歳を重ねながらの働き方ってどうしたら良いのだろう?

f:id:magokoro_agent:20190317111622p:plain

昨年から確定申告が必要になったのですが、細かなことが苦手なので税理士先生にお願いしました。

 

確定申告になると住宅ローン控除証明書の再提出が必要あるらしいのですが見つからず。あーやってしまったな…と焦りましたが税務署に行ったら簡単に再発行してくれました。

 

証明書を見て改めて感じたのは時の早さです。自宅購入から8年。小学生だった子供達も上は高校を卒業し進学、下は中学三年になります。

 

自宅は綺麗に使っているほうだと思いますが、昨年はインターホンが壊れたりトイレが壊れたりと老朽化を感じることが多くなりました。

 

じゃあ自分は?

 

自宅と同じで知らないうちに劣化している気がします。仕事のシーンで振り返ってみると経験や知識は少しづつ積み上がっていると思いますし、信頼もそれに比例して上がっている(と思いたい)。ただ、細々した事務などのオペレーションをこなす能力は確実に落ちていると思います。

 

フリーランスや起業。形はどうあれ個人でやっていこうという人は多いと思いますが間違いなく言えることがあります。今のあなたのパフォーマンスは永遠ではないということです。

 

20代、30代ならいいでしょう。でも40代、50代、60代、70代、、、歳を重ねるごとに出来ることと出来ないことがはっきりしてくるはずです。

 

このような状況に対応していくには、、、

 

  • 学び続けること
  • アライアンス
  • ギブアンドギブ
  • 自動化
  • フィジカル・メンタルケア
  • ファイナンス

 

あたりがキーワードではないかなと感じています。

 

学び続けること

学習は常に必要です。個人で活動していると我流にこもりがちですが、これ結構危険だなと思います。常に自分のやり方を疑い学び続ける姿勢は大事だと思っています。基本的にインプット能力は下がってきますので、学んだらすぐアウトプットするがベストな気がします。

 

アライアンス

「自分で何とかなる」には期限があります。40代は持っていない能力をゼロから立ち上げるには時間がかかってしまう年齢です。であれば、出来る方と一緒に仕事をするほうが早いのかなと思い出しています。そういった方と出会えるようにネットワークを広げる努力も怠ってはいけないと思います。

 

ギブアンドギブ

上記と関連しますが特に若い方の力を借りる場合、渡せる知識などはできる限りお渡しすべきかなと思います。我々の持ってる知識経験などはすぐに劣化しますし、普遍的なものだとしても遅かれ早かれ学びとるのでしょうから出し惜しみせずパスしたほうがいいように感じています。打算無い純粋な気持ちのギブがポイントかなと。

 

自動化

どうもロボット、AIが自分を助けてくれるというシーンがまだ明確にイメージできていないのですが、細かな事務作業は手放せるものは手放した方がいいように思っています。もしくはアウトソースとか。

 

フィジカル・メンタルケア

体力は落ちますし、健康寿命を延ばすことイコール長く働けるということです。預貯金が豊富で無いのであれば健康になれば良いということでこういうところへの投資も大事だなと思うようになりました。できるのであればワークとライフがミックスされた状態を維持するのがベストかなと思います。この間行った羽田の居酒屋の親父さんは朝7時から釣船に乗り、魚を自分で仕入れてお店に0時まで立つとか。好きだから気にならないとのこと。すごいですね。見習いたい。

 

ファイナンス

お金はいま子供への学習投資が最大期に入っていますので、とにかく放出の一方です。ただ、子供の教育費は最大の資産贈与だという考え方もあるらしく納得。ですのでここは投資のつもりでいますが、別の方法も必要そうですね。まだ勉強中です。

 

まぁまぁ書いてみたら極普通の一般論にまとまりましたが、僕のような普通の40代で個人経営しているおっさんがサバイブしていく姿は後陣に残せるものも多いのではないかと思っています。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

忙しさが続いたほうが仕事ができるようになるかもしれない

 

f:id:magokoro_agent:20190308161807p:plain

少し余裕ができたので「いまのうちにあれも…そうだこれも…」と考えているのですが、気付くとそれほど進まず1日が過ぎてたりします。

 

時間があると仕事の効率が悪くなる現象ってみなさんも経験ないでしょうか?不思議ですよね。なんだか自分が鈍化しているような気がして焦ります。

 

