夏休みが急に有給休暇になった?これって大丈夫?

f:id:magokoro_agent:20190816124822p:plain

昨日で夏休みが終わった方も多いのではないでしょうか?途中台風が来てしまったのは残念でしたね。

 

弊社は個人経営ですので夏休みなど特にルールは決まっていませんが、みなさんの会社の夏休みはどのようなルールになっていますか?

 

先日「転職した会社が夏休みを有給扱いにするって言い出したんです。前の会社ではそんなことはなかった。おかしくないですか?」という愚痴をこぼされました。

 

細かな背景を抜きにすると法的には問題ないと思われます。

 

夏季休暇は労働基準法において会社に義務付けられた休みではありません。夏季休暇をつけるかつけないかは会社の自由です。

 

もうひとつの要素である有給休暇というのは本人が申請し取得するもので、強制的に会社から取らせるものではありません。

 

ただ、もともとあった休暇制度が突然なくなった上に自発的に有給休暇を使って…となると当然あった権利がすり替えられたような騙されたような気持ちになるのはわかります。

 

今回の件の背景には4月からの有給取得義務化があるのかなと思うのですが(年10日以上の有休があるすべての労働者に企業側は最低5日の有休を消化させなければいけない)、企業側も就業規則や制度の切り替えは当然しているでしょうし、それなりの発信もあったはずです。人事もその辺は抜かりないはず。

 

法律に乗っ取っていれば会社の決め事は正義であり、雇われているのだからルールには従うしかありません。今回のようなケースの場合、会社側からの発信が従業員の心情を配慮していなかったとか、実態として有給が取れない暗黙知があったりするとよくないのですが…。

 

日本では歴史の長い会社ほど積み上げられた規則や制度がありますし、大手になるほど充実しているケースが多いです。

 

もちろんベンチャーやミドルクラスの企業でも制度がしっかりしている企業もありますが、転職する時は単に仕事や給料や文化だけでなく、制度や規則で何が変わるのか?今回の夏季休暇などのように何が変わるのか?など事前に確認しておきたいところです。世の中の全ての会社が同じ規則で動いているわけではありません。

 

「キャリアアップのためにストレッチしたい」と前向きな事を言っていた人が結果、休みが少ないとかそういう理由で転職を考え出してしまうのはなんだか悲しいことですし、おそらく同じようなことで不満を持ち転職し続けるような気がします。

 

自分が何に不満を持ちやすい性質なのかも把握しておくといいですね。

 

さて、年末まであっという間です。後半戦頑張りましょう!

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

【ゆるゆる書評】7月はこんな本を読みました

f:id:magokoro_agent:20190804093144p:plain

連日の猛暑ですね。家にマクドナルド届けてもらうUber EatsのCMが流れていますが、ありだなぁと思ってしまいます。配達員さんは大変そうですが…ちなみに僕の自宅は配達対象区域外です。残念。

さて、7月はこんな本を読みました。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

先月別途ブログにしましたが、性格テストのようなもので世界中に受験者がいます。自分にはどんな才能がありどのように伸ばしていけばいいのかなど悩んでいる方がおられましたら試しにやってみてください。本を買うと受験コードがついています。

ただ、これをやって天職が見つかるとかそういうものではありません。あくまで自分がどんな人間なのかを認識するつもりで受けてみてください。

友達とか親子でやってみても盛り上がって面白いかもしれないですね。

magokoro-agent.hatenablog.com

  

この1冊ですべてわかる 新版 コーチングの基本

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく 

コーチングが人を活かす


上記3冊全てコーチングの本です。コーチングについても先月少し書きました。
順番としては真ん中の「タイプ分け」から読んで、次に「コーチングの基本」。余力があれば最後の「コーチングが人を活かす」を読むと良いと思います。エグゼクティブコーチでは有名でおそらくちゃんと組織だってコーチをビジネスにしたコーチ・エィさんがまとめているのでとてもわかりやすく勉強になりました。

 

