

 

でも今はこんな体たらくです。独立して、毎月資金繰りにヒイヒイ言ってます。おかしいな、、こんなはずでは。安定は何処にあるのだろうか、、?

 

僕の20代のロールモデル「マスオさん」

僕は学生時代に憧れていた大人がいました。その名はフグ田マスオさんです。

そう。誰でも知っている国民的模範家族サザエさんの登場人物にして主人公サザエさんの夫です。

 

フグ田マスオ(アニメでは28歳)

サザエさんの夫であり、タラちゃんの父。婿養子によく間違われるが、磯野家とは二世帯同居をしているだけ。

 

優しく、磯野家にも信頼されている様子。務める海山商事には、1つ年下のアナゴ君(27歳!?)という気の合う同僚もいる。通勤時に満員電車に乗る辛さもあるみたいですが、帰りに一杯ひっかけるあたり、過度な残業もなさそう。土日出勤もなさそうです。そういえば海山商事って何扱ってるんでしょうね?カップラーメンからロケットまでと書いてありましたが、総合商社でしょうか?それとも海産物の商社でしょうか?定かではありません。

 

二世帯同居は窮屈そうですし、僕は真似できないですが、安定と安心を絵にするとこんな感じになるのかもしれません。

 

きっとマスオさんはタラちゃんを大学に出し、定年まで海山商事で勤め上げ、年金生活をしながら、生涯を幸せに終えるのでしょう。

 

そう。サザエさん一家は幸せでなければならないのです。

 

もしもマスオさんがリストラされたら?

目下、大企業東芝さんが大変そうであります。東芝といえば僕の就活時には安定の代名詞のような会社でした。入社できれば勝組。そして、1990年代まではサザエさんのスポンサーをほぼ独占していた時期もありました。

 

「サザエさんは東芝の提供でお送りします」

 

圧倒的なマーケティング力。安定の東芝、安定のサザエさん。東芝に入ればマスオさんのような生涯を約束されたようなものです。そう思っていました。

 

でも、経営って何が起こるかわからないものです。昨日も東芝さんが記者会見していましたが、なんとも言えない気分で見ていました。

 

マスオさん大丈夫かなと。

 

いや、マスオさんの生活に東芝は関係ないですが、なんとなく

 

東芝危機→スポンサー撤退→サザエさん放映危機→海山商事危機→フグ田君肩叩き

 

という思考連鎖をしてしまいました。

 

スポンサー企業の危機と国民的模範家族の生活をリンクさせてしまうのは僕だけでしょうか?

 

フグ田君ちょっといいかな?

いつかこんな日が来るかもしれません。12年後のとある日、マスオ40歳。サザエ36歳。タラちゃん15歳。波平は定年退職し悠々自適。タラオもいよいよ高校生に。大学受験も考えなければいけない時期です。

 

サザエ:あなた行ってらっしゃい^_^

 

マスオ:ぁ、、ああ、、

 

サザエ:どうしたの?最近元気ないじゃない?

 

マスオ:ん?えぇ!ソンナコトナイヨ。大丈夫だよ。行ってくるよ。

 

マスオはここ数日そわそわと落ち着かない気持ちでいた。それは同僚のアナゴとの会話が原因である。 いつもはお気楽な性格のアナゴから誘われた飲みの席で突然こう言われたのである。

 

アナゴ:フグ田君、、話したいことがあってさ。僕、人事に呼ばれてね。。九州の関連会社に転籍しないかって言われたんだ。本社の組織変更のためって、、

 

マスオ:ええー!?本当かい?

 

アナゴ:もう断れない感じでさ、、ちょっと周りに聞いたら数名声かかっているみたいなんだ。海山がここ数年、売上下がってるのは知ってたけどいよいよなのかな、、どうしよう、どうしよう俺、、人事も辛そうに言うから何も言い返せなくて、、こんなことフグ田君にしか言えなくて。

 

マスオ:ええー!?本当かい?

