読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたが習慣を身につけるための7つの方法

7つの習慣 自己啓発

f:id:magokoro_agent:20170117133222j:plain

 

みなさん、読書はしていますか?

 

僕は最近、インプットが足りなかったなぁと反省して読書しています。 ジャンルはブログやマーケティング、セールス、コミュニケーションなどなどこれまでで6冊。

 

主に知人に勧められたものです。知人紹介ってやっぱ安心ですね。ハズレがないような気がします。 ちなみに読んでるのは、ほとんどが日本人の書いたものになります。

 

自己啓発本で幸せになれるのか?7つの習慣ってどうなん?

僕は洋書の翻訳版が苦手です。 苦手な理由は以下。

 

  1. 外国書籍独特の訳がどうも体質に合わない(シチュエーションが外国で実例がピンとこない。微妙なニュアンスや知らない横文字を調べているうちに疲れてしまう)
  2. 量多すぎると読んだ端から忘れてしまう。挙げ句の果てに寝てしまう(なんで洋書ってあんなにボリューム多いのだろう)
  3. 読んだだけで満足してしまい、行動に移したことがあまりない。
  4. 100ページくらいで挫折する

 

みなさんはどうですか?全ての本がそうではないですが、そんな理由で洋書の翻訳版はついつい避けてしまいます。

 

その中でもいつか読まないとなぁと思って積ん読している本があります。それは世界的ベストセラーの「7つの習慣」です。

 

僕はAmazon大好き人間なのですが、なんだか参考になるのないかなぁとこの間、Amazonランキング大賞2016を見ていました。本とKindle本とオーディブル部門(本の内容を聴けるやつ)を見ると、世の中のニーズがよくわかります。お金に関する本が結構ノミネート(そらみんなお金に興味あるよね)。

  

あとは上位でなくとも毎年何かしらノミネートしているのが「7つの習慣」。すごいですね。全世界で3,000万部も売れているそうで、日本でも2015年時点で200万部。おそらく図書館や知人や友人間の貸借りや中古販売を含めると、この数倍は読者がいるのではないかと。

 

労働生産人口が6,000万人だとすると結構な確率でビジネスマンが読んだことがあるように思います。 「シンプルな原則に沿って生きることが、人生に劇的な変化をもたらす」なんてことが書評にありましたが、これは一体どれだけの人が読んでいるのでしょうか?劇的に変化した人はいるのでしょうか?僕のまわりでいたら教えて欲しい。

 

何故習慣をつけることが難しいのか?

僕は基本的にO型でズボラな性格ですので、習慣が身に付かなくて子供の頃から両親に怒られていました。

 

歯を磨かないで寝る。顔を洗わない。うがいをしないなどなど(今はちゃんとやってますよ)。

 

そんな習慣苦手人間の僕が思う、習慣ができない理由が以下です。

 

漠然とした強迫観念だけでは習慣は生まれない

誰もが、自分に自信を持って生きたいものです。お金にも仕事にも人間関係にも悩みたくない。転職相談を受けていると、漠然とした将来への不安が悩みの源泉になっている人も多いので、こういった本が売れるのは納得です。ただ、本を読んだところで成功するわけではありません。自己啓発書の内容を咀嚼して行動に移さないと全く意味ないのです。それは読んでないのと同じ。僕も同じで、読んで行動に移すケースは極めて稀です。

 

なんで行動に移せないのか?

それは極めて簡単で、多くの人はよほど追い詰められないとやらないからだと思います。もしくは必要に駆られた時。歯を磨くようになったのも重度の虫歯になって詰め物が必要になったからだったり。仕事でも大きなイベントがないと動かなかった経験はよくあります。あと、指摘してくれる本当の意味での友人がいるかどうかも大事な気がしますね。

 

成功体験が得られない。もしくは飽きて終了

いざ始めてみても、続かないことがあります。それは何をもって成功という定義がないから。目指すものが高すぎて達成できなかったり、低すぎてすぐ満足してしまったりとか。ダイエットもそうですが、成果が見えるとご褒美のスイーツとかで台無しになったりもして、やる気を削がれた人はいないでしょうか?

 

「そのうち」自分なりの7つの習慣を持てば良いんだから慌てないでいいんじゃん?