最近、キャリアカウンセリングをしていると転職よりコーチングが必要なんじゃないか?という方が多いような気がします。実際キャリアと人生っていろんな要素が複合的に絡み合っているので、転職したところでいつかまた悩みだしますし常に向き合っていくためにはコーチングの力は本当に必要だなと思いました。

magokoro-agent.hatenablog.com


 

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

ちょっと骨休めに。多分読むのは2度目です。釣りをはじめたからか漁の描写がよりリアルに感じられました。僕はカジキマグロなんて釣ったことはないですが、自分の船より大きな獲物を手釣りってだけでやばいなって思いますし(手の裏皮全部剥がれるはず)、サメが何匹も襲ってくる怖さも容易に想像できます。

そんな苦しい状態で何日も自分と対話しながら、精神状態を保っていた主人公の強さや人間性がこの本の中心なのかなと思います。

いろんな書評がありますがサンチャゴ老人にとってこの釣りは何だったのか?その後をあれこれ想像してしまいますが、それ自体が楽しいのかもしれませんね。ちなみにこの新訳版も半分近くが後書きです。訳者の思いを読み取る、それもそれで面白いです。

個人的には老人が漁師というもののプライドや責任から解放されて、少年やまわりを指導する立場として穏やかに生涯を終えていて欲しいなぁと思います。

 

以上です。8月は何読もうかな?

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

初心と慢心

f:id:magokoro_agent:20190727131031p:plain

東京湾がタコで涌いているというので釣りに行ってきました。

 

行くまでは5匹は余裕でなんなら10匹釣って弟や姉夫婦にも持って行こうかなと思っていたのですが、3時間で1匹のみ。まわりの方はこの短時間で10匹超え。あれれ?

 

釣りも回数を重ねると処理できる情報や知識も経験も増えます。そうすると言い訳する材料も増えるんですよね。

 

風のせい、潮のせい、気温のせい、海の透明度のせい、魚の活性のせい、釣座のせい、隣の人のせい…思えば最近釣れなかった理由を色んなもののせいにしていたような気がします。
 

ただ、今回は状況が違いました。潮も天気も気温も海の状態も魚の活性も最高でしたし、釣座も悪くなかった。

 

原因は何かというと完全な慢心。

 

まずは情報収集不足。釣りって本当に好きな人は釣りに行かない日も動画を見たり、ニュースや記事を見たり、船宿の釣果を見たりとデスクトップフィッシングみたいなことをしているわけです。今回、動画や記事も見たのですが、前日にさらっと流したくらい。釣り歴が同じくらいの友人が初めてのタコ釣りで10匹以上は釣っていたこともあって、自分でもいけるだろうと思っていた節はあります。

 

当日は僕以外すごい勢いで釣っているわけです。僕の隣のおじいちゃんも飄々と数釣りしていました。釣り方は盗み見ていたのですが助言を仰がなかった。途中までは自分で何とかなると思っていたわけですね。これも良くなかった。次第にやる気が失われていくわけです。

 

そんな僕の目を覚ましてくれたのは船長の言葉でした。

 

糸出しすぎなんだよ!

合わせが弱い!

タコ踊りしてっから釣れねーんだよ!ちゃんと見てろ!

 

地元の名物船長さんで、いわゆる江戸っ子。でも、口が悪いだけでみんなを釣らせようと一生懸命なわけです。

 

諦めていたのは僕だけでした。恥ずかしかったです。

 

釣れなかったことは自分の慢心からでしたが、それより一番反省したのはまわりはベテランだから仕方ないと諦めようとしていたことです。ベテランが釣れるのは当たり前だとしても、自分の力量に合わせて準備をしてくるのは当然のことで、わからなければ助言をもとめ、あがくことはできたわけです。ベストを尽くしたとはとても言えない釣りでした。


…とここまでくるとほぼ釣りのブログですが、こういうことって仕事でもないでしょうか?

