穴の空いたバケツに水を入れるとどうなる?

f:id:magokoro_agent:20180731184437j:plain

穴の空いたバケツに水を入れるとどうなるか?

 

水はただ流れ落ち、溜まることは決してない。誰でも知っていること。

 

採用もそうで、人(水)を採用してもバケツ(組織)に穴があれば決して潤うことはない。

 

知識ノウハウ、経験、継承、、全て流れ落ちて水の泡。

 

対策は穴を埋めればいいだけなんだけど、それが物凄く難しく、会社組織にとって永遠のテーマでもあると思う。

 

弊社は退職率XX%です。退職率はどれくらいですか?

 

低ければ低いほうがいいけど絶対に潜在転職者層はいるし、いま輝いている彼や彼女が辞める日は来る。

 

人気企業だって辞めていく人は少なからずいる。全ての人にとって幸福な組織を作ることは難しいってことだと思う。GoogleAppleだって人は辞める。

 

企業が行うビジネスはどんなに目新しくても、かっこよくても、社会性があったとしても、時代とともに競合が生まれ、マーケットにおいて標準化、そして陳腐化し、衰退していく。

 

だから企業は時代に合わせて新しいビジネスを考えたり、既存事業を売却したり、買収したり、事業方針を変更したりする。生き残る為だ。

 

なかには活路を見出せず、古いビジネスモデルに古いマネジメントを続けざるをえない会社だってある。

  

いずれも変化や無理が生じる。そうしたら何かしらの衝突は起きる。

 

社員だって生きているのだから気持ちは変わる。本人も成長して目指すものが変わるし、不安も募れば離れていく。人生のフェーズで選択するものも変わる。

 

バンドマンが解散する理由の音楽性の違いみたいなものだろう。前向きなものもあれば後ろ向きなものもある。

 

バンドはメンバーが抜けたら解散したり新メンバーを加入させたりする。

 

中にはもめてずるずると泥試合を続けることもある。

 

僕は昔弟から勧められて知ったスマッシング・パンプキンズというバンドが好きだったのだけど、もうこのバンドは泥試合だ。もういいから握手してハグして帳消しでいいじゃんめんどくせぇなと見てて思うが、色々難しいんだろう。

 

話が逸れたけど、人口が減少していくこれからの時代において、水を入れ続けること、つまり「人が辞めたから代わりを採用する」は一つの手段でしかない。

  

僕は人材紹介という採用のごく一部の仕事を生業としていて、ビジネス的には人を採用してもらえるように頭を捻りがちなのどけど、採用がうまくいっていないクライアントの課題は、実のところ「採用ができない」でなく「組織」だったりする。マーケティングでいうドリルと穴の話みたいなものだ。

 

企業側もそれは気づいている。でも、なかなか手をつけられない。やってもうまくいかない。

 

しんどいからだ。組織の問題解決は採用の数万倍きつい。

 

生まれたてのベンチャーだったら、思いを一つにするのは容易いかもしれないが、歴史の長い企業、社員の数が多いほど難しい。

 

ソーシャルメディアでは「今時そんな組織?ルール?慣習?」的な言及もよく見かけるし、組織改革が成功しそうなツールや美談が沢山流れてくる。そしてそれらはどれも眩しく正しい。

 

ただ、ポジティブな美談の裏には生々しくおびただしい数の屍や失敗があるはずだ。綺麗な上澄みだけなわけない。ツールはただのツールである。

 

イケてるどこかの会社の手法は自社にそのまま移植なんてできっこない。大事なのはその前段にある組織課題の究明や課題設定という根本部分だ。

 

これは自社が向き合わなければいけない。 

 

はじめるならまずは一番痛いところから検査しないといけない。症状に合わせて治していくしかない。

 

ただ、どんなに自社に絶望したとしても勇気は出して欲しいと思う。組織の問題はほぼ全ての企業が抱えていて、おそらく間違いないのは経営側だけがやることでもなく、人事が孤軍奮闘するものでもなく、経営社員全員がスクラム組んでやらないといけないということ。そして途方もなく長くゴールのない取り組みだということ。

 

諦めたらそこで試合終了ってやつだと思います。

 