7つの習慣でも3つの習慣でもなんでもいいと思います。なんとなくこれやってないと気持ち悪いレベルのことが一個でも増えればいいのかなと。

 

僕のまわりのすごい人に「どうしてそれができるの?」って聞くと殆どの方が「大したことしていない」といいます。例えば、ブログを毎日書く人はそれが習慣というか、やらないとその日が終わった気がしなくて気持ち悪いんだと思います。人とやたら会う人は出会いがないと気持ち悪いんだと思います。

 

要は「やって当たり前」になってはじめて習慣なのかなと。 それでも、軌道に乗せるまでには、それなりの必要性があったからなのだと思います。集客がしたい、変な駆け引きなく永続的に受注できるようなコミュニティが作りたいとか。本当に困ってどうにかしようと思った試行錯誤の上に積み上げられたものが習慣なのかなと。

 

と考えると、僕に身についた習慣ってすごい少ないなと思います。

 

それでも考えてみた「俺流7つの習慣」

このままだと締まらないので、成功もしていない僕の習慣を7つ(無理やり)、ひねり出してみました。よく見たらこれ、習慣というか習慣付けるために自分を追い込む方法ですね。まぁご参考あれ。

 

1.すごい人に助言をもらう

僕は困るとすぐその分野に詳しい友人に助言を求めます。特に厳し目の人に聞くと良いかもです。「なんでそう思ったの?」などと質問に質問返しされるので思考が高まります。結構大したことでもなかったことも気付けたり、優先順位がつけられたりします。また、本当に良い友人は頼りすぎた時にやや突き放してくれます。この人に迷惑かけているかも?という申し訳なさがさらに自学力を高めます。本を読むより効果が高いですし、中には僕のレベルを考慮して「これ読んどき」と本を紹介してくれたり。僕を助けてくれている皆さん、これからも見放さないでね。

 

2.やると宣言する

今はSNSでいくらでも個人発信ができます。フォロアーの多い人はこれをやるといいかもしれません。毎日ブログ書くぞとか。特に言い訳できない人に向けて宣言するといいですね。追い込まれます(僕は怖いので宣言事はあまりしないけど)。 

 

3.他人に繰り返し自分の考えを言ってみる

これは1と2の複合的要素があります。考えを固めつつ友人知人に語りまくります。そうすると、みんな最初はアドバイスをくれたりしますが、最後は呆れて「もう考え固まってるんだからやるだけでしょ?」と言われます。こうなったらしめたもんです。あとは動くだけです。これで動かないのはびびってるだけです(自戒を込め)。

 

4.ある程度やってみる

この間、INSTの石野さんに教えられたかん吉さんのブログの本を読んだら、ブログはひとまず3ヶ月くらい毎日やってみるといいと書いてありました。これ納得しました。何も考えずに書くのはなんですが、そこまで払った努力量を無駄にしたくないという貧乏根性は作動するはずです(あれ?このブログも去年の今頃は毎日書いてたんだけどな。。まぁペースができたということで)。

 

5.やめることを許す

何でもやってみて全てがうまくいくわけではないです。習慣は手痛い失敗を繰り返して心地よいやり方にいきつくものだと思います。ただ、失敗続きで気持ちが乗らなかったらやめてもいいと思います。つまらないこと続けてもしゃーないです。僕の友達が糖質制限と禁煙を卒糖、卒煙と言っていました。いつか元に戻れるって思えば楽じゃんということでしたが、僕はまだそこまでの境地に至っておりません。

 

6.自信のない自分を認める

僕は常に自信がありません。自信がないので、常に初心に戻って0から物事を考え直すことが多いです。上手くいかなかったら積み上げたものをクラッシュアンドビルド。それもいいんだと思います。物事はトライアンドエラーの繰り返しで磨かれていくものです。5.同様に引き返すことを悪としなければ気持ちは楽です。物事が習慣として根付いていくのはそんな簡単なことではないと思います。

 

7.フィードバックをもらう

ある程度形になってきたら、第三者に意見をもらうといいと思います。できるだけ多く。褒め言葉だけでなく、辛辣な意見をいただいたほうがいいです。続けることが目的になってはいけないと思うからです。時にはなぜこれやってるんだっけと振り返る機会を取るのがいいです。

 

最後もう苦しかったですが、習慣をつけるって大変ですし、それを何かの成功に繋げてまるっと勉強するって難易度高いと思います。でもまぁ何事もやってみないと始まらりませんし、肩の力抜いて身近なことから始めてみたらいいんじゃないかなと。

 

ではでは。

 