仕事は忙しいやつに頼め

 

といいますが、忙しいからこそ仕事を効率良くこなすようになりますし、結果キャパシティが増える。それでまた仕事が追加されていく。常に脳を回転させているので良いアイデアも出てくる。さらに良くなる…こういう循環なのだと思います。

 

僕が今まで働いてきたどの会社でもそんな方はいました。できるから頼まれるわけです。信頼があるから頼まれるわけです。僕がそうだったかというとそんな事はないのですけどね。

 

逆に、言われた以上のことはやらずに何かを頼んでも「自分の仕事じゃない」「私にそんな能力はない」と断りづつける、あるいはスルーし続けるとします。

 

1日くらいのレベルでは何も変わりませんが、1年も経つと仕事を任されている人とはできる量や質が大きく変わっています。

 

知らないうちに能力格差や信用格差が生まれるわけです。これって若い方ほど顕著にわかります。

 

キャリアのスタート時や転職したての時期などはできる限り率先して仕事をまわりから巻き取ったほうがいいですし、頼まれたら断らずにやってみるくらいのが芸は磨かれると思います。

 

ただ、貧乏暇なしみたいな状態はよろしくありません。

 

こういう状態にお金がついていないといわゆる器用貧乏になるわけですが、能力がついているのに評価されないなら転職して適正な評価をもらって能力を磨くのもいいと思います。選択肢のひとつとして。

 

たまに器用貧乏が祟ってダークサイトに落ちるケースもあります。心の底では対価を求めているのにアピールできず、なかなか評価されないことに不満を蓄積。そのうち評価されないからと周りに恨み言をいい出したり、周りをバカにし出したりします。

 

「仕事ができる信頼できる人」から「ただの不満分子」つまり会社にとってはいらない人になってしまうわけです。

 

もっと悪いのはクライアントや業界の知人に現職の不満を撒き散らしたりするケースです。最近は情報の流れが複雑なのでどこでどう反射して自分に突き刺さってくるかわかりません。怖いですよね(僕も気をつけよう…)。

 

評価されないのは上司がポンコツだからかもしれませんが、会社として評価の枠組みの限界を超えてしまっている。つまり希望に応えたくても応えられないのかもしれません(求める対価を提供できないなど)。

 

こうなったら怒りの感情を周りに撒き散らすのではなく自分が次のステージに行く時だと前向きになったほうがいいと思います。

 

ただ、仕事を大量にやっているつもりが単に自己評価が高いだけだったり、会社から求められてもいない余計なことをして評価されていないと勘違いするケースもあるので注意は必要です。その辺は冷静かつ謙虚に自分を振り返らないと痛い転職になると思います。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

 

【ゆるゆる書評】2月はこんな本を読みました

f:id:magokoro_agent:20190302161417j:plain

引き続き本をゆるゆると読み続けています。

 

少し読むのに慣れてきたかな?と思うのですが、インプットしたつもりの内容もすぐに忘れてたりしますね。あぁ恐ろしい…穴のあいたバケツのようなアラフィフ脳。リカレント教育なんて言葉がありますが、最近は何を学ぶかというより、年相応の学び方を学ばないといけないなと思っています(この気持ちわかってくれる人はいるだろうか)。

 

2月は7冊の本を読みました。それでは紹介していきます。

 

仕事2.0 人生100年時代の変身力


先週ユーザベースさんと幻冬社さんで何やらすったもんだしていたようですが、NewsPicks Bookは良い本が多いのでこれからも良い形で進んで欲しいです。この本も然り。リンダ・グラットンさんの「LIFE SHIFT」を読み忘れた方や挫折した方は程よく内容が参照されていてわかりやすいです。また最近の人材業界界隈で議論や意見がされている市場の状況がまとめられています。人材業や人事の若手の方やベテランの方の頭の整理的にとてもおすすめですよ。

 

組織の毒薬 サイバーエージェント副社長の社員にあてたコラム

またまたNewsPicks Bookですが、サイバーエージェント副社長日高さんが社員向けに書いていた社内報的なコラムが書籍になったもの。CAといえば藤田社長やAmebaなどのサービスに話題が寄りがちですが、こんなすごい人がいるんだなと。ちらちらと伺い知ることができる組織拡大に伴う内部の変化や組織運営への金言がとても興味深かったです。外向けの発信をしなくてもここまで言葉が磨かれている方ってすごい。

