筋を違えたら、もう一回振り返りすりゃいいんです。

f:id:magokoro_agent:20170622104538p:plain

 

先週末やってしまいました。

首の筋違い

普通に息子と話してて体の向き変えた瞬間に「ビキッ!」って。何の予告もなくくるのですね。これがまぁ痛い。いまだに痛みが取れずテンションだだ下がりです。じゃあブログなんて書いてんじゃないよという話なのですが、時間だけはあるので書こうと思います。

 

面接で話す内容は「筋が通っているか」ということ

僕は首の筋を違えましたが、面接でも「筋違い」をしてしまうケースはあります。

 

ここで言う「筋違い」って話や行動が道筋から外れていること。また、相手や進め方を取り違えているということですね。

 

面接って基本的にはこれ見ているのだと思います。超まとめると、

 

あー、過去はこう思っていて、今こうで、だから将来こうしたいのね(過去から現在、未来にわたって道筋すっきり)。あーなるほどね。ふむふむ、それは共感。よくわかるよ君。能力もあるし、あとは現場との相性だね。

 

ということだと思います。わかりますかね?

 

 

筋違いを起こしてしまう「選ばれなきゃ」プレッシャー

面接ってそんなに複雑に考えなくて良くて、つまづいてしまうのはやっぱり人が人をジャッジするという状況。面接では企業側が立場が上だという先入観があるからだと思います(実際、内定取るまではそうだと思うけど)。

 

選ばれなきゃっていうバイアスは人を臆病にします。

 

行きたい!どうしても行きたい> 失敗したくない> 嫌われないようにうまく話そう・もっと綺麗に話そう 

 

その会社でないとできないことがある、手に入るものがある、自分の夢が叶いそうだから面接来ているはず。だから、どう自分をアピールしようかなともうちょっとワクワクしてほしいものですが、どんどん本音から遠ざかっていってしまいます。


今時は一次選考段階ですと、「まだまだ志望度なんて醸成されていないし、会社説明しますよ」くらいのカジュアルさで対応してくれる会社さんも増えてきていますが、二次の現場マネージャークラスになると「部下として一緒に仕事ができるか」、最終面接の役員クラスになると「この会社の理念や風土にマッチしているか?」とか、人としての信頼度を見る傾向が強くなっていく気がします。

 

要は話が進めば進むほど「信頼性」=「筋が通っているか」が大事になるわけですね。

 

迷ったら最初に戻ってみましょう

転職活動で面接に失敗すると、自分は向いていないんだ。そもそも動機が不純だった。自分が間違っていた。自分は悪い子だ。。。。。ちょっとちょっと!落ち込み過ぎ!と思うくらい自虐的になってしまう人もいます。

 

気持ちはすごくわかります。それまでのあなたの生活や生き様や言動を見たことがない、何の接点もない人から否定されたら、落ち込みますよね。

 

でも、転職って異世界に飛び込んでいくんですから、否定されることなんて普通に想定すべきです。1社2社落ちたくらいで悲観するのやめましょう。

※僕は人材業界に来る直前の転職活動ではデザインプロダクションを15社受けて全滅しました。さすがにこれくらいダメだったら一回、自己否定していいと思います。

 

何より大事なのは道筋どこかで間違えてなかったかな?と振り返ることだと思います。そもそも大事にしたいもの、手に入れたいものなんだっけ?って。それでまた挑戦すればいいです。

 

首の筋違いは振り返れませんが、話の筋違いは振り返れますから。

 

あー首痛い。

 

カノープス株式会社/青山

「面接官良い人だったー」それはあなたにとって本当に良い面接だった?

f:id:magokoro_agent:20170613104107p:plain

最近日光に弱いらしく、女子顔負けに日焼け止めを塗っているのは内緒です(これからも女子力を高めていきたいと思います)。

 

ずいぶんブログをサボってしまいましたので、久しぶりに書きます。

 

面接官良い人でした=当たり前

もし仮にあなたが面接に行ったとして「面接官良い人でした」「話しやすい人でした」だけしか感想が出てこないとしたら、それはちょっと危険な状態なのかなぁと思います。

 

何故かと言うと、それは当たり前だからです。

 