ちなみに、7つの習慣について少しくらい知ろうと思ったらこんなサイト出てきました。これでいいんじゃね?※この女の子達が本を読んでいるかは不明

bijodoku.com

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain

【転職が目的になってしまっている方へ】あわてないあわてない。一休み一休み。

一休み 一休さん 転職

f:id:magokoro_agent:20170112093512j:plain

 

アー アー なむさんだー

 

昔この意味がよくわからなかった青山です。今調べたら、英語でいうところのオーマイゴットということらしいです。へー。なむさんだ。

 

みなさんは一休さん好きですか?僕は小学校から帰ってくるとおやつを食べながら再放送を見るのがルーティーンでした。どっちかと言うと毎回優秀さが鼻に付く一休よりも、足利義満と一休に挟まれてあわあわしてる新右ヱ門さんのが僕は好きでした。

 

といきなり一休さんネタで始めましたが、今日はこんなおはなし。

 

積極的に動くのはいいけど情報に溺れてしまってる方多くない?

転職情報って、アンテナ張ってればネットで情報が手に入りやすいです。ネガティブな情報もポジティブな情報も溢れています。いざ転職活動を始めると、その情報に踊らされている方もいます。あれもしたい、これもいいかも、いやいややっぱブラックかも、やっぱりこれが、、、キリがありません。

 

おーい!溺れているよー

 

親身になって言っているつもりなのですが、情報が多いからこそ、信じてもらえない時もあります。マッチしていると思ってオススメしている企業様の鮮度ばっちりな一次情報も「ほんとですか?あとで調べてみます」って転○会議様にリターンされてしまったりとか。とほほ。そりゃないでござるよ一休さん。

 

「情報を比較して、良いものを選ぶ」というのは普段の買い物でも当たり前ですし、行為として正しいです。ぜひ積極的にやってほしい。ただ、動きながらあれもこれもとつまみ食いしていると消化不良を起こします。

 

準備はじっくり、動き出したら目標に向かって一気集中短期決戦

なんだかんだ2年間、若手人材の転職をお手伝いしてきましたが、これが一番なのかなと思います。まず、転職活動で書類選考が始まると、スムーズにいけば1ヶ月程度で結果が出ます。待ったなしで内定や入社日の相談が来ます。

 

これに結構驚く人も多いように思います。「あ、あ、あ、ちょっとちょっと!!」事前に方向性を決めていないがために、数社一次通過した時点であれ?ほんとにこれでいいの?ほかも、、、と迷い出す人がいます。これは良くないです。

 

迷ったら止めるならまだいいのですが、悪戯に選考範囲や数を増やすのは危険です。焦りも伴って、当初思い描いていたものと遥かに離れた会社に就職。また短期で辞めるなんて悪循環が出来上がるシーンも良く見てきました。

 

ですので、「活動まではしっかりと方向性を準備。できたら一気にアクセル」でいいと思います。もちろん、チャレンジングな領域への転職活動の場合は長期戦の可能性も出てきますが、それはそのことを事前に自覚していれば良いと思います。

 

一休だけに一休み。悩んだら一休みしてもいいんやで

焦ってはいけないです。情報を見抜く力をつけてください。求人広告はそもそも掲載規定がありますし、何歳でも受けられそうに見えますが、本当はそうでもなかったりします。未経験OKが業界未経験OKなのか職種丸ごと未経験OKなのかも見極めてください。どう考えても女性歓迎な感じの広告に男性が応募しても、、、ってところもあります。

 

あと、今の実力が市場価値としてどうなのか?やりたいことはすぐにできるのか否か?遠回りするならどんなステップを踏めばいいのか?ダメだった時、どんなオプションがあるのか?

 

こんなところも含め、相談に乗りますのでお気軽にお越しくださいね。お茶でも飲みながらのんびり話しましょう。あわてないあわてない。一休み一休みでござるよ。

 

※一休さんの画像かってに拾ってきたけどいいのかなぁ。。

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain

【石の上にも3年頑張った第二新卒の方へ】新人が持っていてほしい6つのコンピテンシー

人事評価 コンピテンシー 転職 第二新卒

3連休が終了しました。僕も日曜、月曜とお休みをいただきました。相談者様の中にはこの3連休と年末年始のお休みを組み合わせ、12連休や13連休の方もいたようですね。羨ましい!