うまく仕事ができるようになりだすとまるで社会や会社を全て理解したような物言いをする人もいます。また、表彰されたり賞賛されたりすると自分はイケてると思うものです。

 

それはそれで良いことです。むしろ自信のあることや立場はどんどん伸ばし利用するべきです。ただ、何となくここで伝えたかったのはいつでも初心に返ることができるようにする仕組みやそういう視点を自分の中で失わないようにしたほうがいいですよということです。

 

自分の中に自信のなかった・できなかった頃の自分をちょこっと残しておいてあげるというか。うまく言葉になってませんが、そういう感じです。

 

転職の場面でも良く見かけます。前職でやってきたことが全く通用しなくて悩んでしまったり。

 

僕は転職のお手伝いをした方に

  • たぶん最初の1ヶ月は顔合わせ研修兼ねた様子見期間だし、みんなも優しいから良い会社ってワクワクできるだろうけど、現場出ると絶対に壁にぶつかる時期はある。1ヶ月、3ヶ月、半年、1年、2年、3年…タイミングは人それぞれだけど
  • 文化、商慣習、ルール、経営、上司、先輩、後輩、同僚、場合によっては商材、業界さえ変わるんだからいきなり完全フィットは無理


このような類の予告をするのですが、やっぱり言われたとおりでしたと報告してくる方もいます。

自分でそれを認知できている方はいいのですが、うまく行かない自分を誰かや何かのせいにしているケースもあります。

 

楽なんですよね。自分以外に責任を転嫁するの。でも本質的な問題の解決にはならないケースが多い。

 

悩んだら何のために転職したんだっけ?最初の自分て何を目指してたんだっけ?誰かのせいにしてないか?自分に都合よく事実を書き換えてないか?と初心(転職当時の自分)から問いかけさせてみてはいかがでしょうか?

 

もしくは客観的な立場で意見、軌道修正してくれる誰かを見つけておくというのもいいかもしれません。友達でも知人でも家族でもいい。なんなら元上司とかもいいかもしれません。僕も転職をお手伝いした方全員とまではいきませんが、定期的にやりとりしている方がいます。

 

人間の気持ちは本当に些細なことで変化します。僕だって常に慢心と初心を行き来してながら生きてきたようなもんです。

 

だからコンディションチェックするような機能をどこかに持ってみてください。初心と慢心。2つの要素を振り返ることができるように。

 

今日はこんなところでおしまい。

 

ちなみにタコは自分の釣ったもの以外に船長にも分けていただき、美味しくいただきました。釣りタコは超美味しいのでおすすめですよ。

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

コーチング1日にしてならず

f:id:magokoro_agent:20190720145303p:plain

以前も少し触れましたが、評価制度の勉強をしています。最近は運用の重要性(評価者のリテラシ)を改めて感じ、コーチングの本にたどり着きました。

 

コーチングってなんだかわかっているようでわかっていなかった面が多かったのでとても勉強になっています。

 

僕の感覚ですとキャリアカウンセリングと酷似しているなぁと。

 

コーチングの目標がクライアントである対象者(会社の評価シーンでいうと評価される部下としましょう)が目標達成に向けて自発的に考え、動き、それが成果に届くように一緒に伴走するようなものとすると、キャリアカウンセリングのそれはほぼ同じな気がします。

 

クライアントが自発的に考え進むようにする。

 

これって最も大事なことなのですが、人材紹介をしているとついついこうすべきだとか、こういうものだと答えをアドバイスしたくなってしまいます。僕もこの仕事を何年もしていますが、未だにそちらに流されそうになることがあります。

 

先日も面談が終わった方が最後うかない顔をしていたので、何かひっかかっていたのかなと振り返っていました。

 

お話の中で「前のエージェントさんは興味があるところはどんどん受けたほうがいいよとガンガン背中を押してくれた」とのコメントがあったので、今はあまり考える余裕がないから背中を押して欲しいというメッセージだったのかなと思ったのですが、よくよく考えると「それではいけない!自分で軸を決めなきゃいけない!」ということを伝えたい気持ちが過ぎて、一方的なアドバイスになってしまったのかもしれないなという考えに落ち着きました。結果的に「じゃあ自分はどうしたらいいの?」となってしまったというか。