会社にもよりますので断定はできませんが、面接官にはあなたの実務スキル、地頭やエネルギー、志向性を見るだけでなく、自社のファン作りというミッションもあるのです。

 

だって応募者が面接で合格したら自社の当事者。落選してもお客様になる可能性があるわけです。どっちに転んでもファンになってもらったほうが得です。少なくとも応募者に「嫌〜」なイメージ与えて帰すわけにはいかないのです。

 

書き込みとか普通にできてしまう今の世の中

ここ10年くらいで企業への評判を書き込む手段が増えました。2chはもちろんですが、就活だとみん就なんかはかなり前から存在していますよね。さらに転職会議、Volkers、カイシャの評判などの口コミサイト。それからTwitterとかLINEとか。

 

企業の噂を書き込む、広げる手段はいくらでもあるわけです。内容の真偽は置いておいても怖いなぁと思います(僕も他人事ではありません)。企業さんとしては面接時に、強めなスタンスでジャッジしづらくなっているのかもしれませんね。

 

ちなみに最近は小学生でも普通にLINEとかツイッター使いこなしているので、SNSで特定の何かをdisるのはやらないにしても、ネットのネガティヴ情報を見つけて物事の判断材料にするというのは極々当たり前の行為なようです。

 

こんな世代が後に控えているとなると企業にとって、世間的にマイナスイメージのデータが蓄積されるのは恐ろしいことですね。面接=ブランディングでもあるのです。

 

本当に良い面接って何だろう?

良い面接官って応募者をファンにしつつも、正直に物を伝えられる方が多いと思います。面接という限られた時間で応募者との関係を作り、関係できた段階で絶妙に自社の厳しいところ・足りないことを伝える。面接の応酬でもあえて厳しめなこと突っ込んでくるような気がします。あと落とすとしてもその方にとって必要ことをアドバイスしてくれる面接官もいます。

 

ちなみに人材紹介の仕事をしていると面接官から「人柄の良い応募者様でした」というフィードバックをいただくことがよくありますが、これって大概お見送りの枕詞だったりします。良い人=ただそれだけ。それ以上言えないということ。

 

「面接官良い人」と思う前に面接官の気持ちや発する言葉の意味を理解してやりとりをしましょう。面接官はあなた以上に慎重に面接していると思います。応募者自ら兜を脱いで距離感縮めるくらいの配慮をした方が良いのかもですね。

 

 

カノープス株式会社/青山

 

年収アップは期待値アップということを考えて転職しましょう

f:id:magokoro_agent:20170526080601p:plain

 

Copyright © いらすとや

 

「お代官様!年貢はもう少し待ってくれねぇでしょうか」

 

「ええい黙れ黙れ!この小百姓めが!」

 

ここ最近、納税の用紙がたくさん届くのですが、心境はそんなイメージです。
お世話になっている士先生に「先生…!!税金納めたくないです」とスラムダンク風に言ったら「はーん?僕は別にいいんですよ!?僕はね。ふふん」と冷たくあしらわれた次第です。容赦無く厳しか人であります。

 

義務なんですけど、法人としても税金を納め、個人として税金も納め…なんてことをしているとお金って何だろうねとしみじみ思います。

 

転職時の年収アップダウンについて考えてみる

僕は20代や30代前半の次世代層転職サポートが実績に多いので、そのつもりで書きます(ハイレイヤーになるとまた別次元の話なのかなと思います)。

 

転職の理由は沢山ありますが、生活に直結する給料はとても大切な要素です。

 

絶対条件として最低でどれくらい欲しいのか?譲れない額は決めておくべきです。細かな収支計算もしたほうがいい。例えば、実家暮らしと独り暮らしでは絶対条件は変わると思います。その他にも奨学金払っていたりする人もいますし、趣味にこれだけは割きたいって人もいます。特に家庭持ってたらしっかりと。

 

転職は自分の生活に経営目線を導入するよい機会ですね。僕はどんぶり勘定ですけどね。

 

自分の給料って高いの?低いの?は知っておきたい

絶対条件が出せたら、そもそも自分の給料って高いのか低いのかは把握しておいた方がいいです。例えば、同じ25歳でも年収250万の人から600万とか超える人までいます。