 

転職市場もそろそろ盛り上がりそうです。僕が実際活動した昨年のデータを見るかぎり、ちょうど年明け中盤から3月くらいまでは4月の年度変わりでキリよく転職したいと相談にお越しになる方、実際転職された方が多かったようです。

 

3月末退職で4月入社の転職活動ですと、現職への退職意思表示を1ヶ月前とした時に、2月中に内定を獲得しておく必要あります。そうなると動くなら今ですね。

 

、、、と、その前にキリよく転職することっていいことなのでしょうか?

 

石の上に3年なのか?意思の上に3年なのか?

第二新卒の方ですと、「石の上にも3年と言われますし、とりあえず3年頑張りました。でも目指す方向がわかりません」という相談も多いです。

 

3年って正しいのでしょうか?転職活動では一定の評価はされやすいと思います。ただ、書類の通りやすさがあったとしても、それが転職を有利にするかというと違う気がします。

 

転職先の企業には各社ごとに人事評価の基準があります(無くても、それに近しい感覚はあるはず)。第二新卒ですと概ね多くの企業がまだ新人として見る傾向が強いと思います。書類を選考する人事さんにとって大事なのは、新人としてのコンピテンシーをちゃんと備えているか?意思をもって業務を行ってきたのか?実績は大きくなくても努力や工夫をしてきたのか?ということです。

 

コンピテンシーって?新人にもとめられる6つのコンピテンシー

コンピテンシーって能力のように捉えておいてください。これって明確なものがないのですが、昨年公私ともに仲良くさせていただいている人事さんに勧められてよんだ本にこのように書いてありました。

 

1.誠実な対応
・謙虚な振る舞いができるか?相手にストレスを与えないか?
・素直に反省し、謝り、改めることができるか?
・感謝する。お礼を言う事ができるか?

NG:謝らない。反省できない。与えてもらう事が当たり前だと思っている。

 

2.ルール遵守
・約束時間を守り、信頼を得ている
・ルールと規則を守る。不正をしない。させない。
・引き受けた仕事を最後までやりきる

NG:約束を守らない。仕事を途中で投げ出す傾向がある

 

3.マナー意識
・社会人としてのマナーを身につけ、実践している
・清潔感があり、明るく印象が良い
・笑顔を絶やさず安心感がある

NG:不潔。無愛想

 

4.チームワーク
・周囲に積極的に協力する
・人の意見を取り入れ、協調できる
・自分の得た情報をチームメンバーに共有できる

NG:自分勝手、わがまま、協調性に欠ける

 

5.共感力
・他者の気持ちに寄り添える
・他者の異変に気づける
・相手を受け止められる

NG:相手を拒絶する。相手の立場を考慮しない

 

6.伝達力
・わかりやすい言葉で相手に物事をつたえられる
・要点をまとめ、わかりやすい文章を作ることができる
・場にふさわしい伝達方法を知っている

NG:何を言っているのかわからない。聞いても明確な回答がない。重要事項を非常に簡素なメールで送ってくるなど。

 

なんだか、普通じゃんそれ!って思うと思いますが、意外にできてないところ多くないですか?特に1の誠実な対応、4のチームワーク、6の伝達力については新人どころか30代や40代の方でも「あれ?」って思う時があったりします。今一度ご自身がこの6つのコンピテンシーを身につけられているか考えてみてください。

 

なんとなくの3年は評価されづらい?

この6つを見ていると「ただなんとなく3年耐えてきました」だけは評価されにくい気がしますね。新人が持つべきコンピテンシーを可視化していない、あっても形骸化していて新人の指導に使っていない企業だってあるでしょうし、全てが貴方のせいではありません。

 

足りないものは次でも課題にして解決すればいいですし、自分の苦手な部分だと認識できていれば良いのだと思います。

 

転職に必要な条件はもちろんこのコンピテンシーだけではありませんが、自分を可視化するためにも、ひとつの指標にしてみてはいかがでしょうか?