オチはないです。

 

カノープス青山 

親がなくとも子は育ちますか?

f:id:magokoro_agent:20180731165246j:plain

 

古臭い考えかもしれないけど急に書きたくなったので書いておこうと思う。

 

親になると決めた人はその子がこうなるかもしれないという未来も含めた自分「達」のキャリアを形成していく努力を惜しんではいけないと思う。

 

よく結婚を機にとか、子供の出産を機に転職という相談がある。

 

気持ちが痛いほどわかる。たぶんみんなベクトルは同じだ。家族を幸せにしたいからだ。

 

ただ、これは転職先にとっては論点が違うので気をつけないといけない。

 

貴方が伴侶を持つことや子を授かることはとても喜ばしいことだけど、転職先は貴方が戦力として仲間として最適かを見ているからだ。一時期の情緒で安易な選択をせず、思考を深めないといけない。

 

ワークとライフをしっかり融合して話せている人は何人いるだろうか?

 

過去から現在までの人生に未来を継ぎ足した時に、どんな姿を思い浮かべるだろうか?

 

豊かで実りがあり家族が満足して幸せな生活を送っている姿は誰もが望んでいるはずだと思う。

 

ただ、思考はそこで止まってはいけないのだ。

 

その幸せを実現するためにこれまでのキャリアを活かし何を伸ばしていくのか?世の中の産業や職業をどれくらい知っているか?今後どんな産業や仕事が伸びていくのか?どの産業に身を置きたいのか?今は時間や心に負担をかけてでも経験に投資したいのか?さしあたっての所得や時間を確保したいのか?そんな自分に誇りを持てるのか?

 

手元だけなくて、ずっと遠く。いろんなことを考えて未来を進んでいかないといけない。時と場合によっては何かを得て何かを失うトレードオフをしなければいけない時もあるはずだ。様々な選択肢がある中で転職が手段だと信じられるなら動けばいいと思う。

 

相談を受けていると、意外にも定年退職して年金と退職金もらって寿命までは余生を楽しんでって昭和すごろくゲームみたいな幻想に囚われている人が多かったりする。

 

お恥ずかしながら僕もそうだ。そうだったとは言わない。今もその幻想に囚われている。そういうのが目の前で消滅したのを目撃した最初の世代だからだ。いつもはもっと辛い未来になるからと相談者に話しているくせに、許してほしい。昭和すごろくは幻想であるという前提で人生を設計してほしい。

 

最近、僕を含めた今の40代は生涯幸せになれないというようなくだりを同世代の山本一郎さんが何かのブログで書いていて悲しくなったことを覚えている。上記も含め図星だと思ったからだ(彼は幸せかもしれないが)。

 

だからこんな愚痴っぽいことをたまに書いて憂さ晴らしをしている。


話を戻すが、子を二人持つ僕は決して良い父親ではなかった(今もだ)。でも心が優しく正義感の強い人間に育ってきていると思う。

 

だが、それだけだ。

 

もっと家族のために戦略性を持ってキャリアを選ぶべきだったと思っている。そしてまだ間に合うならそうしたいと願っている。

 

だから、「親がなくとも子は育つ」は正しいと思うし、同時にベストではないことも知っている。

 

子供には自分の頭で考えて選択させる機会を何度も与えたほうがいい。
決めたことを早々に諦めない耐性とプライドを養ってあげたほうがいい。
子が選んだ機会を進めるように支援できるバックグラウンドを持てたほうがいい。

 

生き方はひとつではないし、多様性が広がっている。だから結婚して子を持つことが人生の正解ではない。子供が欲しくても持てなかった友人も周りにたくさんいる。いろんな生き方があるので、どれも否定しないし、それぞれが素晴らしい。

 

ただ、子を持つと決めた、いや子を授かったご家庭や小さいお子様をお持ちの方は何か気づけるものがあれば拾っていってほしい。

 

いろいろ自戒を込めて。

 

カノープス青山

組織や雇用は愛情なのかなと思うのです。

f:id:magokoro_agent:20180528104009j:image

週末、久しぶりにディズニーシーに行ってきました。前回行ったのは今は亡き母が健在の頃で、子供の記憶も曖昧だったのでかなりの時間が経過してるんではないかと思います。あ、でもランドは行ったか?僕の記憶も曖昧です。

 

子供がとにかく元気で歩きまくりました。帰宅後iPhoneのヘルスケアアプリ見たら普段の活動量の2.5倍でした(そら疲れるわ)。最近公私ともに老いを感じるなぁ。そろそろ人が欲しい。このブログで書くの何回目だろう?