 

アナゴ:僕、カミさんに言えてないんだ。九州なんてさ、、家買ったばかりなんだよ。どうしよう。やっぱ転職かな?もうすぐ40歳だし、俺通用するのかな?

 

マスオ:ええー!?本当かい?

 

アナゴ:でもさ、転職って言ったら、もうこの業界じゃね。んでね、実は昨晩仕事帰りに人材紹介会社に行ったんだ。エージェントに聞いたらさ、安定とか生活の充実も大事だけど、僕の能力だと同じ業界で頑張って給与キープがギリギリ。もっと辛い環境になるかもしれない。そのリスクも含めて動いた方がいいって言われたんだ。最初IT業界に行きたいって言ったら、40歳では限りなく難しいし、仮にチャンスがあってもゼロスタートになるからもし実現しても給料下がる可能性もあるとも。そのエージェントがさ、「辞めないで!辛いけど、歯を食いしばって待ちましょう」って言うんだ。相談に行ったつもりなのに、諭されちゃってさ、、ああ、僕はどうしたらいいんだ、、。

 

マスオ:ええー!?本当かい?

 

アナゴ:ああ、、九州なんて言ったらカミさんになんて言われるのか、、畜生!こんなはずじゃなかったのに(酔いも手伝ったのか泣き崩れるアナゴ)!

 

マスオ: …アナゴくん…

 

アナゴ:(テーブルに突っ伏しながら)フグ田君も、危ないかもしれない。。気をつけて、、畜生畜生、、

 

そんな夜から数日、勘の良いサザエに気付かれたかもしれないと気を引き締めたマスオの肩を部長が叩く。

 

部長:フグ田君ちょっといいかな?

 

全身に戦慄が走る。10数年席を並べてきたアナゴが哀れむような目線を一瞬。そして、気まずそうにデスクに視線を戻す。

 

部長:予定見たけど、お昼後は空いていたよね?会議室Aで少し近況について面談したいんだ。いいかな?

 

マスオ:は、、は、、はぃ、、

 ミ~ ̄ ̄ ̄\
   / ____亅
   / > ⌒ ⌒|
  |/ (・) (・)|
  (6――○-○-|
  |   つ |
  |  ___)/
   \ (_/ /
   /\__/
  /  \><∧
  / /  V||
 /_/   |||
⊂ニu\__/Lu⊃
  |  / /
  | / /
  | / /
  (ニフフ

 

 

かくして、マスオの転職活動が始まったのである。

 

いつか来るかもしれないその日に備えて

こんなマスオさんは見たくないですが、海山商事と東芝の社員さんたちをシンクロさせてしまうと、あながち無くもない話です。

 

東芝だけではないです。僕の若かりし日に輝いていたシャープも、ソニーも、NECもリストラをしています。技術力をイノベーションに、業態を変換してきた富士フイルムのような大手もいますが、その過程には苦しみ、痛みがあったはずです。会社というものが、未来永劫「今の状態」を続けるというのは極めて難しいものなのだと思います。

 

転職しても、自分が変わり続けなければいけない時代です。会社は守り続けてくれない。会社だけのせいにはできない。仕事を選ぶ前に仕事を自分に引き寄せていくように毎日行動を改めていかなければいけないなと思います。

 

じゃあお前ができているのかって?

 

できていません。まだまだやることがあります。起業したら自由だって最初は思っていました。そんなことはなかったです。全部自分の責任ですし、未だに会社勤めに戻りたいと思うこともあります。どこにいってもどんな判断をしても、結局は自分と向き合わなければいけないのだと思います。自戒を込めて。

 

カノープス株式会社/青山
 

 

転職を「なんとかブロック」されてしまう方に伝えたいこと

f:id:magokoro_agent:20170206101429j:plain

週末は、母親の七回忌で実家に帰省していました。

 