 

後悔しない超選択術

メンタリストDaigoさんの本。物事には「いい選択」なんてものは存在しないけど「後悔しない選択」はあるんだよという内容です。その後悔しない選択を引き寄せるためには…という点も指南されていますが、なかなかこれが難しそう。僕も物事を正解にするのは自分しかいないと思っていますので本の内容はagreeでした。
※大変失礼ながら僕は昔、この方のことをマジシャンか何かだと勘違いしていました。

  

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理版


Testosterone先生最高です。全ては筋トレが解決してくれます。2月読んだ本で一番面白かったかもしれません。僕も今年から週3回出勤前にジムに行ってますが筋トレ後は色んな脳内物質が分泌されるので超ポジティブなんですよね。問題は夕方になると猛烈に眠くなることなんですけど。ツイッターアカウントも有名ですね。

  

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

先ほどの本の流れで読みました。最近禁煙と運動のせいかご飯が美味しくて仕方なく体重が規定値を大きくオーバーしていたのでとってもためになる内容でした。低糖質ダイエットというのを以前やっていましたが、それに似ているかな?ただこちらのマクロ管理ダイエットのほうが楽かもしれません。3月から食事のレコーディングもしています。ちなみにこれ記録に便利です→

あすけん | あすけんダイエット - 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

子供の学費など、まだまだお金は出ていく一方ですのでさほど余裕は生まれていませんが、家計のポートフォリオを少し見直したいなと思っていたので読みました。僕も著者同様投資に関しては素人なのですが、かなりわかりやすい内容です。リスクをかける投資と安全な投資、必要なお金という分け方もとても良いですね。ちなみに家なんて購入するなってところはショックでした。少し古いのを読んでしまいましたが、2017年版もあるようです。

 

オマケ:イタリア食堂ラ・ベットラのお魚レシピ

オマケで一冊。釣りに行った後に料理をするのが好きなのですが、刺身・焼き・煮物、、で終わってしまうのでもうちょいレパートリーを増やしたいなと思って買った落合シェフの本。普段釣っている魚がこんなに立派な料理になるんだぁと見てるだけで満足してしまいます。

 

以上、7冊とオマケ1冊でした。参考になれば。

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

仕事が楽しいので楽しいってどんな状態なんだろうと考えてみた

f:id:magokoro_agent:20190223112048j:plain

先週末は友人との釣りの約束を破ってしまいました。

 

はい。寝坊です。

 

仕事でも遊びでも寝坊で約束破ったというのはおそらく人生で初めてです。「疲れてたんだよ」と僕以上に忙しい友人たちに言われたのですがその優しさがつらい。

 

年始からフグ釣りは風邪でダウン。そして今回のタチウオ&サワラ釣りは寝坊。どうも今年は釣り運が悪いみたいです。

 

仕事の方はどうかというとこちらは好調です。2月は第二クオーターのスタート月なのですが、このままいくとこのQで昨年実績を超えそうです。それなりに忙しいのですがそろそろ落ち着きそう。年始からとても良い意思決定をお手伝いできているのでここで止まりたくないなと純粋に思っています。

 

多分僕はいま仕事が楽しいです。とても楽しい。今まで楽しくなかったのかというとそうではないですが常に数字や会社の継続などの不安が頭の片隅にありました。不安の方が大きかったかも。

 

今も不安がないのかというとそうではありません。いつ経済がこけるかわかりませんし、経済がこければわかりやすく影響が出るのは人件費や採用予算などHR関連です。これはリーマンの時に経験済みなので間違いありません。なのでアメリカのサブプライム自動車ローンがリーマン前にそっくりだという情報を見れば戦々恐々したりなんだったり。まぁ僕がどうこうできる話ではありませんけどね。

 

話を戻して、仕事が楽しいと思う状態って何かなと考えていますが、成功体験の連続。しかも多少ストレッチした状態、ストレスがかかった状態で成功が連続することだと思います。

 

昨年から元々得意だった若手層に加えて、ミドルマネジメント層の紹介にも挑戦しています。ある程度萌芽するかを見ていただく若手層とは違い、ミドル層はスキル・専門性、志向、報酬のレベルは何段階か上がります。紹介先企業様のポジションにマッチングさせるにもミドル層は照準をより細かく合わせていく必要があります。

 