 

コーチングの本にもありましたが、相手が受け入れる状態になっているか?や沈黙を恐れず待てるかとうのは大事な要素です。関係ができていると思っていても、相手には相手の間合いやスピード感、その時の気持ちなどがあるわけです。

 

何年も個人の悩みに向き合っている自分でさえ未だに悩むのですから、会社の中での部下と上司の関係についても同様だと思います。

ついつい部下に対して指導してしまったり、やり方を事細かに教えてしまったり、そんなシーンて誰にでも経験あるのではないでしょうか?勉強してすぐに習得できるものでもないのでしょうね。

 

百人いれば百通りの考えと価値観、性格があるわけですので人と組織というものは最適解が一生出てこない難しいものです。だから面白いとも言えるんですけど。

 

落ちも何もないですが、今日はこんなところで。

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

 

一番効率の良い学習方法は何?

f:id:magokoro_agent:20190715090239p:plain

三連休みなさんはどのように過ごしていますか?僕は船釣りが初めての方々と釣りに行ってきました。協力してくれた友人達に感謝。

 

僕も多少レクチャーさせていただいたのですが、皆さん飲み込みがとても早くて全員釣れていました。楽しそうでよかった。

 

教えながら、今では当たり前にできていることも最初は全くできなかったなぁと釣りを始めた頃のことを振り返っていました。

 

僕の釣り歴は起業した年から少しづつはじめたので4年というところでしょうか。いまだったらクスッと笑ってしまうような失敗もたくさんしてきましたし、多少の怪我もしてきました(指先に突き刺さった針を抜いた時が一番辛かった)。

 

それでもなんとか釣れるようになってきたのは基礎を教えてくれた先輩がいたり、一緒に行く友人(同レベル)との情報交換だったり、船長の指示だったり、動画だったりといろんなものの積み重ねがあったからなのですが、教える側になってみて自分はまだまだ未熟だなと思うことや、あーそうだったなと思い返すことが多かったです。

 

人に教えるって一番の学びなんですね。

 

社会人向け勉強会を主催している友人が言っていたラーニングピラミッドというものを思い出しました。

 

ラーニングピラミッドとはどんな学習方法が頭に残るのか学習定着率というものを分類したもので、これをまとめた記事など参考にさせていただくとこんな図になります。

f:id:magokoro_agent:20190715085430p:plain

  

  • 講義:講義を聞く→5%
  • 読書:本を読む→10%
  • 視聴覚:ビデオや音声を聞く→20%
  • 実演説明:実演を見る→30%
  • ディスカッション:グループで議論する→50%
  • 練習:練習する→75%
  • 人に教える→90%

 

上記のように学習定着率は示されています。普段も本や記事、動画で釣りの勉強をしていますが、実際行ってみて釣ってみてのほうが数倍学びがありますし、今回のように人に教えるというのは自分の過去の振り返りや相手の習熟度に合わせてどんな言葉を使うか考えたり、実演してみたりといろんな要素を含みますのでもっとも学びが深いというのは納得です。

 

釣りもそうですが、これは実生活でもそうだなと思います。社会人でも2-3年経過すれば新人の教育などをしますが、これはあなた自身も人に教えることで自分を振り返って学び直しなさいという意味が含まれているのだと思います。

 

もちろん、本や講義も大事です。やってみて、経験してみて、さらに本などで学び直してさらなる気づきを得るなど。おそらく知識経験を積んでいくというのは、上記のピラミッドの要素を横断的に行き来することなのかなと思います。

 

頭でっかちでもいけないし、行動するだけでもいけない。バランスの良い学びを続けたいなぁと思った週末でした。

 

今回釣りデビューした方々も、これを機会にもっともっと釣りを楽しんでもらって、釣り仲間をどんどん増やしていって欲しいな。

 

cano-pus.com