この世界から等しく仕事と会社が無くなったら?

f:id:magokoro_agent:20191014103021p:plain

台風19号が猛威をふるった週末。現時点でも被災され、大変な思いをされている方もおられると思います。1日でも早い復旧を祈っています。

 

台風15号を遥かに超える大型台風、風速60mなど事前情報を聞いて流石にまずいと思い、今回は我が家でもできるかぎりの対策をしました。

 

複数のお店を回ってみたのですが、物がないことによる不安は人の心は乱すもの。水がないことに怒って店員に迫っている人もいました(こんな大変な時期に店頭に立ってる方には感謝すべきで、責めてはいけませんね)。水や食べ物は別としても普段滅多に購入することがないものまで売り切れていました。災害時あるあるですが今回もなかなかな状況でしたね。

  

僕らは普段それだけ恵まれた環境で過ごしているということです。

 

当たり前のものがなくなるのは怖いこと。

例えば電気と通信が完全になくなった世界では日本のほとんどの企業が倒産するはずです。クライアントも稼働しないのですからみな平等に経営存続ができなくなってしまいます。僕の会社も例外なく消え去るでしょう。

 

以前、俳優の小日向文世さん、女優の深津絵里さんが出演しているサバイバルファミリーという映画を見ました。内容はコミカルで家族愛がテーマなのかなと思うのですが、電気がない世界をイメージするには良い映画だと思います。

 

この映画、電気がなくなるところについては徹底していまして車の電気系統やらなんやら、軒並み止まるわけです(一部つっこみどころはあり)。

 

時間もわからない。食事のための冷蔵後も調理器器具も使えません。

 

それでも最初はみんな徒歩や自転車で学校や会社に行くわけですが、そのうち、会社や学校から無期限の自宅待機や休校の連絡がくるわけです。

 

自宅にいたって物資購入もままならない。なんせ物資自体を届ける手段、陸送、航空、海運全ての運送機器が電気系統がやられて動かないわけですから。

 

主人公の小日向パパは自転車で家族を率いて関東からはるばる関西へ行くもそこも状況は変わらず、最後は…。という感じです。

 

テーマがテーマですが、ものすごい冷や冷や感もなくゆったり見られる構成になっているのでよかったら(なぜか映画紹介になってしまった)。

 

話を仕事に戻します。

 

楽しみややりがい、苦しみや悩みなどなど人生のほとんどがつまっているのが仕事や会社であり多くの社会人のリアルだと思います。

 

この世界では働かなければ、豊かに生き抜いていくことはできません。清貧という価値観を尊ぶ国民性が日本人にはあると思いますが、それでもこの世界では何かしら稼ぎ働かなくてはいけません。

 

ただ、その会社や仕事、そして給料など全てが等しくこの社会から無くなった時、なにに向かって人は生きていくのでしょうか?そうなった時に自分は何を一番大事にするのだろうかと災害のたびに思います。かといって行動に何か移せているのかというとそうではないのですが。。

 

みなさんだったらどうしますか?

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

重い重い営業鞄にいたアレ

f:id:magokoro_agent:20191006130634p:plain

土曜は夏がまだ終わりたくないと最後の力を振り絞ったかのような暑さでした。

 

30代の頃は日差しもなんのそので営業として歩きまわっていましたが、最近は暑いのが苦手になりました。寒いのもだけど。

 

僕は営業スタートが遅くて30歳からだったのですが、営業というと最初の年の夏が脳裏に焼き付けられています。

 

真夏、日差し、社名が刻印された重い重い営業鞄。。。

 

転職直後の1年目、2005年の夏はとても暑かったと記憶しています。猛暑の中、あの重い営業鞄を持って歩くのは本当にしんどかった。

 

重さの原因、、15年近く前の当時はPCを持ち歩くことなんてまだレアでした。では腕がつるくらい重かった営業鞄の中身な何だったのでしょう?

 

パンフレットです。

 

パンフレットは営業時代、僕の傍に常にいました。相棒といってもいい。でも重くてかさばり鞄を占拠する上に、雨に弱かったりシワや折れ曲りですぐに使い物にならなくなる厄介ものでもありました。

 

飛び込んでは手渡しし、ポストに投函し、パンフがリニューアルされたらドアノック的なツールとしてまたまたお渡しに行くとか。

 

何枚のパンフを詰め込んで毎日営業に歩き回ったことでしょうか?何枚のパンフレットを僕は配ったのでしょうか?