 

当然ですが今の会社が相場と比べてあまりに低いと転職後に上がりやすいです。
上記の例だと、

 

(前職)

社員10名以下の零細スモールビジネス営業=年収250万くらい

(転職後)

大手WEBメディア会社の営業=年収350万くらい

 

こんなケースは割とよくあります。

 

ただ、業界格差や企業格差は確実にありますので、行きたい業界やなりたい職種に転職成功した場合に下がるのか上がるのかの事実は認識しましょう。

 

25歳で証券で600万もらっている人が、社員10名もいないアーリーステージのベンチャーに初年度600万くれっていうのは割と交渉難しかったりします。

 

年収交渉はしますよ。でもそれが何を意味するかわかっておいた方が良い

僕は人材会社の人間ですので、納得できる要望であれば年収交渉はいたしますし、交渉の末、上がる場合もよくあります。

 

ただ、無意味なことはしたくなくて、当然ながら僕の取り分多くしたいがための交渉はしません(人材会社は提示年収が上がれば上がるほど得しますけどね)。

 

お一人に数社オファーが来ていて、すれすれの場合だと企業様の要望に応じて差し支えない程度の他社様の提示額はお伝えもします。これで釣り上げ合戦になったこともありますが、これあんまよくないのかなと思います。

 

上った先には転職後の自分がいるのです。

 

アップ提示は期待値アップとイコールです。その額が大きければ大きいほど、転職後のあなたに対する期待値が変わります。

 

25歳600万の方が、25歳平均350万の会社に希望600万満額で転職したら、企業側は他の社員以上のことを期待して当然です。

 

最初の数ヶ月で相当なパフォーマンスを出す必要がありそうです。

 

企業側には各社独自の給与テーブルがあります。テーブルから外れた大幅アップは調整給として後々変動できるようにしてたりします。そういう仕組みを整備している会社、実行している会社は優秀だと思います(上げる仕組みと同時に下げる仕組みって絶対にあった方が良いと思う派です)。

 

なので、転職一年後にダウン査定でがっかり、、結果再転職。なんてことはあり得ます。あと試用期間で終了ってのもありますね。

 

自分の転職ってどのカテゴリーなのかを考えましょう

会社規模、企業ステージ、業界特性、市場性、その会社のルールなどなど、お給料の変動要因は多いです。

 

  • やりたいことを叶えたい
  • 希望は全部叶えたい

 

これが一番ですが、それに伴って背負わなくてはならないリスクだってあることは理解した方が良いです。

 

もちろん交渉の末、アップ査定。その後期待以上に活躍してさらにアップという人もいます。同時に入社後、プレッシャーに負けて早期転職。やりたいことだから給料ダウンなんて構わないって言ってた人が半年後また相談に来ることもあります。

 

自分がやり切れる自信があるのか?ないのか?何事もバランスなのかなと。大事なお給料のことなので、MUST/WANTラインはシビアに決めた方がいいですよ。

 

 

カノープス株式会社/青山

【妄想ブログ】僕が欲しい人材を書いてみる(書いたら来ないかなぁ)

 

f:id:magokoro_agent:20170511141225j:plain

(注)写真はイメージです。

 

最近、ありがたいことに企業様からのご依頼がとても増えているものの、人材の確保やサービス提供が追いついておらず(各社様申し訳ありません)。もっと精度を上げようと思うと、やっぱ一人だと限界あるなぁと。。

 

もしかしたらだけど、もしかしたらだけど、僕的にこだわりもっていた面談さえも実は引き剥がした方がいい要素なのではないかと思っていたり。

 

かといって正社員採用をするにはまだまだな会社だったりするので思い切り妄想で書いてみます。

 

ポジション1 CS兼リサーチャー

■業務内容

・企業様問い合わせ、エントリー者及び既相談者様からの一次対応及び僕へのトスアップ。

・企業からのご依頼案件に該当する人材のリサーチ

・スカウターの管理及び見直し。

・各種データ入力

 

■人物像

・人材紹介業の経験者歓迎

・IT/WEB業界に詳しい方歓迎

・SFAやITツール(Chatworkやslackなど)に抵抗ない方

・OfficeやG-Suiteをストレスなく扱える方

※マクロVBAとか詳しいと泣ける

 