 

採用の根拠と起源てなんだ?

私のような個人経営をやっている人間が、はじめての人を採用する時ってどんな理由があるのでしょう?

 

  • 業務量が捌けない領域に至った。
  • 一人でできることに限界を感じている。
  • 組織の永続発展に限界を感じている。
  • お客様(相談者様、企業様)の要望にもっと答えたい。
  • 売上をあげたい。
  • そろそろ寂しい。

 

とか。理由はたくさんあると思いますが、僕の場合は上記全部かなと思います。

 

今は良いのです。一人の責任ですし、この仕事は贅沢をしなければ一人でやる分にはなんとか食べていけます。でもそれには必ず限りが出てくるだろうと思い出しました。

 

現時点でも相談者様の多様な要望に答えるにも自分の形成できるクライアント数やその関係作りに割けるリソースが足りない。クライアントの要望を細やかにキャッチアップできるリソースが足りない。

 

また、多くの支援をするには綺麗事抜きに資金は必要です。

 

なぜこんな仕事をしている僕が採用に逃げ腰なのか?

僕はこれまで15年間、人材業界に携わっています。地場産業から上場企業まで、従業員も5名以下から1000人を超える企業まで様々な組織を見てきました。

 

その多くの経験が意思決定を邪魔しているのかもしれません。

 

人材の仕事は企業と人の良いところ・悪いところ、お互いにとっての幸せとは何かを複雑な流れをかいくぐってご縁に繋ぐ仕事ですが、良いものも悪いものも多く見てきました。

 

今はそんなお客様はおりませんが、かつては人を資源のように取り扱う会社や辞める前提、社員とは裏切るものであるという性悪説を目の当たりにすることもありました。

 

「君の意思なんて関係ないからとにかく人をよこせばいい」

「社員なんてどうせ辞めるんだから、コストをかける必要なんてない」

 

すごく衝撃を受けたことがあります。人材紹介業は人売りだと揶揄されることもある仕事ですが(そんなこと一切思ってないですよ)、そんな僕でさえも眉をしかめるような会社はあるのです。もちろん紹介なんてできなかったですが、そういう会社もあるということもこの仕事をして理解しました。

 

紹介した人材が転職先であるクライアントに多大なご迷惑をかけたこともあります。見抜けなかったのです。その人が持つ悪性の強い部分や嘘を。また、面接時と入社後での大きなギャップも感じることは多いです。人一人ひとりの価値観を見抜くことは奇跡的確率であり、未だマッチングにはストレスを感じながら行っています。

 

多分、僕が人を採用できないのは、こういう風に自分が社員を見るようになったらどうしよう?責任とれるのだろうか?社員に裏切られたらどうしよう?「怖い」とどこかで思ってしまうからだと思います。

 

良い会社って何だろう?

一方でとてもうまくいくケースもあります。良い会社の特徴って何だろうなと最近よく考えます。

 

価値観は様々ですので最適解なんて無いと思いますが、僕が見ていて良い会社だなと思うのは、お給料などの衛生要因を抜きとすると、気持ちの部分が多いように思います。

 

すごく曖昧なのですが、愛情や感謝や尊敬などの言葉に代表される極めて定性的なものなのかと思います。

 

良いと思う会社は経営者が本当に従業員を仲間として家族として考えていますし、社員同士もリスペクトをしあっていて、仕事上のミスや悩みなどに向き合うことに逃げていないように思います。どことは言いませんが、そういう会社は増えてきていると思います。いまはまだ理想に届いていなくても努力しているのがとてもわかる会社も沢山あります。

 

それが自分でも作ることができるだろうか?まだ自信がないのかもしれませんね。

 