 

参考図書

人事の超プロが明かす評価基準 (単行本)   西尾 太著

 

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain

2017年は舌を毒に染める?相手を目の前にして欠点を言うのも良いキャリコンだと思います

転職 キャリア キャリコン

おはようございます。連休最終日の昨日は友人と山梨に釣り始めに行ってました。まさかの氷点下スタートで足元ガクブルでしたが、爽快な気分でした。

 

弊社は今日が仕事始めです。初日からお仕事入らなかったらどうしようかと毎回長期連休前はヒヤヒヤしますが、良いスタートができそうです。皆様におかれましてもあと2日で3連休です。頑張りましょう。

 

さて、タイトルの件、目くそ鼻くそという話がありますし、僕は相手の欠点を面と向かって言うのは苦手です(相手に言っていることが往々にして僕の欠点だったりするので)。

 

仕事になるとさらに顕著で「ああ、これ言ってしまったらせっかくの相談者が離れていってしまうのではないか」とバイアスがかかって言えない時もありますが、最近はちゃんと言ってあげようと心がけています。それも真心エージェントの使命であります。

 

人には目的と意思と夢がある(あってほしい)

僕は20代の若手人材を中心にお会いしていますが、さすがに人材紹介業はじめて1000人以上の人材とお会いしていますので、選考における傾向と対策は頭の中にあります。もっとぶっちゃけてしまうと、第二新卒層だけに絞ってみれば、僕のセレクトした企業を僕の言う通りに受けてくれれば勝敗50%以上で決まります(と思う)。それが成立しないのは、当然ながら人それぞれに意思があるからです。

 

「エンジニアやりなよ。多分決まるからさ」

 

と言ったところで本当にエンジニアやりたい人でないと成立しません。相手にはこれをやりたいという意思や目的や夢があるからです。それがその方の現状とかけ離れた突飛なものでなければ、後はそれが今実現可能かどうか、実現がすぐには無理でもどうすれば近道なのかを一緒に考えればいいだけですし、企業様に推薦できればそれを行う。これが僕の相談者に対する本来の仕事なのだと思います。

 

これはキャリア相談の話ですが、過去にはもっと色んな相談がありました。

 

「沖縄に移住したい」

 

はい。こういう相談もたまーに来ます。仕事について不安だから相談に来たのかなと思って話を聞いていましたが、どうもその辺りもちゃんと予測を立てている。第三者意見が欲しかっただけみたいでしたね。

 

意思も目的も夢も他人任せな人にははっきり申し上げます

いきなり沖縄移住の相談のお話を書きました(これほんとの話ですよ)。僕は不動産屋でも旅行会社でもないですし、沖縄については一回も行ったことがありません(そろそろ行きたい)。果たしてこの方が何故僕のところに来たのかは謎ですが、話してみるとしっかりした軸を持たれていましたし、どうぞ臆することなく行ってきなはれです。例としてはちょっと微妙ですが、この方には沖縄に移住したいという意思も目的も夢もあったわけです。問題は意思も目的も夢も他人任せな人です。

 

会社が嫌です。残業が嫌です。上司が嫌です。同僚が嫌です。先輩が嫌です。給料が低いです。商品が魅力的ではありません。会社の経営方針が嫌です。会社の将来性が不安です。お客様を騙しているみたいです。

 

おお、並べてみると呪詛のようですね。まぁ人間大なり小なり心に一つ二つ不満や不安抱えていますので、愚痴はいくらでも聞けますし、何が向いているのかわからない。どうするばいいかわからない。何が良いのかわからない。これは望むならば僕も何度も一緒に考えます。ですが、出てくる言葉が「安定したい」「失敗したくない」から一向に変わらないのであれば、転職はしないほうが良いと思います。目的がない転職はまさに自分が一番したいくない「失敗」をするからです。

 

以前もそういうお話をしました。若くして2回目の転職に悩む方でした。転職して数ヶ月。あまりに短い期間での再転職希望でしたので一度は止めたのですが、やっぱりと再度相談にいらっしゃいました。それで選考を受けることになったのですが、いざ一歩物事が進むと、今の会社が忙しいから面接に行けるかわからないなど都度気持ちがぶれていくのがわかりました。本気なら仕事なんてどうにも都合つけて面接に行くものだと思います。

 

最初に希望の数社の書類が落ちたからかもしれません。でも、早期再転職はかなり不利と最初にお話したことですし、書類が落ちてしまうのなんて最初からわかってた事です。僕から向いているのではないかと提示した企業についても労働環境とネットの情報の真偽確認ばかり。

 

環境を与えて欲しいという他力本願な気持ちと失敗したくないという気持ちに支配されていて、完全に夢も目的も失っていました。今の会社を辞めたい理由も以前の会社を辞めた理由も言い方は違ってましたが、蓋を空ければ本質は変わっていません。この状況で次の歴を刻めば、立派なジョブホッパーの出来上がりです。

 

なので、以前某人事さんがお話していた絶対採用したくない人物特徴も添えて「やっぱり転職やめたほうがいいよ」と伝えました。

 