 

飛び込みでお渡しして、失礼しますと出口で礼をしようとしたらゴミ箱に捨てられる瞬間を見たこともあります。世の中は無情。

 

いまはWebの世界です。サイトがパンフがわりになり、マーケターが様々なデジタル戦略を繰り出す時代。わざわざ招かれざる客になることもなく嫌な思いもせずリード獲得率も数字でしっかり分析できる時代です。

 

あの頃、白兵戦のように多くの営業マンが汗を流しながらばらまいていたパンフは手渡ししても、ポスト投函しても有効リードとして返ってくる確率はおそらく0.1%以下くらいなのではなかったでしょうか。ちゃんと測ったことはないですけど。


なのでパンフレットなんかいらねーと思っていたんですが、いま会社のパンフレットを作ってもらっています。


実際に5期が終わるこれまでもパンフレットを使うシーンってほとんどなかったのですが、稀に契約の稟議に必要なお客様もあり、「パンフ無いんですね、、、」と寂しい顔をされるケースもありました。どうしても契約時に必要な場合はパワポで作った会社資料をお渡ししていましたが、今期は少し余裕もあるし作っちゃおうという感じです。

 

そんなレベル感で考えていたんですが、これがまた原稿が出来上がってくると、

 

ええやん

 

デザインが想像以上に良くてワクワクしちゃってます。あと見開きで必要最低限の情報がまとまってるのでパンフレットも案外良いものかもしれないなと思いました。


ご協力いただいている制作会社さんありがとうございます。事例のインタビューにお答えいただいているお客様本当にありがとうございます。

 

出来上がりが楽しみです。

 

今回はtoB向けですが、味をしめてtoC向けも作ろうかしら。わかりやすいですね僕は。

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

【ゆるゆる書評】9月はこんな本を読みました

f:id:magokoro_agent:20190929122244p:plain

 

昼間はまだまだ暑いですが、夜が過ごしやすくなりましたね。

中国の古い漢詩にある「灯火親しむべし」というのは、ちょうど今くらいを表現したようで、秋になって涼しく、また日没も早くなったからこんな時こそ灯の下で本でも読もうじゃないかという読書の秋の由来になっているとか。間違ってたらすいません。

 

風邪もひきやすい時期なのでみなさん体調には気をつけましょう。

 

9月は7冊の本を読みました。

 

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

 

先月読んだ、好き嫌いと経営  の著者楠木さんの本です。経営戦略の研究が本当に大好きな先生の講義を聴講している感じの文章です。そしてやっぱり超長い。流行りの戦略やフレームワークばかり繰り出しても経営戦略なんて成り立たない。人に話したくなるようなまるで動画をみているような戦略ストーリーが重要ということ。内容を書評するほど理解できていないのでもう1回読むと思います(個人経営の僕にもヒントになるところが多そう)。
スタバやアマゾン、マブチモーターの例などはとてもわかりやすいので厳しかったら事例から読んでみてもいいかもしれません。

  

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

アドビと統合したマルケトの福田さんが書かれた本です。オラクル→Salesforce→マルケトとCRM、SFA、MAの大御所全てを経験された福田さんの知識と経験が全て詰まったSaaSビジネスの仕組みづくりにおける教科書的な存在の本です。

マーケ、インサイド、フィールド、カスタマーサクセス全ての仕組みが理解できますし、さらにいくとそのマネジメント方法まで惜しみなく書かれています。SaaSビジネスのプレイヤーは、一時期の枯渇状態から異業界からの転職などでだいぶ落ち着いてきましたが、まだまだニーズが広がる分野です。これからSaaSビジネス、特にBtoB系の企業に転職したい方は絶対に読むべき一冊です。僕もこの領域希望される方にはオススメしています。
 

 

【新装】週末起業 虎の巻 会社を辞めずにできる起業の練習帳

サラリーマンをしながら次のステップを探す人、これは年代を問わずたくさんいますが僕くらいの年代、つまりアラフォー、アラフィフ層が一番多いのではないでしょうか?会社にぶら下がることへの危機感や会社が守ってくれないことは身をもって体験しているわけですが、40代にもなると早々気軽に転職もできないですしね。

先日サラリーマンと起業の両方ができるならそれは最強というようなブログを書きましたが、そういう姿を目指したい人が最初に読む本としては良いと思います(Kindleunlimitedですと無料です)。あと、この本に書かれている「やる人」「やらない人」では天地の差があるみたいな表現がありました。これ超当たり前なことだけど、みんなやらないんだよなぁと共感しました。

 

起業したらたった半年で行き詰った

 

起業1年生 会社にたよらず生きていくことになりました1: 強み発見編 起業したら

 

起業1年生 会社にたよらず生きていくことになりました 2巻: 初めての集客編 起業したら

 