愛情や感謝、尊敬は家族でも会社でも同じだと思う。

ここでディズニーの話に無理やり戻りますが、昨日は子供と思う存分歩きました。昔の僕ならできなかったと思います。昔は待つのが大嫌いで、待ち時間90分とかダメでしたし、顔に出ていました。でも昨日は全くそんな感情が湧きませんでした。子供が思うようにやりたいようにしてあげたいと思ってました。途中少し寝たけど。

 

僕は起業前後含めて多分ですが、6年間くらい家族に向き合ってきませんでした。いや、向き合ってるふりをしていたと言ったほうが正しいです。

 

ここ6年の僕はこんなでした。

 

それなりの会社を辞めてしまう。どこかの会社で部長になったと浮き足立ったと思えば、自分で会社をやりたいと言い出す。資本金が必要だからと将来の子供達のためにと蓄えていたお金を持ち出す。お給料はでないと言う。

 

多感な年齢の子供を見ていた家内からしてみたら最悪の夫だったはずです。娘や息子からしたら土日もいない、平日も毎晩遅くて信頼関係を作れる相手ではなかったはずです。でもよく何も言わず我慢してくれたと思います。

 

最近になってようやくです。家族との時間を埋め合わせしたいと小さい旅行に行こうとか、ディズニーに付き合ったりとか気持ちが出てきたのは。でも、これはこれで息子は中二、娘は高三とそれなりの大人になっているからすんなりいかない。家族揃ってがどうしてもできない。姉と弟で罵り合う、未だに見ていてイライラすることもありますが、これは家族のことを僕が理解することをサボっていたからです。

 

少しだけ距離が縮まったかもしれないなと思っていますが、どうなんでしょうね?まだ足りません。家族が言い合いしていると自室にこもる弱い僕もいます。もっともっと向き合わないとダメだなと思っています。

 

とうちの家族の話になりましたが、これって会社組織も同じだと思うのです。家族という最小単位でさえもわかりあうのにこれだけ苦労するのです。そして構成員には意思や感情があります。会社組織はこれが他人の集団なのです。コンフリクトするのが当たりまえで、それを前提としてお互いを理解しあわなくてはなりません。

 

それを乗り越えられるのって愛情しかないんじゃないでしょうかね。そんな気がしています。

 

僕が一人目に迎え入れるとしたら、そんな風に社員のことを考えていこうと思っています(そろそろ次に進まないとね)。 

 

カノープス株式会社/青山

転職ご希望の方へ - 「はたらくを喜びにする」人材紹介のカノープス株式会社

f:id:magokoro_agent:20160816114959p:plain

今日から就職転職する方へ

f:id:magokoro_agent:20180402115305p:plain

最高気温23℃ 風速1-3m 大潮

 

すごく良い天気ですね。べた凪で釣りには最高の潮回り…でなくて新社会人の皆様おめでとうございます。

 

今日から転職して新たな生活をスタートする方々もおめでとうございます。

新生活には良い日和ではないでしょうか?

 

今日は転職支援をしている立場からいろいろ好き勝手に書いてみたいと思います(去年も書きましたが)。

 

選択したのは自分なのだから一定までやり抜いてほしい

新卒入社であれば、思う通りの企業に入れた方もいればそうではない人もいるでしょう。

 

思い通りの会社でなくても、自分の選択したその道をたやすく断念しないでほしいなと思いますし、まずは目の前のことに没頭してほしいです。

 

正直社会人はつらいです。そのうち

 

  • 会社の業績が悪い
  • サービスがいけてない
  • 給与が低すぎる
  • 残業が多くて嫌だ
  • 上司が嫌い
  • 先輩が嫌い

 

こんな気持ちに陥るかもしれません。ただ、これで逃げ出して欲しくないのです。中途半端な状態で「転職」などに逃げて欲しくない。

 

キャリアとしての目的が定まっていないのに転職に最適解を求めようとしてもろくなことになりません。今の会社が納得のいく就職でなかったとしてもです。

 

仮に転職活動に中途半端な状態で臨むと面接官は即座に見抜きます。

 

「? 今の会社選んだのはあなたのセンスと意思でしょ? で? 辞めてまで何がしたいの? 何ができるの?」

 