ポジション2 スカウター

■業務内容

・スカウトメールの送信及び改善

 

■人物像

・PCスキル(一般的なビジネスメールが書ける人)

・人材紹介業の経験者歓迎

・IT/WEB業界に詳しい方歓迎

・SFAやITツール(Chatworkやslackなど)に抵抗ない方

 

ポジション3 キャリアアドバイザー

 ■業務内容

・ご相談者様とのカウンセリング面談

・ご希望条件に合わせた求人提案及び選考日程の連絡調整

・選考アドバイス

 

■人物像

・PCスキル(一般的なビジネスメールが書ける人)

・人材紹介業の経験者歓迎

・IT/WEB業界に詳しい方歓迎

・SFAやITツール(Chatworkやslackなど)に抵抗ない方

 

================================================================

 

なんて都合の良い希望だろうかと思いつつ、こんな方がいてくれたらなぁと最近思っています。顧問会計士さんが読んだら「採用する前にもっと頑張りましょう!」ってたしなめられそう。

 

はぁ。。がんばろ。

 

※写真はイメージですから。

 

 

カノープス株式会社/青山

ネガティブだって原動力になるんだぜ。僕の黒歴史を教えよう。

f:id:magokoro_agent:20170421101453j:plain

 

高2の娘が大学訪問というのに行きました。慣れない場所に集合だそうで、最寄り駅まで送ってあげようと早起きしたら「結構です」と断られました。ショックであります。

 

もうそういう時期なんですね。進路とか。

 

普段仕事で相談者様に「どうなりたい?」「どうして転職したいの?」なんてことを聞いているのですが、身近な家族の進路についてはあまり聞きません。

 

先日旅行でちらっと投げかけてみたら「うーん、、」と自分なりに考えているぽいところもあったようなのでそれ以上聞くのは止めました。

 

高校2年の僕を振り返る

僕は長野県の安曇野市という田舎の出身です。当時としては高校選択時の学区が広く、大きくわけると南側と北側で選択肢がありました。南側というのは、有名な松本市とかそちら方面。北側は白馬市などスキー場がある方面。

 

どっちが花形かというと圧倒的に南側です。松本市には深志や県ヶ丘などの進学校。通学も私服です。結構可愛い女子も多かったように思いますし、松本駅前は当時にしてもまぁおしゃれなところでした。姉や弟はこちらを選択しました。

 

ですが、なぜか僕は北側を選びました。北側はほんとに文化が異なります。ヤンキー、学ラン、押忍みたいな感じが北側です。当時DQNな僕は学ランに憧れ北の道、大町高校という選択をしたのです(中学はおしゃれなブレザーでした)。

 

この選択が地獄になりました。ああ、あの頃の僕を呪いたい。

※すいません。僕の黒歴史バイアスがかかっていますが、今も昔も質実剛健な一応進学校です。

 

部活選択ミスで高校時代が地獄化

僕、何故かラグビー同好会に入部しました。これ言うと誰も信じてくれないのですが、試合もでました。フルバックです。五郎丸選手と同じです。

 

何故かというと強制入部でした。小中は剣道をしていましたが、特に強いわけでもなく、やる気もなかったので帰宅部になるつもりでした。ですが、入部勧誘の際、気の弱い僕は気の強そうな先輩にむんずと肩を掴まれ、何か書類を書かされました。

 

ラグビー、、、同好会?

 

ラグビー?スクールウォーズのあれ?(今の若い子は知らないだろうからググってください)しかも部でなくて同好会?