3冊まとめて1つの本くらいの感覚で良いと思います。漫画ですし、全部まとめて半日で読めるくらいの手軽さです(こちらもKindleunlimitedですと無料)。今は似顔絵イラスト入り名刺の領域ではそれなりの地位を築いておられるであろう著者がOLから起業して半年でお客様からの発注が止まり、地獄をみた後に自分の強みブランドを構築して事業を起動に乗せていくという三部作。なんとなく読みだしたのですが、営業もできない&自分の特技が見つからない普通の女性が事業を起こしていくという実話を元にしたストーリーは想像以上に面白かったです。
少し注意したいのはこの方は特技がないといいつつ、印刷会社でのオペレーション(制作、進行管理、DTPなどの基礎)がしっかりできているはずですので、起業当時にしてはそれなりの技術を持ってた人なのではないかなぁと思います。ただ、当時にしてあまりニーズがはっきりしていなかったであろう似顔絵イラストのビジネス化、そしておそらく静岡というエリアで成功を納めたのはすごいことかも。

  

おまけ:『山と食欲と私』公式 日々野鮎美の山ごはんレシピ

 

おまけという位置付けにするのは何ですが、好きな漫画「山と食欲と私」のレシピ本です。読むというより眺めてる感じ。本編におそらく出ていない柿ピーの炊き込みご飯もありますよ。読むと食欲が湧いてしまう本です。メスティンやワンバーナーとかが欲しくなってしまいますね。キャンプや山登りはハードル高いので、メスティンでご飯作って食べて解散って会があったら行きたい。こちらもKindleunlimitedですと無料です。

 
以上です。

 

10月は勧められたものも含めてすでに5冊以上積ん読してますが、のんびり読んでいこうと思います。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

5つの習慣

f:id:magokoro_agent:20190922130917p:plain

というタイトルにすると何やら意味ありげなことが書かれそうですが、超私的な内容です。すいません。今年から習慣化しようと思って続けていることがいくつかありますがその途中経過です。

 

今年は

 

  • 読書
  • 運動
  • 食事記録
  • 週次振り返り
  • ブログ

 

などの習慣化を自分に課しましたが、いまのところ甘く見てなんとか続いているという感じです。

 

読書

本については週1冊と思っていましたが、当週で読み切れない時もあるので月に3-4冊くらいの緩めのルールにしています。購入すると全部読まなければ…と貧乏性を発揮してしまうのですが、読みづらいなと思った部分は読み流すくらいの感覚にしたら読書が楽しくなりました。

 

これまで読んだ本のタイトル一覧を眺めていたのですが、内容が思い出せない本も結構ありますね…。一方で鮮明にこの本はよかった、業務に活かしたいと思っている本もありますので12月あたりにベスト3-5くらいを決めて読み返しするなどしてみたいなと思っています。

 

運動

ダイエットというよりは健康のためにちゃんとジム通いをはじめました。前日遅かったりすると今日はもういいかなという気持ちになってしまうのですが、そういう時ほど敢えて行くようにしていました。

 

無理せず48時間毎のトレーニングにして、週3回程度は通えています。気持ちが滅入っている時や疲れている時は体がリセットされて気持ちいいと思えるようになってきました。新陳代謝が上がっている気がしますし、筋肉も多少ついてきましたが、お腹だけ凹みません(なぜ?)。

 

食事記録

食事記録アプリに食べたものを記録しています。摂取カロリー量と摂取成分が可視化されるので何が自分に足りてないのか、何を食べるべきかがわかります…わかりますが、足りないものを食べたり改善したりとかまではいってないですね(ダメですね)。

 

ただ、1日の摂取カロリー量はすごく意識しているので、無理な食事はしなくなりましたし少しハイカロリー過ぎたなと思うと夜を抜いたりとか次の食事で調整したりするようにはなりました。ちなみに僕の食事は決定的な欠点がありまして、1日の食事摂取カロリーはだいたい1800-2000kcalなのですが、夜お酒を2杯くらい飲むので台無しって感じです(笑)。たぶん禁酒をすれば痩せるのは間違いありません。アプリに診断されている平均食事健康度は55点です。

 

週次振り返り

なんですかこれって感じですが、毎週土曜の夜に仕事・プライベート全部ひっくるめて感じたことや今の自分に対してつっこみをいれたいことをスプレッドシートに箇条書きにしています。記録にすると案外発見って多くて先延ばしにしている課題や、自分がどういうシーンでストレスを感じるのか、そのストレスが自分の内面的な要因からきているのか、単に外部要因なのかとかがわかります。

 

根暗な作業ですけど、自分を客観視できるこの時間は結構楽しかったりします。何もない平穏な週のほうが平和でつまらなかったなと思ってしまうので不思議です。本ブログもこのシートをまとめながら書くことを考えたりしています。

 