転職することは当たり前になってきたけど、、

転職する方はとても増えてきました。エージェントも求人広告も身近にありますから、何かあったら転職という考えに及ぶのはわかります。

 

一旦、転職するときは受け入れ側の気持ちになってみましょう。転職先ではあなたのこれまでの経験と実力や視座の高さや意欲、目標などを見ています。

 

  • 社会人としての素養・マナーがしっかりしているか?
  • これまでの経験や実績が自社で再現できそうか?
  • 組織のため、社会のためにという視座が備わっているか?
  • 圧倒的な当事者意識があるか?
  • 他責でないか?環境に依存するタイプではないか?
  • 大学まででて入社した会社を辞める相応の理由=目標が腹落ちできるか?
  • 信頼できる人物か?

 

どうでしょう?こういうことを見られているということです。

となれば、これを今から意識していけばいいのではないでしょうか?

 

どれくらい頑張ればいいのか?努力量を今の会社でどれくらい払うのかは人それぞれです(毎年転職するのはどうかと思うけど)。

 

石の上にも3年とはよくいいますが、できるならば「意思の上に3年」で過ごしたいですね。

 

どんなに辛くても上の転職時に見られている項目を突き詰めれば市場価値は自然と上がると思いますよ。


中途組のみなさんも同様です。転職すると業務実績が思ったより出せない、カルチャーや人間関係などの部分が合わないなどの悩みもでてきますが、みんなそうです。フィットするのに1年はかかると思って腰を据えていきましょう。

 

何はともあれ、おめでとうございます。いっぱい悩んでいっぱい苦労して成長してください。あと、仲間と健康は大切に。

 

カノープス株式会社/青山

転職ご希望の方へ - 「はたらくを喜びにする」人材紹介のカノープス株式会社

f:id:magokoro_agent:20160816114959p:plain

面接時の質問って何を聞けばいいのかという疑問について

f:id:magokoro_agent:20180323141532p:plain

珍しく2連続投稿です。これからも気まぐれに書いていきますよ。

 

面接をすると大体の場合において、「何か質問はありますか?」「心配なことありますか?」「聞きたい事があったらいってくださいね」

 

など面接官から逆質問を投げかけられることがあります。これって何を聞けばいいですか?という方もおられるので、僕なりの答えを書いてみようと思います。

 

興味がある会社なんだから質問があって当たり前である

何を聞けばいいのか?そもそもこう思ってしまう時点で自分を見つめ直しましょう。だって入りたい、あるいは興味のある会社のはずです。聞きたい事は山ほどあるはずです。

 

会社がどんな方向性を向いているのか?

どこを目指していていまどんな段階なのか?

会社の今の課題は何なのか?

サービスについて、収益モデル、配属チームの課題

 

などなど、、

自分が入社して実際に業務を行うつもりでシミュレートしてみてください。職務遂行上何がどうなっているのかな?などの疑問は出てくるはずです。

 

良い質問のポイント

質問でポイント稼げとは言いませんが、良い質問は面接官に良い印象を与えます。大事なのはそこで仕事をする自分を想像できているかです。

 

さらに良い質問は「裏が取れている質問」です。

 

例えば、営業として面接を受けていればその会社の競合やマーケットシェア、競争優位性があるか?販売方法に差がありそうか?収益モデルと実際の利益率、それが営業組織、個々の目標にどうフィードバックされているのか?それに対して自分の今の力がどう活かせそうか?組織やサービス、販売手法に課題があるのであれば、自分が入ることでどんな解決ができそうか?