 

その瞬間は考えていませんでしたが、このイメージのままでした。同好会なのは部として認められていないから。つまりヤンキーの集まりだったのです。本当にビーバップハイスクールに出てくるあの髪型の先輩がたくさんいました。前歯の無い先輩もたくさんいました。

 

あーやっちまったな。

 

同じように騙されたらしき気の弱い同級生と先輩に負けないくらいDQNな同級生数名。これが僕の高校スタートだったのです。

 

自分で自分を呪っていた高校時代

部活は熾烈を極めました。ちゃんと練習するんですよ。毎日。マラソン。100mダッシュをほんとに吐くまでとか。あと先輩が竹刀持ってうんこ座りしてるのです。何故か僕は手足に重りをつけられました。タイヤ引きにはうんこ座りの先輩つき。

 

そんな中、僕に才能が開花します。足が意外と早かったらしく。1年にしてフルバックを任命されました。任命、、いや15人しかいないだけじゃん。

 

試合ルールもしらないのに試合に出るも、あまりにもろい先輩フォワード。どんどんトライを決められる。それにして最後の砦のフルバックの僕。頼むからもうこないでくれと思いつつも先輩に「止めろッォオオオオ青山ああああああ!」とつめられるので仕方なくタックル。カウンターアタックしたら、くそでかい相手フォワードにタックルされて脳震盪。チーン。

 

夏合宿ではエロ本を朗読させられるなどの楽しい研修をしてくれた先輩達。気づいたら同級生になってた先輩達(留年)。毎日疲労で勉強手につかず。テストで落第クラスを取る僕(本気で0点とったことあります)。

 

今でいうところのブラック企業です。何故こんな選択をしたのか?毎日辞めたいと自分を呪っていました。

 

高校自体も異質です。娘の高校生活を聞いていると信じられないくらい差があります。まぁ時代の変化もあると思うけど一例をあげると、

 

娘 運動会で仮装ダンス⇆僕 フルマラソンコース競歩(プリントに熊注意て書いてある)

娘 NZ修学旅行⇆僕 毎年登山(槍ヶ岳とか死ぬ場合もあるやつ)

 

そんな感じの1年間をすぎた時、僕にはとある感情が芽生えます。

 

絶対にこんな世界から抜け出したい。もっとキラキラした世界にいきたい。

 

かくして僕は担任に「おら大学いきてえ!」と頼み込んだのでした。

 

ネガティブだって原動力になるんだぜ!

桐生先生。僕の担任は森田健作似のなかなかイケメンでした。先生は僕の話を聞くと、「よし。まず君の今の成績ではまずい。徹底的に基礎を学び直しなさい」とかなり親身になって手伝ってくれました。

 

同好会も辞めました。同好会会長には「ぁああ?」と言われまたが、

 

会長「なんでだよ?」

青山「先輩、俺大学いきたいっす、、」

会長「ぉ、、、おう。そうか。そうなのか」

 

意外と応援してくれました。いいやつでした。

 

かくして僕は勉強マンに変化したのです。

 

本当は早慶いきたかったのですが、そこまでは追いつきませんでした。でもとにかく外に行きたいという欲は凄まじかったです。

 

浪人は許されませんでしたし、僕もする気はありませんでした。なのでいわゆる世間的には五流の大学に収まりましたが、合格の時は満足でした。僕の進路の軸は現状脱出だったわけです。達成するためにはもう焦げつくくらいの情熱がありました。狂気ともいえます。ここは後悔はありません。

 

ぶっちゃけ転職はただの手段です

かなり強引な流れですが、転職だってそうです。なんで転職したいかってネガティブな部分もあることなんて人事はお見通しです。

※だからといって面接はそんな愚痴言いに行く場ではないですので、TPOはわきまえてください。

 

お前は一体どんな自分になりたくてここにきているんだ?何がほしいんだ。今の戦闘能力はいくつだ?

 

これを言いに行く場ですし、確認しに行く場です。お互い完璧に合うわけではないけども、マニュアルなんてありませんし、うまい言い方なんてありません。

 

転職理由がネガティブから始まるのは構いません。多分90%くらいはネガティブな理由もってるはずです。

 

この会社ではできない。これ以上にはなれない。ではどうしよう。どうしたらいいんだろう。なんでこう思ったんだろう?

 

こういう自分を追い詰いこむ時間って必要だと思います。

 

転職って自己実現のためのひとつの手段にすぎません。モノよりコトといいますが、転職がモノなのであれば、コトはあなた。大事なのはあなた自身がどうしたいかです。

 

ここを向き合うお手伝いはできますよ。高校2年の時の僕のような狂気がみなさんにも芽生えますよう。

 

 

カノープス株式会社/青山