のっけからマネージャーとして、あるいは入社後早い段階でマネージャーになっていただく予定ですので誰でも良いわけではありません。企業も人材もガチ勝負で選考しています。当然アレンジをしている僕も相当神経質になりますし、精神的にも負荷がかかります(良い意味で)。

 

そんなミドルマネジメント層の決定がたまたまながら連続しています。すごく難しいですが成功した時の喜びはハンパないです。

 

筋トレなんかと同じかもしれません。負荷をかけたほうが良い筋肉がつきますし、後にアドレナリンやらテストステロンやらいろんな脳内物質がでるのも似てるかもしれません(最近筋トレの本読んでるのでかぶれてます)。

 

仕事がつまらないと思ったらより負荷のかかる場所に行くというのもいいかもしれませんね。

 

転職に成功するのも、今何不自由なくうまくいっている人がその状態を敢えて捨て、冒険を取りにいくケースは多いように思います。それも適切な冒険というか。

 

うまくまとまりませんが2月の最後のブログはこんな感じで。

 

あぁ釣りに行きたいな、、、。

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

応募が来ないと思ったら見落としていた話

 f:id:magokoro_agent:20190216121352j:plain

最近、貫禄を出そうと髭を生やしています。長くなると汚い感じになるのでヒゲトリマーなるものを購入しました。毎朝髭をいじるのが楽しいですがなかなか難しいものですね。ちなみに今日の内容と髭は全く関係ありません。

 

先日友人からこんな相談を受けました。

 

「社長が求人作ってindeedに掲載したんだけど全然応募無いらしく…どう思う?」

 

見たところ条件は悪くなく、むしろ良い。いわゆる事務職で都心ターミナル駅ではないもの最寄駅からアクセスも悪くないし、給料も悪くない。働き方も融通がきく。

 

「なんだろうなぁ…逆に柔軟さを考慮してあげたいって内容が裏目に出てるのかもしれないですね。雇用形態も正社員と契約とバイト混ざってて正社員のつもりで面接に行ったのにバイトじゃんとかそういうのも嫌だし、あなたに合わせて職務内容の幅を広げますってのも色々任されて大変そうとか警戒されるかもしれないし…」

 

こうしたら?ああしたら?と色々話しましたが、結論応募きました。はい…

 

僕のアドバイス前に。

 

どういうことかというと忙しすぎる社長が応募通知を見落としただけだったんですね(人事はいない会社です)。しかも3応募。レスポンスがやや遅れたもののその後無事に採用できたそうです。

 

あれやこれや好き放題アドバイスしたのが恥ずかしかったですが良かった。

 

同時に、この応募対応忘れみたいな運用上の見落としって他でも多いのではないかなーと感じました。

 

僕のお客様のように人材会社を使ったり、求人メディアを出したり、新卒中途問わず採用を通年で業務に組み込んでいる企業様はそんな見落としは無いと思います。

 

が、採用慣れしていない中小零細企業だと同じような上記あるいは上記に似たパターンで機械損失している事も多いのではないかと思います。

 

僕も現在、とある中小企業の採用をアドバイザーとしてお手伝いしていますが、こちらの企業も人事不在で代表・部長・役員が持ち回りで対応しています。

 

やはり要職の3名です。業務を兼任するも各自が持っているタスクが重いものばかりで、たまに対応漏れをしそうになるシーンもありました。

 

誰が見た?対応した?面談の所見は?あれ?

 

採用はそれまで会社のコストを極限まで切り詰めてきた関係で自然応募かリファラルが中心。採用ツール、メディア、紹介会社などのサービス活用を一気にドライブさせたので仕方ない部分もあったと思います。

 

ちなみにこちらの企業が偉いのは毎週しっかり採用会議をされていること。毎週やるのって結構しんどいと思いますし中弛みしてしまうことも多いと思うのですが、進捗があっても無くても必ずやっておられました。

 

これで見落としのカバーや業務の改善などを繰り返した結果、いまでは前年を大きく超える応募がきていますし、採用もできてきています。また改善に真剣なほど業務が増えていきますので人事さんを採用することになりました。

 

最近は便利な採用ツールができていますが、結局採用までもっていくには企業の運用体制や当事者意識なのだと思います。

 

どんな手段を使ってもいいと思うのですが、ある程度予算をかければ採用はドライブすると思います。が、その後の運用のほうが大切なのかもしれません。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com