採用したくない人

1.目標を持っていない。言語化できていないまでも持っていてほしい焦燥感もない。

2.持ち場で戦ったことがない。やりきって選択していないので年代ごとに標準で身につけているべきコンピテンシーが身についていない(どの会社にいっても初心者スタート)。

3.「答え」を人に求める傾向が強い(環境依存、他人依存)。

4.経験を買いにいくというポジティブさがない。

 

結構これ聞いてショックだったと思いますし、嫌な気分だったと思います。でも全部自分のことだと反省しておられました。

 

同時にこれ、僕も相当言うの嫌でした。聞いて絶対気分悪いとわかって言ってますし。でも、これで奮起してくれるのならばそれで良いですし、嫌われるならそれはそれで良いと思います。

 

大事なことをちゃんと伝えてあげる大人ってあまりいないのかなと思います。それも真心なのだと思いますので、今年は相手に良い毒なら吐いていこうと思います。

 

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain 

2017年の抱負

新年のご挨拶

f:id:magokoro_agent:20170103130627j:plain

明けましておめでとうございます。

 

年末年始は実家でのんびりしてきました。抑えたつもりですが、何かと美味しそうな食べ物のトラップが仕掛けてある実家。知らず知らずにつまんでいたので、恐る恐る体重計に乗ったら、500gオーバーくらいだったので一安心です。

 

昨年後半から体重だけでなく業績もちょっと下降気味でしたので、今年は初心にかえって当たり前のことをやりたいと思います。

 

今年は仕事に没頭する年にします(当たり前!当たり前なんだけど言っておこう)

昨年最終週はかなり余裕がありましたので、改めて2016年の分析をしました。

 

仕事

定量的なデータはすぐ出せました。色んな視点で見ましたが、一部切り出すと1年で忙しいのはやはり3-4月で会社の業績の40%近くのリードを取得していたのは改めて驚きでした(夏にややサボったので際立ってるだけかも)。春先に転職検討する方ってやっぱり多いんですね。

後は営業らしい営業数が少ないなという点。もう少し頑張って取引先を増やしたいところです(営業させてください)。

定性的なデータはすごく分析がしづらいですね。色々振り返ると後半不調の原因は結局僕の気持ちに起因するところもあったりしたなぁという感想。割と不安症ですので、まわりの人に助力をいただくことが多かったのですが、頼ることに慣れてしまっていて、一体何が最初やりたかったのかを見失っていたなと思います。すごく簡単にまとめてしまいますが、自分で汗かいて手に入れたものがやはり一番価値があるなぁという印象。今年は下手でも自分の力で仕事をやりきったなという感想で終わりたいなと思います。

 

宴席

2015年多かったなぁと思ってたんですが、さらに増加していました。76回。。。あれ?週1-2回だと思うと少ないか(お酒超弱くなりました。ビール5杯限界)。

 

趣味

釣り。6月くらいから本格化して合計24回の釣行。息抜きも必要ですが、月に1-2回をじっくり楽しむようにしたいと思います(船釣りたまらん)。

 

お休み

何もアポのない真性の休みは85日。ただ、1日1件のアポなどの営業稼働日も多かったので、労働時間換算すると、普通のサラリーマンと同じくらいの休みはとっていたのかなと思います。今年は効率の良いお休みの取り方、まとめて取って旅行いくとかメリハリある質の良い休み方をしたいなと思います(沖縄くらいそろそろ行っても怒られないよね?)。

 

健康

グルテンフリーとジムでかなり解消されたので、無理のないように、体に良いことは続けてみようと思います(痩せた?って言われた時の女子的な喜びがたまらん)。

 

ブログ

3月までは忙しかったわりにウィークデイ毎日書いてたんですね。すごい。最後は月4本程度まで落ち込みましたが、数でなくてなるべく質の良いものを書いていければと思っています(ネタは毎回悩むけど)。

 

後は神頼み?

商売繁盛とかそういう願掛けってあまりする余裕がなかったのが去年まで。神様がいるかどうかって僕は知らないですが、少し信じて気持ちが進むのならいいのかなと思って、今年は商売繁盛のお札まで購入してきました。欲張って繁盛までしなくてもいいですので、健やかに1年を過ごしたいですね。

 

今年もどんな方と出会えるのか、どんな転職をご支援できるのか楽しみです。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 

カノープス株式会社/青山

f:id:magokoro_agent:20160816115150p:plain