ブログ

最後はこのブログです。いまのところ夏休み以外は毎週更新している…はずです。ちゃんと書こうと思った理由、、、このブログそんなPV高くないのですが、お越しいただける相談者さんや問い合わせくださる企業様が結構な確率で読んでいただいてるんです。例えばスカウトメールをお送りした方が、僕を調べるために読んでいただいて、人柄を確認してお越しになるとか。ツイッターでたまたま見ていて、ブログ読んできてくれたとか。

 

個人でやっている以上、一定の発信をし続けないと埋没してしまいますし、読んでいただける方がいるならと思って更新頻度を上げました。ただ、集客のためにテクニカルな文章作るとか器用なことはできないですし、そういうのは疲れるのでやらないようにしています。

 

なのでこのブログのテーマはただの日記です。僕の記録と思ったことを書き留めるだけのブログです。それを見て何か僕のことをわかってくれる方がいたらいいなと思います。

 

毎年年始に目標を立てては挫折することが多い僕にしてはよく続いているなと思います。習慣化って厳しすぎるとつらいですが、馴染んでくるとちょこっと自分が成長できたような気がしますね。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com

不幸せのあとに幸せはくる?

f:id:magokoro_agent:20190915094027p:plain

 

人間万事塞翁が馬 にんげん(じんかん)ばんじさいおうがうま

 

この言葉を知っている人は多いと思います。

 

幸せだと思っていたものが不幸の原因だったり、不幸だと思っていることが幸せを運んでくることもある。幸・不幸は人間には予測できないということです。

 

こういうことは転職でもありえます。辛い環境からようやく脱出できて幸せいっぱいで働いていたら転職先の状況が思わしく無くなったりとか、選考までは良いと思っていたことが現場に入ってみたら全く話が違うとか。転職のせいで不幸になったとかそういう気持ちになる人もいると思います。

 

僕も似たような経験があります。

 

起業前にとある事業会社で人材紹介を行う子会社を立ち上げました。当時在籍していた会社に閉塞感を感じていた時に誘われたわけですが、渡りに船だと思って二つ返事で了承しました。

 

入社前に経営者には人材紹介は立ち上がりが遅いこと、売り上げが入るまでに時間がかかること、返金のリスクもあること、1年目から利益を出したいなら一定の投資をしなければいけないことなどを伝え、期待値の調整はしたつもりでした。

 

お給料は多少減りましたが、部長という肩書きと裁量も約束され(最初社長と言われましたが、さすがにビビって断った)、僕としてはこの転職は満足。成功するぞ!と意気揚々でした。

 

が、実務がスタートしてしまえばそれはそれ。資金力と知名度があった前職とは違い、相当シビアな戦いになりました。少ない資金からサイトを作ったりスカウトDBを使ったり、僕のお給料もあるわけなのでお金は減る一方、成果の見込みは見えない状況が数ヶ月続きました。

 

頭でわかっていたけど人のふんどしで相撲をとっている以上、経営側からはきつい言葉をいただくわけです。給料止めろとか。広告予算とめろとか。

 

この時は毎日が惨めで本当に仕事をするのが辛かったです。毎月経営者に言い訳じみた報告書を作成している自分も嫌でたまりませんでした。辞めた前職の上司や先輩や後輩にも愚痴はこぼせません。自分のために事業を作ってくれたわけですから簡単に逃げ出すわけにもいきません。幾ばくかもっていたプライドもメッキのように剥がれていくのがわかりました。

 

幸せや夢を掴むために選んだ道で不幸を踏んだ、失敗したと思っていました(幸いフォローしてくれる人も近くにいたので救いはありましたが)。

 

いまから考えると、そもそもの意思決定の甘さ、事業計画の甘さ、契約ごとの甘さ、自分の実力の見積もり違い、度胸の無さなど全部が自分に起因することなのですが、この辛かった時にかけられたお叱りの言葉や経営の考え方の基本はいまの自分の幸せにつながっていると感じています。

 

給料止めろはやばくなったら経営者としては当たり前ですし、予算ないのに広告使うなんて愚の骨頂です。キャッシュがないと何もできないのは当たり前のことです。


でも、冷静に考えれば当たり前で頭の中ではわかっていたことが追い詰められるとわからなくなるわけです。だから厳しい言葉を言われていたのだなと。

 

転職するでも現職でも辛い環境にぶち当たることもあります。

 

そんな時、これは自分の糧になると信じてやりぬけるか、不幸だといまを呪うだけか。捉え方も判断の仕方もその時その時の状況によりますが、幸せを掴みやすいのは冷静に自分の体験を分析できる人のような気がします。

 

不幸だと思ってる時にそれはなかなか難しいですけどね。

 

 

カノープス株式会社 青山

cano-pus.com