七回忌ともなるとお経にも慣れたもんで、お坊さんの声を聴きながら「僕が死んだら子供達はちゃんと送り出してくれるのかなぁ」とか、「いやいや文化が変わるからそのうちクラウド葬式とかそういうのも出てくるのかな。なんか嫌だな」とかしょうもないことを考える余裕もありました。

 

話は変わりますが、弔事や慶事で家族が集まると、お互いの現状確認なんかがありますね。うちの家系には細かく各家庭の事情を掘り起こすタイプはいませんが、中には身内がものごとに干渉してくる家系もあるようですね。

 

干渉といえば転職なんかでも、様々なブロックがあるようです。

 

嫁ブロック、旦那ブロック、恋人ブロック、友達ブロック、親戚ブロック、親ブロック……

 

人材紹介をしているとそんな「○○ブロック」に遭遇するシーンがとても多いです。

 

なぜ転職ブロックされてしまうのか?

そもそも転職をするという決定を他人に揺さぶられるということは、意思が弱いということなのかもしれません。というと話が終わってしまいますが、安心してください。ブロック現象は、通常誰にでも起こり得るものです。

 

人間には本来、自己防衛本能というのがDNAに組み込まれています。

 

苦しいだろそれって思うと無条件に安全な方を選ぶ仕組みになっているわけです。本人が自分の転職をどれだけ良いと思っていても、その恋人や両親や友達の観点で見た時、理解に苦しむ決断だとしたら「とんでもねぇ!なんというリスクを!」と反対されるわけです。

 

通常ブロックされるのは当たり前だと思ったほうがいいです。では、ブロックされやすい人とはどんなタイプでしょう?

 

転職ブロックされてしまう傾向が強い人

僕の経験上、いくつかパターンがあるのかなと思いましたので、挙げてみます。

 

1:まわりとのコミュニケーションが不足している

転職ブロックされる傾向が強い方は、自分の意思決定に影響する他者(奥さんや旦那さん、両親などなど)とのコミュニケーションが煮詰まらないうちに転職活動を始める傾向があります。重大な決断に関わる事項なのに、事前相談していない。普段からのコミュニケーションが足りていないのかもしれませんね。

 

2:気が弱い

これもあるかなと思います。どうせ言ったら奥さんや彼女に怒られるかもしれない。旦那に止められるかもしれない。相手の反応が怖くて、話しを切り出すことさえしないケースです。転職活動をする勇気はあるのに、身内を説得する勇気はない。もしかしたら、相手に虐げられているのかもしれないし、恐怖心があるのかもしれません。だから余計に現状を変えたい願望が高まるのかも。
※僕も父親が全盛期の時は、恐ろしすぎて距離を置いていた時があります。

 

3:そもそも転職の動機が浅い

そもそも何故転職するのか?意思が強ければ、まわりを説得できるはずです。自分はこうなりたいし、それをするためにこの転職は必要なのだと言い切れるかどうかは重要です。内定を取るまでには企業担当を魅了できるのに、一番身近な方を説得できないのはとても残念ですね。

 

 

身内を説得できないレベルの動機なら転職しないほうが良い

僕は転職を希望する方とお会いしていますが、来られる方には「ご身内に相談されていますか?」とお聞きするようにしています。

 

場合によっては、「奥さんともっと話し合ったほうがよくないですか?」というアドバイスをすることもありますし、選考中も「奥さんに話せてます?」と聞きなおしたりします。それだけ、「重要な他者(意思決定に関わる第三者)」の存在は大切なのですね。

 

「大丈夫です。家族は応援してくれています!内定先に行きたいです」と言っていた方が、やっぱり最後になって身内に「リスクが高すぎる!」と反対されて大逆転もあったりするので、ほんと難しいのです。

 

転職を考えたら、まずは目の前の大事な人に伝える勇気を。自分の大事な人も説得できないなら良い転職なんて実現できないはずです。ご家族の問題までは解決できませんが、どう話すかくらいはアドバイスできますよ。

 

 

カノープス株式会社/青山