 

山ほど出てきますよね?ただ、これらを数度、数時間の面接で全て聞き出せるわけでもありません。ですので裏を取る(事前に調べる)のです。

 

競合やマーケットシェア、販売方法や収益モデルなどは事前に既出のホームページやプレスリリースや求人情報や広報情報などで調べることができます。そこからその会社の置かれている現状を想像してみるわけです。

 

もちろんエージェントを使う場合はエージェントが詳しい場合もありますが、面接における当事者は自分です。やはり自分で調べて考えて見るという行為自体はとても大事です。

 

こうすれば質問もキレ味抜群になります。

 

「御社のXXというサービスはXX年のローンチ以来かなりのユーザーが増えていると思います。ただ、目下気になるところはライバルであるB社の存在。同社のHPではマーケットシェアXX%という記載がありました。これに対しての今後の対応策などお聞かせいただけますか?」

 

この質問が良いかどうかわかりませんし、コンフィデンシャルな内容だと答えてくれないかもですが、良く調べてきていることはわかります。

 

質問に追質問もありえる

裏を取るということにはさらに先があります。例えば上記

 

「御社のXXというサービスはXX年のローンチ以来かなりのユーザーが増えていると思います。ただ、目下気になるところはライバルであるB社の存在。同社のHPではマーケットシェアXX%という記載がありました。これに対しての今後の対応策などお聞かせいただけますか?」

 

という回答に対して、面接官がこう切り返してきたらどうしますか?

 

「よく調べられていますね。おっしゃるとおりB社のXXというサービスは目下我々がベンチマークしているライバル製品になります。マーケットシェアもB社のXX%という点は事実で、弊社はやや遅れを取る形のXX%で推移しています。この点に対しての対策ももちろん持っていますが、貴方様でしたらどう考えますか?」

 

良い質問をしたつもりが、最後の最後で質問返しされました。まぁここまでしてくるケースは稀ですが、ここで具体的なアイデアなどを(多少間違っていてもいいと思う)話せたら面接官としては高評価です。

 

質問は面接における良質なコミュニケーション方法である

まとめると

  1. 自分がその場に身を置いて、働くことをシミュレートする(できれば1日単位、週単位、月単位、年単位、3年年後、5年後など、自分がそこで成長していくシーンも含めて)。妄想だっていいので、当事者になってみることです。
  2. わからないことを事前に調べる、事前にわかったこと想像がたやすいものは省いて、本当に仕事を進める上で大事だと思う要素をピックアップする。
  3. 事前に調べた上でわからないことがあることを質問し、その回答に対して自分が何をできそうかも仮説をたてておく。

ここまでやる必要はないかもしれませんが、これだけやればこの方は入社するつもりの真剣さで面接に来ているんだなというのは伝わります。


面接は内定が出るまでは企業側が選ぶ立場ではありますが、面接を受ける側にも自分が働くべき場所であるかどうかを知る権利はあります。当たり前のことですので、このような前向きな質問はどんどんしましょう。

 

できれば聞かない方が良い質問

上記ができていれば、質問無双です。時間や場の空気感もありますが(悲しいかな質問以前に見切られてしまっている場合も、、)困ることはありませんし堂々と過ごせます。

 

これができていないとこんな質問をしたりするようになります。

  • 御社の社風は?
  • 残業などは多いですか?
  • 1日の仕事の流れを教えてください。

正直面接官としてはずっこけ質問です。知りたいのはわかるけど、「今そこー?」って感じになると思います。


こういうのは内定が出てからのオファー面談時に人事さんに改めて聞いてみたり、社員面談をお願いしてください。


先にも書きましたが、内定が出るまでは企業と応募者は完全イーブンではありません。環境や待遇はあとからゆっくり聞けばいいですし、実際それでちょっとちがうと思えば辞退すれば良いだけの話です。序盤から環境や待遇など権利の話ばかりしたり、HPや求人票で想像がたやすい質問ばかりしていては正直マイナスです。

 

面接にビビらないこと(まぁしょうがないけど)


といいつつ、いざ面接となると僕だって嫌です。だって合否が先にあるわけですし。
人はダメとか否定されるのは基本的に嫌です。そうできています。

 

これは就職活動などの影響かもしれませんが、面接でうまく話す方法や落ちないようにとか、そういう暗黙的な何かにとらわれて、大事なことを見失っている方が多いように思います。

 

目的はその会社でやりたいことを実現することなのですから、そのつもりで考えればやることは明白なはずです。どうしても質問が出てこない、仕事の想像がつかないということであれば、それはその会社に本当は興味がないか、想像できるだけの経験値に至っていないということなのかもしれませんね。受けるべきか考え直してみても良いかもしれません。

 

 カノープス株式会社/青山